内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

申命記 32:1‐52

32  「天よ,耳向けよ,わたし語らせよ。わたしことば聞け+   わたし諭しよう滴り+わたしことばよう流れ落ちる+降る静か+草木降る豊潤よう+   それわたしエホバ*ふれ告げるから+わたしたち偉大帰せ+   なる,そのみ業完全*+そのすべて公正ある+忠実*+,不正ところ少しない+あり,廉直あられる+   彼ら*自ら滅びなること行なっ*+彼らその子供ない。その欠陥彼ら自らもの*+曲がっねじけ世代+   エホバ*対しあなた方このよう行なっゆく+愚鈍知恵ない+それあなた生み出し+あなた造り,あなた安定与えない+   昔日々思い出し+代々わたる過去年月思い見よ。あなた問え。彼告げることできる+あなた年寄りたちに[聞け]。彼らそれあなた言う+   至高国民相続与え*+アダム*互い引き離し+もろもろ境界定め+イスラエル顧慮+   エホバ受け分その+ヤコブその受け継がれる割り当て分からある+ 10  これ荒野見いだしくださっ+ない*,遠ぼえする砂漠+囲み+,これ顧み+ご自分ひとみようこれ守っゆか+ 11  鷲そのかき立て,巣立ちびな+広げこれ受け,羽翼乗せ運ぶよう+ 12  ただエホバだけ終始導き+もと異国*なかっ+ 13  彼高い乗り進ま+それよっ産物+食べ*また大岩から+火打ちよう固いから吸わられ+ 14  牛群れからバター*群れから+雄羊脂肪に,また,バシャン育ち雄羊雄やぎ+小麦脂肪+そしてぶどうあなたぶどう*飲ん+ 15  だが,肥え太っくると,エシュルン*+けり足挙げ*+あなた肥え太り,肥満し,飽食+そして*を,自分造っくださっ捨て+自分救い*+軽んじた。 16  彼らよそから神々もっ+そのねたみ起こさ+忌むべきものもっしきり怒り起こさ+ 17  彼らは,ではなく*悪霊たち*犠牲ささげるようなっ+彼ら知らなかっ神々*+近ごろやっ新しい+あなた方父祖たちよく知らなかったちに。 18  あなたなっなるあなた忘れ+あなた記憶から去らせるようなった。子産む苦しみもっあなた産み出さその+を。 19  エホバ*それご覧なると,彼ら卑しまれるようなっ+その息子たちもたらし煩いゆえに。 20  それこう言わた。『わたし彼らから隠そ+彼ら終わりどうなるよう。彼らゆがん世代+忠実ないあるから+ 21  彼らは,神ないもの+もっわたしねたみ起こさた。そのむなしい偶像*もっわたしいら立た+それわたしも,民ないものもっ彼らねたみ起こさ+愚鈍国民もっ彼ら怒らせる+ 22  わたし怒り燃え立っおり+それシェオルに,最も低い+まで*燃えゆく。それその産物焼き尽くし+山々燃え立たせる+ 23  わたし彼ら災い多くする+わたし彼ら使う+ 24  彼ら飢え+ため力尽き,燃える熱病+よっ食い尽くされる。また,苦い滅びよっ+そして,獣彼ら送り+まろぶ爬虫毒液それ添える+ 25  戸外+屋内*不意恐怖彼らから奪い取る+若者乙女+乳飲み子白髪+ 26  わたし言うべきあった,「彼ら離散*+彼らつい語ること死すべき人間から絶やそ+」と。 27  そうなかっは,敵するよるいら立たしさ恐れためあっ+彼ら敵対するたちそれ取り違えることないため+「我々*勝っ+エホバこのすべて行なっない+」など言うことないためあった。 28  彼ら思慮滅び尽きる国民あり+彼らうち悟りない+ 29  ああ,彼ら賢かっなら+! そうたら,彼らこのこと熟考するあろ+ 来る自ら終わりつい考察するあろ+ 30  どうして一千追跡し,一万敗走させよう+なるそれ売り渡し*+エホバそれ引き渡し*ないかぎり。 31  彼らなるわたしたちなるようない*ある+に,わたしたち決定下すなっいる*+ 32  彼らぶどうソドムぶどうから,またゴモラ+段丘からた。彼らぶどうぶどう,その苦い+ 33  彼らぶどう大へび毒液,またコブラ無情+ 34  それわたしもと蓄え置かいるないか。封印付さわたし*+ 35  復しゅうわたしもの,また応報加えること+ 定め彼らよろめき行く+彼ら災難近く+彼らため用意事柄急ぎ行くある+』。 36  エホバご自分裁き+ご自分たちつい悔やまれるある+支えなるもの*うせ,無力無用だけ*いるご覧なるからある。 37  そして必ずこう言われる。『彼ら神々*どこいる+彼ら避け所求めその*+ 38  彼ら犠牲脂肪食べ+飲み物捧げ物ぶどう飲んたち+彼ら立たて,あなた方助けさせよ+彼らあなた方隠れ場ならせみよ+ 39  今こそよ,わたし,このわたしそのある*+わたしもと神々ない+わたし至らせ,また生かすことする*+わたしいたく傷つけ+。そしてこのわたしそれいやす+わたしから奪い取るない+ 40  わたし上げて[誓い+],「定めないまで*わたし生きるごとく+」とまさに言う。 41  わたし自分きらめく*まさしく研ぎ+わたし裁き執るとき+わたし自分敵対たち復しゅう+わたし激しく憎むたち応報するある+ 42  わたし自分陶酔せる+わたし食らう+打ち殺さ捕らわれたち*で,指導たちもっ*+』。 43  諸国民よ,[]の喜べ*+[]はそのたち復しゅうされるからある+ご自分敵対たち報復+ご自分ため*贖罪行なわれるある」。 44  こうモーセは,すなわちヌンホシェア*+は,来て,このすべて言葉聞くところ*語っ+ 45  モーセは,これらすべて言葉イスラエル語り終え後, 46  彼ら対しさらにこう言った。「わたし今日警告*いるすべて言葉あなた方用いなさい+。あなた方自分命じ,注意この律法すべて言葉守り行なわせるためある+ 47  それは,あなた方とっ価値言葉ない+。あなた方意味+,あなた方その言葉より,ヨルダン渡っ行っ取得する自分の[命の]日長くするある+」。 48  次いエホバその同じモーセ話しこう言わた。 49  「アバリム*+この山,ネボ+上りなさい。それモアブあって,エリコ面しいる。そして,わたしイスラエル所有与えるカナン+なさい。 50  そしてあなたは,上っ行くそのに,自分もと集められるよう+。あなた兄弟アロンホル死ん+そのもと集められ同じように。 51  これは,チン荒野あるカデシュメリバ+ところで,あなた方イスラエルあっわたし忠順背く行動からある+。あなた方イスラエルわたし神聖ものなかっ*からある+ 52  あなた遠くからその見るが,わたしイスラエル与える行っそこ入ることないある+」。

脚注

付録1ハ§1参照。
なる,そのみ業完全」。ヘ語,ハッツール ターミーム ポオロー; 七十訳,「神,そのみ業真実」; シリ訳,「そのみ業きず(汚点)がないからある」; ウル訳,「神み業完全」。
「神」,マソ本(ヘ語,エール),サマ五; ギ語,テオス; ラ語,デウス。
「彼らは」,サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「彼は」。
または,「彼らその対し破滅行動た」。
「彼らおかした。責められるべき子供このものない」,七十訳。
付録1ハ§1参照。
「至高国民分けおら時」,七十訳,シリ訳,ウル訳。明らかこれらは,ヘブライ動詞を,「ふるい分ける; ふるい掛ける」という意味の,よく動詞変化理解もの思われる。それしたがえば,マソ本こう読める。「至高国民を[ふるい掛けるようて]振り分けられ時」。この考え後続並行関係もしくは詩的均衡保っいる。VT,第2巻,1952年,356,357ページ参照。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
「人ない」。または,「特色ない」。ヘ語,ウーヴェトーフー創 1:2同じヘブライ名詞。
「神」。マソ本,サマ五(ヘ語),エール; ギ語,テオス。
「それよっは……を食べた」。または,「そしては……を食べ続けた」,マソ本; ウル訳,「彼が……を食べるようされた」; サマ五,「彼に……を食べさせた」; 七十訳,「彼らに……を食べさせた」。
または,「凝乳」。
「ぶどう酒」。ヘ語,ハーメル,すなわち,発酵で,まだ泡立つぶどう酒。
「廉直者」の意; イスラエル名誉称号。ヘ語,エシュルーン。
「そしてヤコブ食べ満ち足り,その愛さけり足挙げた」,七十訳(サマ五同様); ウル訳,「その親愛肥え太っけり足挙げた」。
「神」,マソ本,サマ五。ヘ語,エローアハ。エローヒーム単数最初来る箇所; ギ語,テオン; ラ語,デウム。ヨブ 3:4脚注参照。
「の岩」。ヘ語,ツール; 七十訳,ウル訳,「神」; シリ訳,「強い(強大な)方」。
なく」。ヘ語,ロー エローアハ; ギ語,ウー テオーイ; ラ語,ノーン デオー
悪霊偶像たちに」。ヘ語,ラッシェーディーム; ギ語,ダイモニオイス; ラ語,ダエモニブス
「神々」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,テオイス; ラ語,ディイース。
付録1ハ§1参照。
字義,「その(彼らの)むなしいもの」。
または,「それ最も低いシェオルまでも」。七十訳,「下ハデスまで」。
字義,「奥部屋は」。
または,「彼ら細か裂き」。
「我々手」(単),サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳,および多くヘブライ写本; マソ本,「我々手」(複),しかし単数動詞伴う。
「それ引き渡し」,七十訳。
「それ閉じ込めた」,ウル訳。
「彼ら神々わたしたちようない」,七十訳; ウル訳,「わたしたち彼ら神々ようない」。
「そしてわたしたち裁き人なっいる」,ウル訳; 七十訳,「しかしわたしたち分別ない」。
または,「わたし蓄えに」。
「支えなるもの」。字義,「手」。
字義,「抑えられ去らられた(見捨てられた)者だけ」。VT,第2巻,1952年,371‐374ページ参照。
「彼ら神々」。マソ本,サマ五(ヘ語),エローヘーモー,複数形; ギ語,テオイ; ラ語,ディイー
「言われる。『彼ら信頼置い彼ら神々どこいるか』」,七十訳; ウル訳,「言われる。『彼ら確信抱い彼ら神々どこいるか』」。
字義,「わたし,わたし彼[である]」。ヘ語,アニー アニー フー。出 3:14; 付録6ヘ比較。
または,「また生き長らえさせる」。
または,「永久に」。
「きらめく剣」。字義,「剣稲妻」。
または,「捕囚」,すなわち,捕らわれ一団。
または,「敵の,髪長いもって」。
「天よ,[神]と喜べ。神すべて使いたちは[神]を崇拝せよ。諸国民よ,[神]の喜べ。神すべては[神]にあっ自ら強くせよ」,七十訳バグスターヘブ 1:6; 死海文書クム4q比較。
「ご自分ために」,サマ五,七十訳,ウル訳; マソ本,「ご自分ため,ご自分ために」; シリ訳,「ご自分ため,またご自分ために」。
「救い; 救出」の意; ヨシュア名。
字義,「民に」。
または,「今日証して」。
または,「境界地」。
「あなた方が……わたし神聖ものなかった(神聖ものみなさなかった; なるもの扱わなかった)」。ヘ語,ローキッダシュテム オーティー; ギ語,ヘーギアサテ; ラ語,サンクティフィカースティス