内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

申命記 14:1‐29

14  「あなた方​は,あなた方​の​​エホバ​の​子​ら​で​ある+。あなた方​は,死人​の​ため​に​自分​の​身​に​切り傷​を​つけ​たり+,額​*を​そっ​て​はげ​に​し​たり​し​て​は​なら​ない+  あなた​は,あなた​の​​エホバ​に​とっ​て​聖​なる​民​で​あり+,エホバ​は​地​の​表​に​いる​すべて​の​民​の​中​から​あなた​を​選​ん​で​ご自分​の​民​と​し,特別​な​所有​物​と​され​た​から​で​ある+  「あなた​は​忌む​べき​もの​を​いっさい​食べ​て​は​なら​ない+  これ​が​あなた方​の​食べ​て​よ​い​獣​で​ある+。すなわち,牛,羊​と​やぎ,  鹿,ガゼル,のろじか+,野やぎ,れいよう*,野羊,シャモア*  また,獣​の​うち,ひづめ​が​分かれ​て​二つ​の​ひづめ​に​裂け,反すう​する​*すべて​の​獣+。それ​を​あなた方​は​食べ​て​よ​い。  ただし,反すう​し​たり​ひづめ​が​分かれ​て​裂け​て​い​たり​する​もの​の​うち,次​の​もの​は​食べ​て​は​なら​ない。すなわち,らくだ​+と​野​うさぎ​+と​岩だぬき+。これら​は​反すう​する​が,ひづめ​が​分かれ​て​い​ない​から​で​ある。これら​は​あなた方​に​とっ​て​汚れ​た​もの​で​ある。  また​豚+も​同様​で​ある。それ​は​ひづめ​が​分かれ​て​いる​が,反すう​し​ない​から​で​ある。それ​は​あなた方​に​とっ​て​汚れ​た​もの​で​ある。それら​の​肉​は​いっさい​食べ​て​は​なら​ない。その​死がい​に​触れ​て​も​なら​ない+  「水​の​中​に​いる​すべて​の​もの​の​うち,次​の​もの​を​あなた方​は​食べ​て​よ​い。すなわち,ひれ​と​うろこ​の​ある​もの​は​すべて​食べ​て​よ​い+ 10  そして,ひれ​と​うろこ​の​ない​もの​は​食べ​て​は​なら​ない+。それ​は​あなた方​に​とっ​て​汚れ​た​もの​で​ある。 11  「清い​鳥​は​すべて​食べ​て​よ​い。 12  しかし,これら​は​あなた方​が​食べ​て​は​なら​ない​もの​で​ある。すなわち,鷲​・​みさご​*・​くろ​はげわし+ 13  あかとび​*・​くろとび​+・​とび​*の​類* 14  すべて​渡りがらす​+の​類, 15  だちょう​*+・​ふくろう​*・​かもめ​・​はやぶさ​の​類 16  小さい​ふくろう​・​とらふずく​+・​白鳥* 17  ペリカン​+・​はげわし​・​鵜 18  こうのとり​・​さぎ​の​類,やつがしら​・​こうもり+ 19  また,すべて​翼​が​あっ​て​群がる​生き物​は​あなた方​に​とっ​て​汚れ​た​もの​で​ある+。それ​を​食べ​て​は​いけ​ない。 20  飛ぶ​生き物​で​清い​もの​は​すべて​食べ​て​よ​い。 21  「あなた方​は,何​に​せよ​死ん​で​い​た​もの​*を​食べ​て​は​なら​ない+。あなた​の​門​の​内​に​いる​外人​居留​者​に​それ​を​与え​て​も​よい。その​者​が​それ​を​食べる​の​で​ある。あるいは,それ​は​異国​の​者​に​売ら​れる​か​も​しれ​ない*。あなた​は,あなた​の​​エホバ​に​とっ​て​聖​なる​民​な​の​で​ある。 「あなた​は​子やぎ​を​その​母​の​乳​で​煮​て​は​なら​ない+ 22  「あなた​の​種​から​の​すべて​の​産物,すなわち​畑​から​年​ごと​に​生ずる​もの​の​十分​の​一​*を​あなた​は​必ず​納める​べき​で​ある+ 23  そして,あなた​の​​エホバ​の​前,[]*が​選​ん​で​その​み名​を​とどまら​せる​場所​で,あなた​は,自分​の​穀物,新しい​ぶどう​酒​と​油​の​十分​の​一+,また​牛​や​羊​の​初子​+を​食べる​の​で​ある。これ​は,あなた​の​​エホバ​を​常​に​恐れる​こと​を​学ぶ​ため​で​ある+ 24  「さて,その​旅路​が​あなた​に​とっ​て​あまり​に​長い​場合+,あなた​の​​エホバ​が​選​ん​で​その​み名​を​置か​れる​場所​+が​あまり​に​遠く,あなた​が​それ​を​運ん​で​行け​ない​の​で​あれ​ば(これ​は​あなた​の​​エホバ​が​あなた​を​祝福​さ​れ​た​から​な​の​で​ある+), 25  あなた​は​それ​を​金​に​換え​なけれ​ば​なら​ない。その​金​を​包ん​で​手​に​取り,あなた​の​​エホバ​の​選ば​れる​場所​まで​旅行​する​の​で​ある。 26  そして​その​金​を,何​に​せよ​あなた​の​魂​の​渇望​する​もの+,牛,羊,やぎ,ぶどう​酒,酔わせる​酒+,また​すべて​あなた​の​魂​が​あなた​に​求める​もの​と​引き換え​に​与える​の​で​ある。その​所​に​おい​て,あなた​も,家​の​者​たち​も,あなた​の​​エホバ​の​前​で​食べ​て,歓び楽しむ​よう​に+ 27  そして,あなた​の​門​の​内​に​いる​レビ​人,あなた​は​これ​を​見捨て​て​は​なら​ない+。彼​は​受け分​や​相続​分​を​あなた​と​分け合っ​て​は​い​ない​から​で​ある+ 28  「三​年​の​終わり​に,その​年​の​あなた​の​産物​の​十分​の​一​を​そっくり​携え​て​来る+。それ​を​あなた​の​門​の​内側​に​置か​なけれ​ば​なら​ない。 29  そして​レビ​人+,それ​は​受け分​や​相続​分​を​あなた​と​分け合っ​て​い​ない​から​で​ある​が,そして​あなた​の​門​の​内​に​いる​外人​居留​者​+と​父なし子​と​やもめ​たち​+が​来る​よう​に。彼ら​は​食べ​て​満ち足りる​の​で​ある。こう​し​て,あなた​の​行なう​その​手​の​すべて​の​業​+を​あなた​の​​エホバ​が​祝福​し​て​くださる​よう​に​する​の​で​ある+

脚注

字義,「あなた方​の​目​の​間」,すなわち,まゆ​を​そっ​て。
れいよう」。ヘ語,ウェディーショーン。この​動物​を​バイソン​と​同定​する​人々​も​いる。
シャモア」。ヘ語,ワーザーメル。跳びはねる​動物,多分​ガゼル​の​一​種。
字義,「食い戻し​を​吐く; 吐き戻す」。
字義,「砕く​者」,猛きん​の​一​種。
「あかとび」,サマ五,七十訳,およびレビ 11:14。ヘブライ​語​の​用語​は,その​飛び方​に​急​降下​や​突進​と​いう​特色​の​ある​鳥,つまり​猛きん​を​暗示​し​て​いる。
とび」。ヘ語,ウェハッダイヤー。同定​さ​れ​て​い​ない​汚れ​た​鳥。
「の​」。ヘ語,レミーナーハ。創 1:11の​脚注​参照。
「だちょう」。ヘ語,バト ハイヤアナー。「貪欲​な​者​の​娘」または「不毛​の​地​の​娘」と​いう​意味​に​解さ​れ​て​いる。
「よたか」,七十訳,ウル訳。
「とき」,七十訳,ウル訳。
「死ん​で​い​た​もの」,すなわち,死体​で​発見​さ​れ​た​動物。
「売ら​れる​か​も​しれ​ない」。ヘブライ​語​で​は​これ​は​動詞​の​不定詞​独立​形​で,時​に​関し​て​は​不定。
または,「什一」。
字義,「彼」,マソ本,シリ訳,ウル訳; サマ五,七十訳,「あなた​の​神​エホバ」。