内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 5:1‐31

5  エホバさらにモーセ話しこう言わた。  「イスラエル命じて,すべてらい病+,すべて漏出ある+,すべて死亡よっ*汚さ+宿営から去らせるように。  男子あれ女子あれ,あなた方これ去らせるべきある。宿営去ら+,わたしその幕屋営む人々+宿営彼ら汚す+ことないようべきある」。  それイスラエルそのとおり行なって,それら人々宿営去らた。イスラエルは,エホバモーセ話しとおり行なった。  エホバ引き続きモーセ話し言わた,  「イスラエルこうなさい。『男またはが,人犯すあらゆるいずれ行なっエホバ対し忠実行為場合,その罪科持つなっある+  ゆえにそのたち自分行なっ告白+,その自分罪科元どおり返し,さらにその加え+,自分行なっ相手それ与えなけれならない。  しかし,もしそのに,[彼が]その罪科返すべき近親*ないあれば,エホバ返されるその罪科祭司ものなる*。そのため贖罪行なう贖罪雄羊これある+  「『また,イスラエルあらゆるなるもの+うち寄進+,すなわち彼ら祭司差し出すものは,すべて[祭司]のものされるべきある+ 10  そして,各人持つなるものそのものとどまる。何せよ各人祭司与えるもの,それは[祭司]のものなる』」。 11  エホバなおもモーセ話しこう言わた。 12  「イスラエル話しなさい。彼らこう言わならない。『だれが[道を]外して[夫]に対し忠実行ない+ 13  別これ射精あり+,そのことから隠さ+発見おり,彼女その汚しこれ対する証人なく,その捕らえられないいる場合, 14  そして,しっと+よぎり,自分忠実つい疑念持つようなり,彼女事実汚しいるとき,あるいは,しっとよぎり,自分忠実つい疑念持つようなっが,彼女汚しないとき, 15  その自分祭司ところ連れ行き+,また彼女その捧げ物を,すなわち大麦十分エファ*携え行かならない。その注いだり乳香+添えたりならない。それは,しっとため穀物捧げ物あり,とが思い起こさせる思い起こし穀物捧げ物からある。 16  「『そして祭司彼女進み出さて,エホバ立たならない+ 17  次い祭司なる*取るように。祭司また,幕屋ある幾らか取る。それその入れるように。 18  それから祭司そのエホバ立たせ,その解き,彼女手のひら思い起こし穀物捧げ物,つまりしっとため穀物捧げ物+載せるように。また,祭司は,のろいもたらす苦い置かれるべきある+ 19  「『そして祭司彼女誓わせ,そのこう言わならない。「もしどんなあなたおらず,あなたもとある+何ら[道を]外し汚れそれないあれば,のろいもたらすこの苦い影響受けないように。 20  しかしあなたが,夫もとあるありながら[道を]外しあれ+,そして汚して,だれ以外あなた射精行なっあれ+,―」 21  そう祭司のろい伴う誓いもっその誓わ+,祭司そのこう言わならない。「エホバあなたを,あなたあっのろいまた誓いされるように。それは,エホバあなた+やせ衰えさせ,あなた膨れさせることよる。 22  それで,のろいもたらすこのあなた入っあなた膨れさせ,股やせ衰えさせることなる」。女これ対して,「アーメン,アーメン!*」と言わならない。 23  「『そして祭司これらのろい言葉記し+,それその苦いぬぐ+去らならない。 24  次いで,のろいもたらすその苦い飲ませなけれならない+。のろいもたらすその苦いもの彼女入ることなる。 25  さらに祭司しっとため穀物捧げ物+から取り,その穀物捧げ物エホバ揺り動かし,それ祭壇近く携え行かならない。 26  次い祭司穀物捧げ物幾らかその覚え+つかみ,それ祭壇焼いするように。その後,その飲ませる。 27  彼女その飲ませると,そののち必ずこのようなる。すなわち,もし彼女忠実行ないその汚しいるなら+,のろいもたらすその苦いもの彼女入り,その膨れ,そのやせ衰え,その必ずあっのろいものなる+ 28  しかし,もしその汚しおらず,清いあるならば,そのよう処罰受けることない+。彼女身ごもることなる。 29  「『これしっと関する律法+あり,女もとありながら+[道を]外し+汚し場合, 30  あるいは,男ほうしっとよぎり,妻忠実ない疑念持っ場合関しある。彼エホバ立たせ,祭司彼女対しこの律法ことごとく行なわならない。 31  こうそのとがないされ,その自分とが対する責め負う』」。

脚注

「死亡よって」。字義,「よって」,すなわち,死んよって。ヘ語,ラーナーフェシュ; ギ語,プシュケーイ; ラ語,モルトゥオー,「死ん者」。
「近親者」。または,「補償受ける者; 代理者」。ヘ語,ゴーエール。普通は,最近男子親族。
「エホバに……ものなる」,マソ本,サマ五,七十訳。
1エファ22相当た。
「聖なる水」,マソ本,サマ五,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「浄い,生きた(流れる)水」。
または,「そうなるように! そうなるように!」 ヘ語,アーメーン アーメーン。