内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

民数記 9:1‐23

9  そして​エホバ​は,彼ら​が​エジプト​の​地​を​出​て​二​年​目,その​第​一​の​月​に+,シナイ​の​荒野​で​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。  「さて,イスラエル​の​子​ら​は​過ぎ越し​の​犠牲​+を​その​定め​の​時​に​調える​べき​で​ある+  この​月​の​十四​日,二つ​の​夕方​の​間​に*+,あなた方​は​それ​を​その​定め​の​時​に​調える​べき​で​ある。その​すべて​の​法令​と​定め​られ​た​手順​の​すべて​と​に​したがって​これ​を​調える​よう​に+」。  それ​で​モーセ​は,過ぎ越し​の​犠牲​を​調える​よう​に​イスラエル​の​子​ら​に​話し​た。  そこで​彼ら​は,第​一​の​月,その​月​の​十四​日,二つ​の​夕方​の​間​に,シナイ​の​荒野​で​過ぎ越し​の​犠牲​を​調え​た。すべて​エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​ところ​に​したがい,イスラエル​の​子​ら​は​その​とおり​に​行なっ​た+  ところで,人​の​魂​に​よっ​て​*汚れ+,その​ため​その​日​に​過ぎ越し​の​犠牲​を​調える​こと​の​でき​ない​人々​が​い​た。その​ため​彼ら​は​その​日​に​モーセ​と​アロン​の​前​に​やっ​て​来​た+  そして​その​人々​は​彼​に​*こう​言っ​た。「わたしたち​は​人​の​魂​に​よっ​て​汚れ​た​者​と​なっ​て​い​ます​が,エホバ​へ​の​捧げ物​を​イスラエル​の​子​ら​の​中​に​あっ​て​その​定め​の​時​に​ささげる​こと​を,どうして​とどめ​られる​べき​な​の​でしょ​う​か+」。  それ​に​対し​て​モーセ​は​言っ​た,「そこ​に​立っ​て​い​なさい。あなた方​に​つい​て​エホバ​が​何​と​命じ​られる​か,わたし​は​お聞き​し​て​み​ましょ​う+」。  すると​エホバ​は​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。 10  「イスラエル​の​子​ら​に​話し​て​言い​なさい,『あなた方​また​あなた方​の[後​の]世代​の​だれ​か​が​魂​に​よっ​て​*汚れ​た​者​と​なり+,あるいは​遠い​*旅​に​出​て​いる​こと​が​ある​と​し​て​も,その​者​も​また​エホバ​へ​の​過ぎ越し​の​犠牲​を​調え​ね​ば​なら​ない。 11  第​二​の​月+,その​十四​日,二つ​の​夕方​の​間​に,彼ら​は​それ​を​調える​べき​で​ある。無​酵母​パン​と​苦菜​を​添え​て​それ​を​食べる​よう​に+ 12  その​幾らか​に​せよ​朝​まで​残し​て​おい​て​は​なら​ない+。その​中​の​骨​を​折っ​て​は​いけ​ない+。過ぎ越し​に​関する​法令​に​その​とおり​従っ​て​それ​を​調える​べき​で​ある+ 13  しかし,人​が​清い​状態​に​あり,旅​に​出​て​い​た​の​で​も​なく,ただ​過ぎ越し​の​犠牲​を​調える​こと​を​怠っ​た​の​で​あれ​ば,その​魂​は​民​の​中​から​断た​れ​ね​ば​なら​ない+。エホバ​へ​の​捧げ物​を​その​定め​の​時​に​ささげ​なかっ​た​から​で​ある。自分​の​罪​に​対し​て​その​者​は​責め​を​負う+ 14  「『また,外人​居留​者​が​外国​人​と​し​て​あなた方​の​もと​に​住ん​で​いる​場合,その​者​も​また​エホバ​へ​の​過ぎ越し​の​犠牲​を​調え​ね​ば​なら​ない+。過ぎ越し​に​関する​法令​に​したがい,その​定め​の​手順​どおり​に​行なう​べき​で​ある+。あなた方​に​は,外人​居留​者​に​対し​て​も,その​地​で​生ま​れ​た​者​に​対し​て​も,同一​の​法令​が​ある​べき​で​ある+』」。 15  さて,幕屋​を​立て​た​日+,雲​が​​の​天幕​の​幕屋​を​覆い+,夕方​に​は​火​の​よう​な​もの​が​+幕屋​の​上​に​とどまっ​て​朝​に​まで​及ん​だ。 16  それ​以後​いつも​その​よう​に​なっ​た。すなわち,昼​に​は​*雲​が,夜​に​は​火​の​よう​な​もの​が​それ​を​覆っ​た​の​で​ある+ 17  そして,雲​が​天幕​の​上​から​上がる​と,イスラエル​の​子​ら​は​その​後​すぐ​に​旅立ち*+,雲​が​とどまる​場所,そこ​に​イスラエル​の​子​ら​は​宿営​し​た+ 18  エホバ​の​指示​に​よっ​て​イスラエル​の​子​ら​は​旅立ち,エホバ​の​指示​に​よっ​て​彼ら​は​宿営​する​の​で​あっ​た+。雲​が​幕屋​の​上​に​とどまっ​て​いる​日​は​いつも,そのまま​宿営​し​て​い​た。 19  そして,雲​が​幕屋​の​上​に​幾​日​も​長く​とどまる​時​に​は,イスラエル​の​子​ら​も​また​エホバ​に​対する​務め​を​守っ​て​旅立た​なかっ​た+ 20  そして​時折り*,雲​は​幕屋​の​上​に​数​日​とどまる​こと​が​あっ​た。彼ら​は​エホバ​の​指示​に​よっ​て​+宿営​を​続け,エホバ​の​指示​に​よっ​て​旅立つ​の​で​あっ​た。 21  また​時折り,雲​+は​夕方​から​朝​まで​とどまっ​た。雲​は​朝​に​持ち上がり,彼ら​は​旅立っ​た。雲​の​持ち上がる​の​が​昼​で​も​夜​で​も,彼ら​は​それ​に​よっ​て​旅立っ​た+ 22  それ​が​二​日​で​あれ​一​月​で​あれ​それ​以上​の​日数​で​あれ*,雲​が​幕屋​の​上​に​長く​とどまっ​て​その​上​に​ある​間​は,イスラエル​の​子​ら​も​そのまま​宿営​を​続け​て​旅立た​なかっ​た。しかし,それ​が​持ち上がる​と,彼ら​も​旅立つ​の​で​あっ​た+ 23  彼ら​は​エホバ​の​指示​に​よっ​て​宿営​し,エホバ​の​指示​に​よっ​て​旅立っ​た​の​で​ある。彼ら​は​モーセ​に​よる​エホバ​の​指示​に​したがって​+エホバ​に​対する​務め​を​守っ​た+

脚注

出 12:6の​脚注​参照。
「人​の​魂​に​よっ​て」,すなわち,死ん​だ​魂​に​よっ​て。マソ本,サマ五(ヘ語),レネフェシュ アーダーム; ギ語,プシュケーイ アントロープー; シリ訳,「人々​の​魂」; ラ語,アニマム ホミニス。
「彼​に」,マソ本,サマ五,七十訳​バチ写; 七十訳​アレ写,シリ訳,ウル訳,「彼ら​に」。
魂​に​よっ​て」,すなわち,死ん​だ​魂​に​よっ​て。ヘ語,ラーネフェシュ; ギ語,プシュケーイ アントロープー; ラ語,アニマー
「遠い」。この​語​の​最後​の​文字​に​は,マソ本​の​中​で​ソフェリム​に​よっ​て​特殊​符号​が​付け​られ​て​おり,この​読み方​に​疑問​の​ある​こと​が​示さ​れ​て​いる。付録2イ参照。
「昼​に​は」,タル​,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,サマ五​は​省い​て​いる。
または,「出発​し; 宿営​を​解き」。
字義,「そして​こう​なる」。
「それ​以上​の​日数​で​あれ」。字義,「日々​で​あれ」。ウル訳,「さらに​長い​期間​で​あれ」。