内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 36:1‐13

36  その,ヨセフ家族属する,マナセマキル+あるギレアデ家族たちたち近くやって,モーセ*たち,イスラエルたちたち*  こうた。「エホバは,イスラエル土地相続くじ+与えるようお命じなりました。また,我は,わたしたち兄弟ツェロフハド相続そのたち与えるよう命令エホバからお受けなりまし+  もし,イスラエル部族だれ*彼女たち得ることなりますと,このたち相続わたしどもたち相続から取り去られ,彼女たち所属するようなる部族*相続加えられしまうことなり,それわたしたち相続するくじ分から取り去られることでしょ+  また,イスラエルためヨベル+も,このたち相続彼女たち所属するようなる部族相続やはり加えられしまうことなります。それよって,彼女たち相続は,わたしどもたち部族相続から取り去られることでしょう」。  そこでモーセは,エホバもとイスラエル命じこう言った。「ヨセフ部族話すところ正しい。  これツェロフハドたちためエホバ命じ言わ言葉です+。『彼女たちその良い思うなっい。ただし,その部族家族なるべきある+  そして,イスラエル相続部族から部族巡り行くべきない。イスラエル各々,自分父祖部族相続固く付くべきからある。  それで,イスラエル部族相続取得する皆,自分部族一つ家族なるべきある+。イスラエルそれぞれ自分父祖相続取得するためある。  それで,相一つ部族から部族巡り行くことあっいけない。イスラエル部族それぞれ自分相続固く付くべきある』」。 10  エホバモーセそのとおりツェロフハドたち行なっ+ 11  それで,マフラ,ティルツァホグラミルカノア,すなわちツェロフハドたち+は,その兄弟*なった。 12  ヨセフあるマナセ属する家族なっある。彼女たち相続その家族部族とどまるためあった。 13  これらは,ヨルダンそば,エリコするモアブ砂漠平原で,エホバモーセ通しイスラエル命じおきて+司法定めある+

脚注

七十訳シリ訳は,「と祭司エレアザル」を付け加えいる。
または,「頭たるたち; 長たるたち」。
字義,「一が」。
または,「所属するようなる部族」。
または,「その父方おじ」。