内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

申命記 27:1-26

27  モーセはイスラエルの年長者たちと共になおも民に命じてこう言った。「わたしが今日あなた方に命じるすべてのおきてを守るように*+  そして,あなた方がヨルダンを渡って+あなたのエホバ*の与えてくださる土地に入った日,あなたは自分のために大きな石を立て,それを石灰で白く塗り上げなければならない。  そして,渡り終えた時に+,この律法のすべての言葉をその上に記すように+。これは,あなたのエホバ*の与えてくださる土地,乳と蜜の流れる地に入って行って,父祖たちのエホバが話されたとおりになるためである+  そして,ヨルダンを渡った時,あなた方はそれらの石を,わたしが今日命じるとおりにエバル*+に立て,それを石灰で白く塗り上げるように+  あなたはまた,そこにあなたのエホバへの祭壇,石の祭壇を築かねばならない。その上に鉄の道具を振るってはならない+  自然のままの石であなたのエホバの祭壇を築くべきであり,あなたのエホバへの焼燔の捧げ物をその上にささげるように+  また共与の犠牲+を犠牲としてささげてその所でそれを食べ+,あなたのエホバ*の前にあって歓び楽しむのである+  そしてあなたはこの律法のすべての言葉をそれらの石に記して+,それを非常に明りょうにしなければならない*+」。  次いでモーセと祭司たち,レビ人たちは,全イスラエルに話してこう言った。「イスラエルよ,静かにして聴きなさい。今日この日に,あなたは,あなたのエホバの民となった*+ 10  それであなたは,あなたのエホバ*の声に聴き従い,わたしが今日命じているそのおきて+と規定+を履行しなければならない」。 11  モーセはその日なおも民に命じてこう言った。 12  「あなた方がヨルダンを渡った時,次の者は立ってゲリジム山で民を祝福する+。すなわち,シメオン,レビ,ユダ,イッサカル,ヨセフ,ベニヤミン。 13  また,次の者は呪い+のためにエバル山+に立つ。すなわち,ルベン,ガドとアシェルとゼブルン,ダンとナフタリ。 14  そして,レビ人は答え,声を上げてイスラエルのすべての者にこう言わなければならない+ 15  「『彫刻像+や鋳物の像+,すなわちエホバ*にとって忌むべきもの+,木や金属の細工人の手になるもの+を作って,それを隠し場に置いた者はのろわれる』。(そして民はみな答えて,『アーメン!*』と言う+ように。) 16  「『自分の父や母を侮べつをもって扱う者はのろわれる+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 17  「『仲間の者の境界標をずらす者はのろわれる+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 18  「『盲人を道で迷わせる者はのろわれる+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 19  「『外人居留者+,父なし子,またやもめ+に対する裁き+を曲げる+者はのろわれる』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 20  「『自分の父の妻と寝る者はのろわれる。自分の父のすそをあらわにしたからである+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 21  「『何であれ獣と寝る者はのろわれる+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 22  「『自分の姉妹,すなわち自分の父の娘や母の娘と寝る者はのろわれる+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 23  「『自分のしゅうとめと寝る者はのろわれる+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 24  「『隠れ場から仲間の者を打って死なせる者はのろわれる+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 25  「『わいろを受け取って,魂を,それが罪のない血であるのに打って死なせる*者はのろわれる+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。) 26  「『この律法の言葉を守らず,それを実行しない者はのろわれる+』。(そして民はみな,『アーメン!』と言うように。)

脚注

「守るように」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
「エバル」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; サマ五,「ゲリジム」。
付録1ハ§1参照。
または,「それよく説明なけれならない」; または,「それよく説明することなされるべきある」。ヘブライこの二つ動詞から成り,いずれ不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
字義,「あなたは……となるようされた」。
付録1ハ§1参照。
付録1ハ§1参照。
または,「そうなるように!」 ヘ語,アーメーン。
字義,「受け取って,罪ない打つ」,マソ本,サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳。