内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

申命記 1:1‐46

1  これは,ヨルダン+荒野,スフ*面する砂漠平原*,パラン+,トフェル,ラバン,ハツェロト+,ディザハブモーセイスラエル話し言葉ある*  ホレブからセイル経てカデシュバルネア+まで十一あった。  そして,第四十+,第十一月,その一日に,モーセは,すべてエホバイスラエルため命じところしたがって彼ら話すことなった。  それが,ヘシュボン住んアモリシホン+を,そしてアシュタロテ住ん+バシャンオグ+エドレイ+撃ち破っことあった。  ヨルダン方,モアブで,モーセこの律法説明すること手がけ+,こう言った。  「わたしたちエホバホレブ+わたしたち話しこう言わた。『あなた方この山地長らく住ん+  身巡らしここたち,アモリ山地+およびアラバ*+連なるそのすべて近隣地方,山地+シェフェラ*ネゲブ*+海岸地方+,すなわちカナン+,またレバノン+,さらに大川,ユーフラテス+まで行きなさい。  見よ,わたしそのあなた方置いた。行って,エホバあなた方たち,アブラハム,イサク+,ヤコブ対し+,彼らその*与える+誓っその土地取得せよ』。  「そしてわたしそのあなた方このよう言った。『わたし自分独りあなた方担いきれない+ 10  あなた方エホバあなた方殖やさため,あなた方今日,数多くようなっいる+ 11  あなた方父祖エホバあなた方いる千倍多く+,あなた方約束とおり+祝福くださるよう+ 12  あなた方重荷と,あなた方と,あなた方言い争いを,どうしてわたし独り担えるだろ+ 13  あなた方それぞれ部族から,賢くて,思慮深く+,経験ある+人々見つけなさい。わたしその人々あなた方立てるためある+』。 14  するとあなた方答え言った,『わたしたち行なうようあなた言っ事,それ良いことです』。 15  それわたしは,あなた方それぞれ部族たち,すなわち賢く経験ある人々取り,それあなた方頭,千*,百長,五十長,十長,またあなた方それぞれ部族つかさ据え+ 16  「そしてわたしその,あなた方裁き人たち命じこう言った。『あなた方兄弟たち聴問行なうとき*,あなた方その兄弟間,また外人居留+もっ裁かならない+ 17  裁おい公平あっならない*+。小なる者[の述べること]を,大なる者[の述べること]と同じよう聞くべきある+。あなた方ため恐れ驚いならない+。裁きものからある+。あなた方難しすぎる事件わたしところ提出するように。わたしその[言い分]を聞く+』。 18  そしてわたしその,あなた方行なうべきことすべて命じた。 19  「そのわたしたちホレブ旅立って,あの広大畏怖抱かせる荒野すべて進ん行っ+。そこあなた方ある。わたしたちエホバ命じとおりに,アモリ山地+通っある。やがてわたしたちカデシュバルネア+た。 20  そこでわたした,『あなた方アモリ山地に,わたしたちエホバ与えくださる+ 21  見なさい,あなたエホバこのあなた渡さ+。上っ行って,あなた父祖エホバとおり[これを]取得なさい+。恐れいけない。おびえならない+』。 22  「しかし,あなた方わたし近くこう言った。『わたしたち先立っぜひ遣わさください。そのたちわたしたちためその調べ,わたしたち上っ行く道,また入っ行く都市関し知らせ持ち帰るようするためです+』。 23  さて,それわたし良いなった。それわたしあなた方うち十二人,各部族つきずつ選び取っ+ 24  そこで巡らし山地上っ行き+,エシュコル奔流+まで行っそこ様子探った。 25  そしてその土地実り+幾らか取り,それわたしたちところ携えた。そして,知らせ持ち帰って,こう言った。『わたしたちエホバ与えくださる土地良いです+』。 26  ところが,あなた方上っ行くこと望ま+,あなた方エホバ指示背く振る舞いするようなっ+ 27  そしてあなた方自分天幕しきり愚痴こぼしこう言った。『エホバわたしたち憎ま+,そのためわたしたちエジプトから連れ出し+,アモリ渡しわたしたち滅ぼし尽くそされる+ 28  わたしたちどこ行くか。兄弟たちは,「我々より大きく高い+,大きく届くまで防備固め都市+,それアナキム+そこでた」と言って,わたしたち溶け入ら+』。 29  「それわたした,『あなた方彼らためうろたえたり恐れたりならない+ 30  あなた方エホバあなた方行っくださる。エジプトおいあなた方行なわすべて事柄とおり+,[]はあなた方ため戦っくださる+ 31  また,荒で[行なわとおり+]。そこおいあなたは,人その負うようあなたエホバあなた担われる+。この場所来るまであなた方歩んすべておいて[そうあっ+]』。 32  しかし,このかかわらず,あなた方自分たちエホバ信仰置かなかっ+ 33  あなた方先立っ行き,あなた方ため宿営場所探り+,夜より,昼よっあなた方歩むべき見えるようおらその+ 34  「そのずっと,エホバあなた方言葉聞いおらた。そのため憤然され,誓っ+こう言わた。 35  『このよこしまこれらうち,一て,わたしあなた方たち与える誓っ良い見るない+ 36  ただし,エフネカレブある+。彼それ見る。彼そのに,彼踏んその与える。彼エホバ全く従っからある+ 37  (あなた方ためエホバこのわたし対しいきり立たれ,『あなたそこ入らない+ 38  あなた立っいる者,ヌンヨシュア*そこ入る+』と言わた。この[ヨシュア]を強くくださっ+。彼イスラエルそこ受け継がせるからある。) 39  あなた方が「強奪しまう」と言っあなた方幼いたち+,今善悪知らないあなた方息子たち,そのたちそこ入り,彼らわたしそれ与え,彼らそれ取得するあろう。 40  あなた方自身は,向き変え,荒野向かっ旅立ち,紅海行くよう+』。 41  「するとあなた方答えわたし言った,『わたしたちエホバおかしまし+。わたしたちは,すべてわたしたちエホバ命じところ従い,上っ行っ戦います!』 そうあなた方各々自分戦い武器帯び,山上っ行くたやすいみなし+ 42  しかしエホバわたしこうた。『彼ら言いなさい,「あなた方上っ行っ戦っならない。わたしあなた方ないからあり+,あなた方撃ち破られることないためある+」』。 43  それわたしあなた方話しが,あなた方それ聴かず,エホバ指示背く振る舞いするようなっ+ただ激こうし,山上っ行こ+ 44  その,その住んアモリあなた方迎え撃ち+,蜜ばちするようあなた方追い,あなた方セイル*,ホルマまで散らしいっ+ 45  その,あなた方戻っエホバ泣きはじめが,エホバあなた方聴か+,耳向けることされなかっ+ 46  そのためあなた方カデシュ多く日,あなた方そことどまっその日数だけとどまっある+

脚注

「スフ」,マソ本,サマ五,シリ訳; 七十訳バグスター,ウル訳,「紅海」。七十訳バグスターウル訳は,ヤーム(「海」)がスーフから脱落し,元々ヤーム スーフ(「紅海」)と読ん理解もの思われる。もしそうあれば,紅海の,アカバ知らいる部分指しいることなる。
または,「アラバ」。地溝一部で,紅海アカバまで延びいる地域。
「これは……言葉事柄)である」。ヘ語,エーッレ ハッデヴァーリーム。モーセこの5は,ヘブライは,これら冒頭もっその書名いる。七十訳ウル訳この名称を「申命記<デュウトロノミー>」といる。(ギ語,デウテロノミオン,「二律法」,すなわち,律法説明いう意味[5参照]; ラ語,デウテロノミウム)17:18脚注比較。
または,「砂漠平原」。
または,「低地」。
または,「南」,すなわち,約束南部。
または,「子孫」。
「の長」。ヘ語,サーレー。
「聴問行なうとき」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定。
字義,「顔(複)を識別ならない」,すなわち,偏り見ならない。
字義,「エホシュア」,マソ本,サマ五; ギ語,Ἰησοῦς(「イエス」); シ語,エーシューア。創 49:18,「救いを」の脚注参照。
「セイルに」,マソ本,サマ五; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「セイルから」。