内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

申命記 6:1‐25

6  「さて,これら​は,あなた方​の​神​エホバ​が​あなた方​に​教える​よう​に​命じ​た​おきて​と​規定​と​司法​上​の​定め​で​あり+,あなた方​が​渡っ​て​行っ​て​取得​する​地​で​守り行なう​ため​の​もの​で​ある。  それ​は,あなた,すなわち​あなた​と​あなた​の​子​や​孫​が+,その​命​の​日​の​限り​あなた​の​神​エホバ​を​恐れ+,わたし​が​命じる​その​すべて​の​法令​と​おきて​を​守る​ため,あなた​の[命​の]日​が​長く​なる​ため​で​ある+  ゆえに,イスラエル​よ,あなた​は​よく​聴き,注意​し​て[それ​を]守り行なわ​なけれ​ば​なら​ない+。あなた​に​とっ​て​物事​が​良く​運び+,あなた方​が​非常​に​多く​なっ​て,乳​と​蜜​の​流れる​地​に​関し,父祖​たち​の​神​エホバ​が​あなた​に​*約束​さ​れ​た​とおり​に​なる​ため​で​ある+  「イスラエル​よ,聴き​なさい。わたしたち​の​神​エホバ​は​ただ​ひとり​の​エホバ​で​ある*+  ゆえに​あなた​は,心​を​つくし+,魂​を​つくし+,活力​を​つく​し​て​あなた​の​神​エホバ​を​愛さ​ね​ば​なら​ない+  そして,わたし​が​今日​命じ​て​いる​これら​の​言葉​を​あなた​の​心​に​置か​ね​ば​なら​ない+  あなた​は​それ​を​自分​の​子​に​教え込み+,家​で​座る​とき​も,道​を​歩く​とき​も,寝る​とき​も,起きる​とき​も​それ​に​つい​て​話さ​ね​ば​なら​ない+  また,それ​を​しるし​と​し​て​あなた​の​手​に​くくり+,それ​は​あなた​の​目​の​間​の​額帯​と​され​なけれ​ば​なら​ない+  それ​を​あなた​の​家​の​戸口​の​柱​*と​門​に​書き記す​よう​に+ 10  「そして,あなた​の​神​エホバ​が,あなた​に​与える​こと​を​父祖​たち,アブラハム,イサク,ヤコブ​に​誓っ​た​その​土地​に​携え入れ​て​くださり+,あなた​が​建て​た​の​で​は​ない​大きく​て​麗しい​都市+ 11  あらゆる​良い​物​で​満ち,しかも​あなた​が​満たし​た​の​で​は​ない​家々,あなた​が​切り掘っ​た​の​で​は​ない​切り掘ら​れ​た​水溜め,あなた​が​植え​た​の​で​は​ない​ぶどう​園​や​オリーブ​の​木[を​得],食べ​て​満ち足りる​よう​に​なっ​た​時+ 12  あなた​は​自分​に​気​を​付け​て,あなた​を​エジプト​の​地​から,奴隷​の​家​から​携え出し​て​くださっ​た​エホバ​を​忘れる​+こと​の​ない​よう​に​し​なさい。 13  あなた​の​神​エホバ​を​恐れ+,この​方​に​仕え*+,その​名​に​よっ​て​誓い​を​す​べき​で​ある+ 14  あなた方​は​ほか​の​神々​に,すなわち​周囲​の​民​の​どんな​神々​に​も​従っ​て​は​なら​ない+ 15  (あなた​の​うち​に​おら​れる​あなた​の​神​エホバ​は​全き​専心​を​要求​さ​れる​神​な​の​で​ある+。)あなた​の​神​エホバ​の​怒り​が​あなた​に​向かっ​て​燃え+,あなた​を​地​の​表​から​滅ぼし尽くす​よう​に​なら​ない​ため​で​ある+ 16  「あなた方​は,マッサ​*で​試み​た​時​の​よう​に​し​て​+あなた方​の​神​エホバ​を​試み​て​は​なら​ない+ 17  あなた方​の​神​エホバ​の​おきて+,また​あなた​に​お命じ​に​なっ​た​+その​証​+と​規定​+を​ぜひとも​守る​べき​で​ある。 18  そして​あなた​は,エホバ​の​目​に​正しく​て​善い​と​される​こと​を​行なわ​なけれ​ば​なら​ない。あなた​に​とっ​て​物事​が​良く​運び+,エホバ​が​父祖​たち​に​誓わ​れ​た​良い​地​に​あなた​が​まさに​入っ​て​それ​を​取得​する​ため​で​ある+ 19  それ​は,エホバ​が​約束​さ​れ​た​とおり,あなた​に​敵する​すべて​の​者​を​あなた​の​前​から​押しのける​こと​に​よる​の​で​ある+ 20  「あなた​の​子​が​後​の​日​に​あなた​に​尋ね​て+,『わたしたち​の​神​エホバ​が​あなた方​に​命じ​た​この​証​と​規定​と​司法​上​の​定め​に​は​どういう​意味​が​ある​の​です​か』と​言う​なら, 21  その​時​あなた​は​自分​の​子​に​こう​言わ​なけれ​ば​なら​ない。『わたしたち​は​エジプト​で​ファラオ​の​奴隷​と​なっ​た​が,エホバ​は​強い​手​+を​もっ​て​わたしたち​を​エジプト​から​携え出し​て​くださっ​た。 22  そして​エホバ​は,大きく​て​災い​と​なる​しるし​と​奇跡​+を,わたしたち​の​目​の​前​で,エジプト​の​上,ファラオ​と​その​全家​の​上​に​加え​て​ゆか​れ​た+ 23  こう​し​て​わたしたち​を​そこ​から​携え出し,ここ​に​連れ​て​来​て,父祖​たち​に​誓わ​れ​た​地​を​得​させ​て​くださっ​た+ 24  その​ため​に​エホバ​は,これら​の​すべて​の​規定​を​守り+,わたしたち​の​益​の​ため​に​わたしたち​の​神​エホバ​を​常​に​恐れる​よう​に​+と​お命じ​に​なっ​た。それ​は,今日​ある​とおり,わたしたち​が​生き​つづける​ため​で​あっ​た+ 25  そして,わたしたち​が​注意​し​て,この​すべて​の​おきて​を​わたしたち​の​神​エホバ​の​前​で​その​お命じ​に​なっ​た​とおり​に​行なう​こと+,それ​が​わたしたち​に​とっ​て​義​と​なる​の​だ+』。

脚注

「地​に​関し……あなた​に」。字義,「地​を……あなた​に」,マソ本,サマ五; 七十訳,「地​を​あなた​に​与える​と……」; シリ訳,「地​を​あなた​に​与える​と……あなた​に」。
または,「エホバ​は​わたしたち​の​神,エホバ​は​ただ​ひとり​で​ある[または,ただ​ひとり​の​エホバ​が​おら​れる」。字義,「わたしたち​の​神​エホバ​は​ひとり​の​エホバ[で​ある]」。ヘ語,エフワー エローヘーヌー エフワー エハード。
「の​戸口​の​柱」。ヘ語,メズーゾート(複),現代​の​ユダヤ​語「メズーザ」の​起こり。出 12:7,「戸柱」の​脚注​参照。
仕え崇拝​し)」。ヘ語,タアヴォード; ギ語,ラトレウセイス,「あなた​は​神聖​な​奉仕​を​ささげ」。出 3:12の​脚注​参照。
「試み; 試練」の​意。