内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

申命記 17:1‐20

17  「あなた​は,欠陥​の​ある​牛​や​羊,何​に​せよ​悪い​ところ​の​ある​もの​を,あなた​の​神​エホバ​に​犠牲​と​し​て​ささげ​て​は​なら​ない。それ​は​あなた​の​神​エホバ​に​とっ​て​忌む​べき​もの​だ​から​で​ある+  「あなた​の​中,すなわち​あなた​の​神​エホバ​の​与え​て​くださる​都市​の​いずれ​か​に,あなた​の​神​エホバ​の​目​に​悪​と​される​事柄​を​習わし​に​し​て​その​契約​を​踏み越える​男​または​女​が​見いださ​れる​場合+  その​者​が​行っ​て​他​の​神々​を​崇拝​し,それら​に,また​日​や​月​や​天​の​全軍​に​身​を​かがめ​て​+わたし​の​命じ​なかっ​た​こと​を​行ない+  その​事​が​あなた​に​告げ​られ,あなた​が​それ​を​聞い​て,徹底​的​に​調べ​て​みる​と,見よ,その​事​の​真実​が​立証​さ​れ+,この​忌む​べき​こと​が​イスラエル​に​おい​て​なさ​れ​て​い​た​の​で​あれ​ば,  あなた​は​この​悪​を​行なっ​た​その​男​または​女,すなわち​その​よう​な​男​や​女​を​あなた​の​門​の​ところ​に​引き出し,その​者​を​石​で​石打ち​に​し​なけれ​ば​なら​ない。その​者​は​死ぬ​の​で​ある+  二​人​の​証人​または​三​人​の​証人​の​口​*に​よっ​て+,その​死ぬ​べき​者​は​死​に​処せ​られる​べき​で​ある。一​人​の​証人​の​口​に​よっ​て​死​に​処せ​られる​こと​は​ない+  その​証人​たち​の​手​が​まず​付け​られ,後​に​民​すべて​の​手​が[付け​られ​て]彼​は​死​に​処せ​られる​べき​で​ある+。こう​し​て​あなた​の​中​から​悪​を​除き去ら​なけれ​ば​なら​ない+  「司法​上​の​決定​を​す​べき​問題​が​あなた​に​とっ​て​は​普通​を​超え​て​おり+,血​が​流さ​れ​た​と​か+,法的​な​請求​が​なさ​れ​た​と​か+,暴虐​行為​が​犯さ​れ​た​と​か​*の​論争​+が​あなた​の​門​の​内​に​生じる​場合,あなた​は​立っ​て,あなた​の​神​エホバ​の​選ば​れる​場所​に​上り+  祭司​+つまり​レビ​人​たち​の​もと,また​その​時期​に​務め​を​行なっ​て​いる​裁き人​+の​もと​に​行っ​て​問い尋ねる​よう​に。こう​し​て​彼ら​が​司法​上​の​決定​の​言葉​を​あなた​に​言い渡す​の​で​ある+ 10  そして​あなた​は,エホバ​の​選ば​れる​場所​から​彼ら​が​言い渡す​その​言葉​の​とおり​に​行なわ​なけれ​ば​なら​ない。よく​注意​し​て​すべて​彼ら​が​教え諭す​とおり​に​行なう​よう​に。 11  彼ら​が​指摘​する​律法​に​従い,彼ら​が​述べる​司法​上​の​決定​の​とおり​に​行なう​べき​で​ある+。彼ら​が​言い渡す​言葉​から​右​に​も​左​に​も​それ​て​は​なら​ない+ 12  そして,そこ​に​立っ​て​あなた​の​神​エホバ​に​仕える​祭司​や​裁き人​に​聴き従わ​ず​に​せん越​に​振る舞う​者+,その​者​は​死な​なけれ​ば​なら​ない+。こう​し​て​あなた​は​イスラエル​から​悪​を​除き去る​の​で​ある+ 13  そうすれば,民​の​すべて​は​聞い​て​恐れ+,もはや​せん越​に​行動​する​こと​は​ない​で​あろ​う。 14  「あなた​が​ついに​あなた​の​神​エホバ​の​与え​て​くださる​土地​に​入り,それ​を​取得​し​て​そこ​に​住む​よう​に​なっ​て​から+,『周り​の​諸​国民​すべて​と​同じ​よう​に​わたし​も​自分​の​上​に​王​を​立て​よう』と​言う​よう​に​なっ​た​なら+ 15  必ず​あなた​の​神​エホバ​の​選ば​れる​者​を​王​と​し​て​自分​の​上​に​立てる​べき​で​ある+。あなた​の​兄弟​の​中​から​自分​の​上​に​王​を​立てる​よう​に。あなた​の​兄弟​で​ない​異国​の​者​を​王​と​し​て​あなた​の​上​に​据える​こと​は​許さ​れ​ない。 16  ただし​その​者​は,自分​の​ため​に​馬​を​多く​する​べき​で​は​なく+,また​馬​を​多く​する​ため​に​民​を​エジプト​に​戻ら​せ​て​も​いけ​ない+。エホバ​は​あなた方​に,『二​度​と​この​道​を​戻っ​て​は​なら​ない』と​言わ​れ​た​の​で​ある。 17  彼​は​また​自分​の​ため​に​妻​たち​を​増やし​て​は​いけ​ない。その​心​が​それる​こと​の​ない​ため​で​ある+。また,自分​の​ため​に​銀​や​金​を​多く​増し加える​べき​で​も​ない+ 18  そして,彼​が​その​王国​の​王座​に​つく​とき​に​は,祭司​つまり​レビ​人​たち​が​保管​する​もの​から​この​律法​の​写し​を​*自分​の​ため​に​書​に​書き取ら​なけれ​ば​なら​ない+ 19  「そして​それ​は​常​に​その​もと​に​置か​れ,彼​は​命​の​日​の​限り​それ​を​読ま​なけれ​ば​なら​ない+。それ​は,自分​の​神​エホバ​を​恐れる​こと​を​学び,この​律法​の​すべて​の​言葉​と​これら​の​規定​と​を​守っ​て​それ​を​行なう​ため+ 20  その​心​が​兄弟​たち​の​上​に​高ぶる​こと​なく+,おきて​から​右​に​も​左​に​も​それる​こと​の​ない​ため+,こう​し​て​その​王国​の​上,イスラエル​の​中​に​あっ​て,彼​も​その​子​ら​も​自分​の[命​の]日​を​長く​する​ため​で​ある+

脚注

または,「証人​の​陳述」。
字義,「血​と​血​の​間,法的​な​請求​と​法的​な​請求​の​間,また​暴虐​行為​と​暴虐​行為​の​間」。
字義,「祭司​つまり​レビ​人​たち​の​前​から​この​律法​の​写し​を」,マソ本; 七十訳,「祭司​つまり​レビ​人​たち​に​よる(から​出る)この​デウテロノミオン(二​番​目​の​律法)を」; ウル訳,「レビ​の​部族​の​祭司​たち​から​原本​を​取り(受け取り),この​律法​の​デウテロノミウム​を」。1:1,「言葉​で​ある」の​脚注​と​比較。