内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

申命記 9:1‐29

9  「イスラエル​よ,聞き​なさい。あなた​は​今日​ヨルダン​を​渡っ​て​入っ​て​行き+,あなた​より​大きく​て​強大​な​諸​国民​を​立ち退か​せ​よう​と​し​て​いる+。それ​は,大きく,天​に​まで​も​防備​を​固め​た​都市+  大きく​て​背​の​高い​民,アナキム​の​子​ら​で​ある+。その​者​たち​に​つい​て​あなた​自身​が​知り,『アナク​の​子​ら​の​前​に​だれ​が​立ち向かえ​よう』と​言わ​れる​の​を​あなた​自身​が​聞い​て​いる。  それでも,あなた​が​今日​よく​知っ​て​いる​とおり,あなた​の​神​エホバ​が​あなた​の​前​を​渡っ​て​行か​れる+。その​方​は​焼き尽くす​火​で​ある+。彼ら​を​滅ぼし尽くし+,自ら​彼ら​を​あなた​の​前​に​従わせ​て​くださる​で​あろ​う。エホバ​の​話さ​れ​た​とおり,あなた​は​彼ら​を​立ち退か​せ,速やか​に​滅ぼし去ら​ね​ば​なら​ない+  「あなた​の​神​エホバ​が​彼ら​を​あなた​の​前​から​押しのけ​られる​時,心​の​中​で,『わたし​の​義​の​ゆえに​エホバ​は​わたし​を​携え入れ​て​この​地​を​取得​さ​せ​て​くださっ​た​の​だ』など​と​言っ​て​は​いけ​ない+。むしろ,これら​諸​国民​の​邪悪​さ​の​ゆえに​エホバ​は​彼ら​を​あなた​の​前​から​打ち払わ​れる​の​で​ある+  あなた​の​義​+や​心​の​廉直​さ​+の​ゆえに​あなた​は​入っ​て​行っ​て​彼ら​の​地​を​取得​する​の​で​は​ない。実​に,これら​諸​国民​の​邪悪​さ​の​ゆえに,あなた​の​神​エホバ​は​彼ら​を​あなた​の​前​から​打ち払わ​れる​の​で​あり+,また​それ​は,エホバ​が​あなた​の​父祖,アブラハム+,イサク+,ヤコブ​に​誓わ​れ​た​言葉​+を​履行​する​ため​な​の​で​ある。  それ​で​あなた​は,あなた​の​神​エホバ​が​この​良い​地​を​与え​て​取得​さ​せ​て​くださる​の​は​あなた​の​義​に​よる​の​で​は​ない,と​いう​こと​を​知っ​て​い​なけれ​ば​なら​ない。あなた​は​うなじ​の​こわい​民​な​の​で​ある+  「覚え​て​い​なさい。あなた​が​荒野​で​いかに​あなた​の​神​エホバ​を​怒らせ​た​か​を​忘れ​て​は​いけ​ない+。エジプト​の​地​を​出​た​日​から​この​場所​に​来る​まで​の​間,あなた方​は​エホバ​に​対し​て​反逆​の​振る舞い​を​し​て​き​た+  ホレブ​に​おい​て​さえ,あなた方​は​エホバ​を​怒らせ,その​ため​エホバ​は​いきり立た​れ​て​あなた方​を​滅ぼし尽くそ​う​と​さえ​され​た+  それ​は,わたし​が​山​に​上っ​て​石​の​書き板+,すなわち​エホバ​が​あなた方​と​結ば​れ​た​契約​+の​書き板​を​受け取り​に​行っ​た​時​の​こと​で​あっ​た。わたし​は​その​山​に​四十​日​四十​夜​とどまっ​て​い​た+。(パン​も​食べ​ず,水​も​飲ま​なかっ​た。) 10  その​時​エホバ​は,神​の​指​+で​記し​た​石​の​書き板​二​枚​を​与え​て​くださっ​た。その​上​に​は,あの​会衆​*の​日​に​エホバ​が​山​で​火​の​中​から​あなた方​に​話さ​れ​た​すべて​の​言葉​が​あっ​た*+ 11  こう​し​て​四十​日​四十​夜​の​終わり​に,エホバ​は​石​の​書き板,すなわち​契約​の​書き板​二​枚​を​わたし​に​与え​て​くださっ​た​の​で​ある+ 12  その​後​エホバ​は​わたし​に​こう​言わ​れ​た。『立っ​て,すぐ​に​ここ​から​下れ。あなた​の​民,あなた​が​エジプト​から​携え出し​た​その​民​は​滅び​と​なる​こと​を​行なっ​た​から​で​ある+。彼ら​は​わたし​が​命じ​た​道​から​早く​も​それ​た。自分​たち​の​ため​に​鋳像​を​作っ​た+』。 13  そして​エホバ​は​なおも​こう​言わ​れ​た。『わたし​は​この​民​を​見​た。見よ,うなじ​の​こわい​民​で​ある+ 14  わたし​の​なす​に​まか​せよ。わたし​は​彼ら​を​滅ぼし尽くし+,彼ら​の​名​を​天​の​下​から​ぬぐい去ろ​う+。そして,あなた​を,彼ら​より​強大​で​数​の​多い​国民​と​し​よう+』。 15  「その​後​わたし​は​身​を​転じ​て​山​を​下り​た​が,山​は​火​で​燃え​て​い​た+。そして​その​契約​の​書き板​二​枚​は​わたし​の​両​の​手​に​あっ​た+ 16  次い​で​わたし​が​見る​と,あなた方​は,あなた方​の​神​エホバ​に​罪​を​おかし​て​いる​の​で​あっ​た。自分​たち​の​ため​に​鋳物​の​子牛​を​作っ​た​の​で​ある+。エホバ​の​命じ​た​道​から​早く​も​それ​て​しまっ​た+ 17  これ​を​見​て,わたし​は​その​二​枚​の​書き板​を​つかみ,自分​の​両​の​手​から​投げ付け​て,あなた方​の​目​の​前​で​それ​を​みじん​に​砕い​た+ 18  それ​から​わたし​は,初め​の​時​と​同じ​よう​に​四十​日​四十​夜​エホバ​の​前​に​平伏​し​た。パン​も​食べ​ず​水​も​飲ま​なかっ​た+。あなた方​が​犯し​た​その​すべて​の​罪​の​ため​で​あり,エホバ​の​目​に​悪​を​行なっ​て​怒り​を​起こさ​せ​た​から​で​ある+ 19  わたし​は,エホバ​が​あなた方​に​対し​て​憤然​と​され,あなた方​を​滅ぼし尽くそ​う​と​まで​され​た​その​激しい​怒り​+の​ため​に​怖れ​た​の​で​ある。しかし,エホバ​は​その​時​に​も​また​わたし[の​願い]を​聴き入れ​て​くださっ​た+ 20  「また,アロン​に​対し​て​も​エホバ​は​非常​に​いきり立た​れ,彼​を​滅ぼし尽くそ​う​と​さえ​され​た+。しかし,わたし​は​その​時​アロン​の​ため​に​も​祈願​+を​ささげ​た。 21  そして,あなた​の​こしらえ​た​罪,すなわち​その​子牛​+を​取っ​て​火​の​中​で​焼き,それ​を​砕き,すっかり​ひき砕い​た​ため,ついに​それ​は​塵​の​よう​な​微粉​と​なっ​た。次い​で​わたし​は​その​山​を​下る​奔流​の​中​に​その​塵​を​投げ込ん​だ+ 22  「さらに,タブエラ​+と​マッサ​+と​キブロト​・​ハタアワ​+に​おい​て​も,あなた方​は​エホバ​の​怒り​を​引き起こす​者​と​なっ​た+ 23  また,エホバ​が​あなた方​を​カデシュ​・​バルネア​+から​遣わし,『上っ​て​行っ​て,わたし​が​与える​はず​の​土地​を​取得​せよ』と​言わ​れ​た​時​に​も,あなた方​は​自分​たち​の​神​エホバ​の​指示​に​背く​振る舞い​を​し+,[]に​信仰​を​働か​せ​ず+,その​声​に​聴き従わ​なかっ​た+ 24  あなた方​は,わたし​が​知っ​た​日​から​この​かた​エホバ​に​対し​て​反逆​の​振る舞い​を​続け​て​き​た+ 25  「それ​で​わたし​は​四十​日​四十​夜​+エホバ​の​前​に​平伏​し​つづけ​た​の​で​ある。わたし​が​こう​し​て​平伏​し​た​の​は,エホバ​が​あなた方​を​滅ぼし尽くす​こと​に​つい​て​語ら​れ​た​*から​で​あっ​た+ 26  そして​わたし​は​エホバ​に​祈願​+を​始め​て​こう​述べ​た。『主権​者​なる​主​エホバ​よ*,ご自分​の​民​を​滅び​に​至ら​せる​こと​は​なさら​ない​で​ください。ご自分​の​私的​な​所有​物*+,あなた​が​ご自身​の​偉大​さ​を​示し​て​請け戻し,強い​み手​を​もっ​て​エジプト​から​携え出さ​れ​た​+その[民]を+ 27  ご自分​の​僕​たち,アブラハム,イサク,ヤコブ​の​こと​を​思い起こし​て​ください​ます​よう​に+。この​民​の​かたくな​さ,その​邪悪​と​罪​と​に​顔​を​お​向け​に​なら​ない​で​ください+ 28  あなた​が​わたしたち​を​携え出さ​れ​た​その​地​*+が,「エホバ​は​自分​の​約束​し​た​土地​に​彼ら​を​携え入れる​こと​が​でき​なかっ​た​ため,そして​彼ら​を​憎ん​だ​ため​に,これ​を​連れ出し​て​荒野​で​死な​せ​た​の​だ」など​と​言う​こと​の​ない​ため​です+ 29  しかも,彼ら​は​あなた​の​民,ご自分​の​大いなる​力​と​差し伸べ​た​腕​と​を​もっ​て​+携え出さ​れ​た​あなた​の​私的​所有​物​+な​の​です』。

脚注

会衆」。ヘ語,ハッカーハール; ギ語,エックレーシアス4:10,「あなた​が」の​脚注​参照。
七十訳,シリ訳,ウル訳​に​よる; マソ本,サマ五,「その​上​に​は……すべて​の​言葉​と[同じ]もの​が​あっ​た」。
または,「考え​られ​た」。
「主権​者​なる​主​エホバ​よ」。ヘ語,アドーナーイ エフウィ。付録1ホ参照。
または,「ご自分​の​相続​財産」。
「その​地」,単数​形。しかし,ヘブライ​語​で​は「言う」と​いう​動詞​の​複数​形​を​伴っ​て​いる。サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳,「その​地​の​住民」。