内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

申命記 10:1‐22

10  「そのエホバわたしこう言わた。『自分ため初めもの同じよう書き板切り出し+,山へ,わたしところ上っなさい。また,自分ため造るよう+  そうたら,わたしそのき板に,あなたみじん砕い初め書き板あっ言葉書き記す。あなたそれその置くように』。  それわたしアカシア造り,初めもの同様書き板切り出し+,山上っ行った。その書き板わたしあった。  すると,そのき板初め同じ書き文字+,すなわち*+お書きなった。それは,エホバあの会衆+からあなた方話さ+ものある。そのエホバそれわたし下さった。  それわたし巡らし下り+,自分造っおいその書き板収めて,エホバお命じなっとおりそれずっそこ置かれるよう+  「そしてイスラエルベエロトベネヤアカン+旅立っモセラ向かった。そこでアロンに,そこ葬られることなっ+。そして,そのエレアザル代わっ祭司務め行なうようなっ+  そこから旅立っグドゴダ向かい,グドゴダからヨトバタ+に,水流れいる奔流向かった。  「そのエホバレビ部族取り分け+エホバ契約担わ+,エホバ立っ奉仕行ない+,み名よっ祝福与えるされ,今日及んいる+  そのためレビけ分相続自分兄弟たちなかっある+。エホバ相続あり,あなたエホバこれ言わとおりある+ 10  それこのわたしは,初同じよう四十四十とどまっ*+,エホバそのわたし[の願い]を聴き入れくださっ+。エホバあなた滅び至らせること望まなかっ+ 11  それからエホバわたしこうた。『立って,旅立ちため行きなさい。彼ら与えることわたしその父祖たち誓っ+彼ら入っそれ取得するためある』。 12  「ゆえに,イスラエルよ,あなたエホバ求めおられること+,あなたエホバ恐れ+そのすべて歩み+,[]を愛し+,心つくつくあなたエホバ仕えること+ 13  わたし今日命じるエホバおきて法令あなたため+守ること+,ただそれだけないか。 14  見なさい,あなたエホバに,天+,すなわちも,地+そのすべてもの属しいるある。 15  ただあなたたちエホバ愛着抱いこれ愛され,そのためその子孫あるあなた方すべてから選ん+,今日見るとおりされた。 16  それあなた方自分包皮割礼施し+,これ以上うなじ固く*ならない+ 17  あなた方エホバ*+,主*+,偉大力強く,畏怖抱かせる*あり+,だれ対し公平扱い+,まいない*受け取ることされ+ 18  父なし子やもめため裁き執行+,外人居留愛し+これパンマントお与えなるある。 19  あなた方外人居留示さなけれならない+。自分たちエジプト外人居留なっからある+ 20  「あなたエホバ恐れるよう+。これ仕え+,これ固く付き+,そのよっ誓いことば述べるべきある+ 21  これこそあなたべき*+,これこそあなたあり,あなたこれら偉大畏怖抱かせる事柄あなた対し行なわある+ 22  あなたたち七十もっエジプト下っ+,今あなたエホバあなたよう数多くされある+

脚注

言葉」,すなわち,命令言葉,おきて。ヘ語,アセレト ハッデヴァーリーム; ギ語,デカ ログース,「十戒<デカローグ>」; ラ語,ウェルバ デケム4:13脚注; 出 34:28,「言葉」の脚注参照。
「とどまった」。字義,「立った」。出 9:16,「させおいた」の脚注比較。
または,「こわく」。
「神」。または,「神々」。マソ本,サマ五(ヘ語),エローヘー ハーエローヒーム; ギ語,テオス トーン テオーン; ラ語,デウス デオールム。
「主」。または,「主たち」。ヘ語,ワアドーネー(卓越表わす複数形)ハーアドーニーム; ギ語,キュリオス トーン キュリオーン; ラ語,ドミヌス ドミナンティウム,「支配いるたち主」。
」。または,「[まことの]」。マソ本,サマ五(ヘ語),ハーエール; ギ語,ホ テオス; ラ語,デウス。付録1ト参照。
または,「贈り物」。
「これこそあなた賛美べき方」。字義,「彼あなた賛美」。