内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

申命記 28:1‐68

28  「また,もしあなたが,あなたエホバ*必ず聴き従い,よく注意て,わたし今日命じるそのすべておきて守るなら+,あなたエホバ*また,あなたあるすべて国民必ず高めくださるあろ+  そして,あなたエホバ聴き従うゆえに,このすべて祝福あなた臨み,あなた及ぶことなる+  「あなた都市おい祝福+,またおい祝福れる+  「あなた+,あなた実,あなた畜獣+すなわち祝福れる+  「あなたかご+こね鉢祝福れる+  「あなた入る祝福れ,出行く祝福れる+  「エホバ*は,あなた向かっ立ち上がるあなた敗北せる+。彼らあなた敵し一つからも,七つ分かれあなた逃げ行く+  エホバ*あなたため,あなた物資蓄え+あなたすべて営み祝福命じ+,あなたエホバ与えくださるおい確かあなた祝福れるあろう。  あなたあなたエホバ*おきて守り続け+,その歩んいるゆえに,エホバその誓いとおり+あなたご自分なる確立くださるある+ 10  そして,地すべては,あなたエホバとなえられいる必ず+,あなたついまさに恐れ持つあろ+ 11  「エホバまた,あなた与えることエホバ父祖たち誓わ+おいて,あなた+,家畜実,地実り+栄えさせ,まさにあなた満ちあふれさせくださるあろう。 12  エホバご自分良いを,天あなた開き,その季節ごとあなた土地与え+,あなたすべて祝福れる+。あなた必ず多く貸し与え,自ら借りることない+ 13  そしてエホバ必ずあなた置き,末尾に[置かれる]ことない。あなたいつも首位なり+,下位来ることないある。守っ行なうようわたし今日命じるあなたエホバ*おきて+に,あなた従うからある。 14  それあなたは,わたし今日あなた方命じいるすべて言葉からそれることなく+,他神々従っ歩んで,それ仕える+ことないようなけれならない。 15  「また,もしあなたが,あなたエホバ聴き従わず,注意て,わたし今日命じるそのすべておきて法令守り行なわないならば,これらすべて呪い必ずあなた臨み,あなた及ぶことなる+ 16  「あなた都市おいのろわ+,野おいのろわれる+ 17  「あなたかご+こね鉢のろわれる+ 18  「あなた+実り+,あなたのろわれる+ 19  「あなた入るのろわれ,出行くのろわれる+ 20  「あなた成し遂げようするすべて営みついて,エホバのろい+を,混乱+叱責+あなた送り,ついにあなた滅ぼし尽くさて,速やか滅びうせるあろう。あなたわたし捨てその行ないゆえある+ 21  エホバ疫病あなたまとい付かせ,あなた行っ取得するからついにあなた滅ぼし絶やされるあろ+ 22  エホバは,結核+と,燃える熱病と,炎症と,熱病よう暑さと,剣*+と,立ち枯れ+と,白渋+もっあなた打ち,それら必ずあなた追い,ついにあなた滅び絶えるあろう。 23  また頭上あるあなたなり,あなたあるなる+ 24  エホバ微粉あなた土地与えるあろう。それからあなた降り,ついにあなた滅ぼし尽くされることなる。 25  エホバあなた敗北せる+。あなた彼ら向かっ一つから行くが,七つ分かれ彼ら逃げるあろう。あなた地上すべて王国とっ驚がくなる+ 26  そして,あなた死体あらゆる飛ぶ生き物*ため食物なり,[それらを]おののかせるだれない+ 27  「エホバあなたを,エジプトはれ物+湿疹吹き出打ち,あなたそれからいえることない。 28  エホバあなたを,狂気+失明+困惑+もっ打たれる。 29  そしてあなた真昼手探りするなり,盲人暗がり手探りするようなる+。それでもあなた自分成功せることできない。あなたただ人,常だまし取られ,奪い取られるなり,だれあなた救うない+ 30  あなた婚約も,別これ強姦する+。あなた建ても,自分それ住まない+。あなたぶどう設けも,自分それ用いはじめることない+ 31  あなた雄牛ほふられる ― それでもあなたそれ食べることない。あなたろばあなたから奪い取らゆく ― それあなたもと戻らない。あなたたち与えられゆく ― それでもあなた救うない+ 32  あなた息子渡さ+,あなたそれ彼ら焦がれる ― それでもあなた*ない+ 33  あなた実りすべて産物は,あなた知らなかっこれ食べる+。あなたただだまし取られ,常打ち砕かれるなる+ 34  そしてあなたは,自分見るその光景狂気するあろ+ 35  「エホバあなた両ひざ両脚悪性はれ物打ち,あなたそれからいえることない。それからてっぺんまで至る+ 36  エホバあなたを,またあなた自分立て+,あなたあなた父祖たち知らなかっ国民もと行進せる+。そこであなた神々に,木できもの仕えることなる+ 37  こうあなたは,エホバそのもと連れ行くすべてあって,驚き+,語りぐさ+,また嘲弄れるものなるある。 38  「あなた沢山携え行くが,取り集めるところわずかあろ+。いなごそれむさぼり食うからある+ 39  あなたぶどう設けそれ耕作するが,ぶどう飲むこと集め入れることないあろ+。虫それ食い尽くすからある+ 40  あなた自分領地オリーブ持つようなるが,自分塗ることないあろう。あなたオリーブ落ちしまうからある+ 41  あなた息子たち生むが,それあなたものとどまらない。彼ら捕囚されるからある+ 42  あなたすべて樹木実りは,羽音立てる*それ自分ものする。 43  あなたうちいる外人居留あなたより上がっ行き,一方あなた下がっ行く+ 44  彼あなた貸し与えるなり,あなたこれ貸し与えることない+。彼なり,あなたそのなるあろ+ 45  「それで,これらすべて呪い+必ずあなた臨み,あなた追っあなた追いつき,ついにあなた滅ぼし尽くされることなる+。あなたエホバ聴き従わず,その命じおきて法令守らなかっためある+ 46  そしてそれは,しるしまた異兆て,定めないまであなたあなた子孫とどまることなる+ 47  あなたが,すべて満ちあふれながら+,楽しみ喜び*もっあなたエホバ仕えなかっからある+ 48  そしてあなたは,飢え+渇きすべて乏しさで,エホバあなた送る仕えることなる+。[]はあなたくびき掛け,ついにあなた滅ぼし尽くされるある+ 49  「エホバ遠く国民果てからあなた向かっ立ち上がらせる+。それは,鷲襲いかかるときようあろ+。その国語あなた理解できない国民+ 50  顔つきどう猛国民ある+。老人顧みず,年少恵み示さないたちある+ 51  そして彼ら必ずあなた家畜実り食べ,ついにあなた滅ぼし尽くされることなる+。穀物も,新しいぶどうも,牛あなたため残さず,ついにあなた滅ぼししまうあろ+ 52  また,彼らまさにあなたすべて攻め囲み,あなた依り頼む高く守り固められ城壁あなた全土崩れ落ちることなる。あなたエホバ与えくださっその全土おいて,彼らあなたすべて攻め囲むある+ 53  そのあなたは,自分実,すなわちあなたエホバ与えくださっ自分息子たち食べることなるあろ+。敵あなた囲み込むその囲み厳重圧迫ためある。 54  「あなたうち非常繊細優美男,そのよう+までが,自分兄弟,自分慈しむ妻,また自分もと残るその残り対しさえよこしまなり, 55  そのすら自分食らう自分たち与えようないあろう。敵あなたそのすべて囲み込むその囲み厳重圧迫ため自分もと残るものないからある+ 56  あなたうち繊細優美女,その優美習慣繊細ため付けようなかっ+,そのようまでが,自分慈しむ夫,自分息子娘, 57  いや,自分から出る胞衣さえ,また自分産ん自分対しさえよこしまものなる+。敵あなたその囲み込むその囲み厳重圧迫ゆえにすべてもの欠乏するため,彼女それひそか食らうからある+ 58  「もしあなた注意この記されるこの律法すべて言葉行なうよう+,この栄光ある+,畏怖抱かせる+み名を,あなたエホバ+恐れないあれば, 59  エホバ必ず,あなた災厄あなた子孫災厄ひときわ厳しくし,大きく長く続く災厄+,また悪性長く続くされるあろ+ 60  そして,あなたその恐れおののいエジプトすべて疾患あなたまさに呼び戻し,それら必ずあなたまとわり付くあろ+ 61  また,この律法記さないどんな病気災厄せよ,エホバ*それあなたもたらし,ついにあなた滅ぼし尽くされるあろう。 62  こうあなた方は,天よう数多くなっ+,ごくわずかだけ残されることなる+。あなたエホバ*聴き従わなかっためある。 63  「そしてエホバは,あなた方良いこと行なっあなた方多くならせること歓喜+,同じようエホバは,あなた方滅ぼし,滅ぼし尽くすこと歓喜れることなる+。あなた方は,自分たち行っ取得するそのから全く引き離されるあろ+ 64  「またエホバ*必ずあなたあらゆる散らして,地果てから果て至らせるあろ+。そこであなたは,あなた父祖たち知らなかっ神々に,木仕えることなる+ 65  そして,それら国民あっあなた安らぎなく+,あなた休める場所さえ見当たらないあろう。エホバ*そので,おののく+を,また衰え+絶望あなた与えるある。 66  そしてあなた自分ついこのない危難うち置か*,夜昼非常怖れ抱くことなる。自分ついおぼつかなく思うあろ+ 67  朝は,『あああったら!*』と言い,晩は,『あああったら!*』と言うあろう。あなた非常怖れ抱くその非常怖れため,またあなた見るその光景ためある+ 68  そしてエホバ必ず,『あなたそれない』とわたし言っそのより,船あなたエジプト連れ戻されるあろ+。そのあなた方は,自分奴隷またはしため売らならなくなる+。それでも買うないあろう」。

脚注

付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
「剣」,マソ本,シリ訳; 母音符号一つ変えることより,「日照り; 干ばつ」; ウル訳,「暑さ」; 七十訳バチ写省いいる。
字義,「地」。
「手」(複),シリ訳,および46ヘブライ写本; マソ本,サマ五,七十訳,ウル訳,「手」(単)。
または,「音立てる軍勢」。七十訳,ウル訳,「さび」。
または,「楽しみ満足」。
付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
字義,「そしてあなたあなたとっ必ずや向こうつるさものなり」。
字義,「だれ与えくれるか」。
字義,「だれ与えくれるか」。