内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

申命記 21:1‐23

21  「あなたエホバ*与え取得くださるだれ殺害れ,野倒れいる見つかっ場合,だれこれ打ち殺し分からないあれ+  あなた裁き人たち+行って,その殺害周囲都市まで測らなけれならない。  それは,殺一番近かっ都市なるある。そして,その都市年長たちは,群れから若い雌牛,使役こと*,くびき引いことないもの取るように。  その年長たちは,水流れいる奔流谷,平素耕作種まきされないその若い雌牛引い下り,そこ奔流その若い雌牛折らなけれならない+  「それからレビ祭司たち近づくように。彼らは,あなたエホバご自分仕えさせ+,エホバおい祝福述べさせるあり+,そのよっあらゆる暴虐行為めぐるいっさい論争*処理れるべきからある+  次で,その都市すべて年長者,すなわち殺害最も近いたちは,奔流折らその若い雌牛自分洗う+べきある。  そして答えこう言わなけれならない。『わたしたちこの流しない。わたしたちは[それ流されるを]見ることなかっ+  エホバ*よ,あなたけ戻さあなたイスラエル+これお負わせなりませように。罪ない+対する罪科あなたイスラエルうちお置きなりませように』。それよっ彼ら負わられないことなる。  こうあなたは,罪ない対する罪科あなたうちから除くある+。エホバ正しいこと行なうからある+ 10  「あなた対する戦闘て,あなたエホバこれあなた与え+,あなたそれとりこ連れ場合+ 11  そのとりこ姿美しい見,その愛着抱い+それ自分めとるあれば, 12  あなたその自分連れ行くように。そして彼女自分そり+,爪手入れし, 13  捕マントから除いあなた住み,自分ため太陰月まるあいだ*泣かならない+。こうあなた彼女関係持つように。あなたこれ花嫁得,彼女あなたなるある。 14  そして,もしあなたその喜び見いださないあれば,あなたこれ去ら+,その望みどおり*させなけれならない。しかし,決して彼女金銭売っならない。彼女辱めあるから,これ横暴あしらっならない+ 15  「人持つようなり,一方愛される者,他方うとまれるで,その愛されるほううとまれるほう息子産み,長子うとまれるほうあっ場合+ 16  その自分持っいる息子たち相続与えるなっ時,そのうとむほう子,つまり長子ある差し置いて,愛するほう自分長子すること許さない+ 17  うとむほう長子認め,自分もと見いだされるすべてついて,その二つこれ与えるべきある+。その自分生殖始め+からある。長子地位伴う権利ものある+ 18  「人強情反抗息子+,その聴き従わ+,[親]が正しそれ聴こない場合+ 19  父これとらえその都市年長たちもとへ,その場所ところ連れ出さなけれならない+ 20  そして,その年長たち対しこう述べるように。『わたしたちこの息子強情反抗です。わたしたち聴き従いませ+,大食い*+,大酒飲みです+』。 21  その,その都市すべてこれ石撃ちし,彼死ななけれならない。こうあなたから除き去り,全イスラエル聞い恐れ持つある+ 22  「また,ある宣告価するあっその処せられ+,あなたこれ*掛け場合+ 23  その夜通しとどめられるべきない+。そのうち是非葬るべきある。[杭に]掛けられるのろわから*ある+。あなた土地,あなたエホバ相続与えくださるところ汚しならない+

脚注

付録1ハ§1参照。
よう読むしれない,「かけ合わた(つがわた; はらまた)ことも」,訂正より。VT,第2巻,1952年,356ページ参照。
「あらゆる暴虐行為めぐるいっさい論争」。字義,「あらゆる論争あらゆる暴虐行為」。二詞一意一形。創 3:16脚注比較。
付録1ハ§1参照。
「太陰月まるあいだ」。字義,「日々太陰月」。
その望みどおりに」,マソ本(ヘ語,レナフシャーハ),サマ五,シリ訳。または,「彼女自身望みどおりに; 彼女願うところへ(行かせ)」。七十訳,ウル訳,「自由に」。
または,「乱費ぐせで」。
字義,「木」。
字義,「神呪い[具象意味で]だから」。