アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

民数記 7:1-89

7  さて,モーセが幕屋を立て終えた日+であったが,彼は続いてそれに油そそぎを行なって+,[幕屋]とそのすべての備品*また祭壇とそのすべての器具とを神聖なものとした。こうして彼はそれらに油そそぎを行ない,それらを神聖なものとした+  その時イスラエルの長たち+,すなわちそれぞれの父の家の頭たちは進物を持って来た+。彼らは部族の長で,登録された人々の上に立つ者たちであったが,  自分たちの捧げ物をエホバの前に携えて来た。覆いの付いた車六台と牛十二頭で,長二人につき車一台,一人につき雄牛一頭であった。彼らはそれを幕屋の前に差し出した。  これに対しエホバはモーセに言われた,  「それを彼らから受け取るように。それらは会見の天幕での奉仕を行なううえでまさに役立つからである。あなたはそれをレビ人に,それぞれの行なう奉仕に応じて与えるように」。  それでモーセはそれらの車と牛を受け取り,それをレビ人に与えた。  二台の車と四頭の牛を,その行なう奉仕に応じてゲルションの子らに与え+  また四台の車と八頭の牛を,その行なう奉仕に応じてメラリの子らに与え+,それらを祭司アロンの子イタマルの手のもとに置いた+  しかし,コハトの子らには何も与えなかった。聖なる場所の奉仕が彼らに課せられていたからである+。彼らは肩で担ったのである+ 10  さて,長たちは,祭壇の奉献+のさい*,その油そそぎの日に,自分たちの進物を持って来た。そして長たちは自分たちの捧げ物を祭壇の前に差し出すことになった。 11  それでエホバはモーセにこう言われた。「一日に一人の長,別の日に別の長という方法で,彼らは祭壇奉献のための捧げ物を差し出す+」。 12  さて,最初の日に捧げ物を差し出したのは,ユダの部族のアミナダブの子ナフション+であった。 13  そして,彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル*,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケル+で七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 14  金の杯*一つ,十シェケルで香を満たしたもの+ 15  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 16  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 17  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがアミナダブ+の子ナフションの捧げ物であった。 18  二日目には,イッサカルの長であるツアルの子ネタヌエル+が進物を持って来た。 19  彼は自分の捧げ物として,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのものを差し出した。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 20  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの, 21  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 22  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 23  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがツアルの子ネタヌエルの捧げ物であった。 24  三日目は,ゼブルンの子らのための長,ヘロンの子エリアブ+であった。 25  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった。 26  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの, 27  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 28  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 29  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがヘロン+の子エリアブの捧げ物であった。 30  四日目は,ルベンの子らのための長,シェデウルの子エリツル+であった。 31  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 32  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの, 33  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 34  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 35  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがシェデウル+の子エリツルの捧げ物であった。 36  五日目は,シメオンの子らのための長,ツリシャダイの子シェルミエル+であった。 37  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 38  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの, 39  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 40  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 41  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがツリシャダイ+の子シェルミエルの捧げ物であった。 42  六日目は,ガドの子らのための長,デウエルの子エルヤサフ+であった。 43  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 44  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの+ 45  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 46  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 47  さらに共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがデウエル+の子エルヤサフの捧げ物であった。 48  七日目は,エフライムの子らのための長,アミフドの子エリシャマ+であった。 49  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 50  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの, 51  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 52  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 53  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがアミフド+の子エリシャマの捧げ物であった。 54  八日目は,マナセの子らのための長,ペダツルの子ガマリエル+であった。 55  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 56  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの+ 57  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 58  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 59  さらに共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがペダツル+の子ガマリエルの捧げ物であった。 60  九日目は,ベニヤミンの子らのための長+,ギドオニの子アビダン+であった。 61  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 62  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの, 63  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 64  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 65  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがギドオニ+の子アビダンの捧げ物であった。 66  十日目は,ダンの子らのための長,アミシャダイの子アヒエゼル+であった。 67  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 68  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの, 69  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 70  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 71  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがアミシャダイ+の子アヒエゼルの捧げ物であった。 72  十一日目は,アシェルの子らのための長,オクランの子パグイエル+であった。 73  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 74  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの+ 75  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 76  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 77  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがオクラン+の子パグイエルの捧げ物であった。 78  十二日目は,ナフタリの子らのための長,エナンの子アヒラ+であった。 79  彼の捧げ物は,銀の皿一枚,その重さは百三十シェケル,銀の鉢一つ,聖なる場所のシェケルで七十シェケルのもの。それらには共に,穀物の捧げ物として油で湿らせた上等の麦粉が満たしてあった+ 80  金の杯一つ,十シェケルで香を満たしたもの+ 81  焼燔の捧げ物+として若い雄牛一頭,雄羊一頭,雄の子羊の一年目のもの一頭, 82  罪の捧げ物として子やぎ一頭+ 83  さらに,共与の犠牲+として牛二頭,雄羊五頭,雄やぎ五頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの五頭。これがエナン+の子アヒラの捧げ物であった。 84  これが,祭壇に油そそぎがなされた日の,その奉献の捧げ物+で,イスラエルの長たち+からのものであった。すなわち,銀の皿十二,銀の鉢+十二,金の杯十二。 85  銀の皿一つは百三十シェケル,鉢一つは七十シェケルで,これらの器の銀をすべて合わせると,聖なる場所のシェケル+で二千四百シェケルであった。 86  香を満たした十二の金の杯+は,杯一つがそれぞれ聖なる場所のシェケルで十シェケルあり,杯の金は全部で百二十シェケルであった。 87  焼燔の捧げ物+のための家畜をすべて合わせると,雄牛十二頭,雄羊十二頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの十二頭で,それに伴う穀物の捧げ物+があり,また罪の捧げ物のための子やぎは十二頭であった+ 88  そして,共与の犠牲+の家畜をすべて合わせると,雄牛二十四頭,雄羊六十頭,雄やぎ六十頭,雄の子羊それぞれ一歳のもの六十頭であった。これが,祭壇に油そそぎ+がなされた後のその奉献の捧げ物+であった。 89  ところでモーセは,[]と話すため+会見の天幕の中に入る時いつも,証の箱の上にあるその覆い+の上方,二つのケルブ+の間から自分に話す声*を聞くのであった。こうして彼に話されたのである。

脚注

または,「すべての器具」。
「のため」,七十訳,ウル訳。
「シェケル」,ウル訳。
または,「小鉢」。
「声」,マソ本,サマ五,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「エホバの声」。