内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 35:1‐34

35  エホバは,ヨルダンそば+,エリコ面するモアブ砂漠平原で,なおもモーセ話しこう言わた。  「イスラエル命じなさい。すなわち,彼ら自分所有する相続からレビその住むべき都市与えるよう+と。また,その都市周囲ある牧草レビ与えるよう+  こうその都市彼ら住むなり,それ伴う牧草彼ら家畜貨財ため,またそのすべて野獣ためなるある。  そして,あなた方レビ与えるそれら都市牧草は,その都市城壁から向かっ周囲一千*キュビトある。  それあなた方は,都市外側を,その都市真ん中て,東側二千キュビト,南側二千キュビト,西側二千キュビト,北側二千キュビト測るように。これ彼らためその都市牧草なる。  「これらあなた方レビ与える都市ある。すなわち,六つ避難都市+。それは,人殺し*そこ逃れるため与えるものある+。そのほか四十二都市与える。  あなた方レビ与える都市全部四十八都市あり,それらそれ伴う牧草ある+  あなた方与える都市,それイスラエル所有からある+。多いところから多く取り,少ないところから少なく取る+。それぞれ所有得るその相続応じて,自分都市からその幾つレビ与える」。  エホバ引き続きモーセ話しこう言わた。 10  「イスラエル話しなさい。彼らこう言わならない。『あなた方ヨルダン渡っカナン行く+ 11  それあなた方は,自分たちため都合良い都市選ばならない。それらあなた方ため避難都市なり,意図打っ至ら殺人そこ逃げなけれならない+ 12  それで,それら都市あなた方ため復しゅう*+から避難なるある。これは,人殺しが,裁きため集会立つまで死ぬことないためある+ 13  それで,あなた方与える都市,六つ避難都市あなた方ためものなる。 14  ヨルダンこちら三つ都市与え+,カナン三つ都市与える+。これら避難都市なる。 15  イスラエルため,外人居留+ため,またその住む移住たちために,これら六つ都市避難なり,だれ意図打っ至ら逃れるなる+ 16  「『さて,もし道具打ち,そのため死んあれば,その殺人ある+。その殺人必ず処されるべきある+ 17  また,小さな*あっも,それよっ得るほどもの打ち,そのため死んあれば,その殺人ある。その殺人必ず処されるべきある。 18  また,小さな道具あっも,それよっ得るほどもの打ち,そのため死んあれ*,その殺人ある。その殺人必ず処されるべきある。 19  「『血復しゅう+あるその殺人至らせる。彼出会っそのに,そのこれ至らせる。 20  また,もし憎しみ抱い突き飛ばし+,あるいは待ち伏せ*投げつけ+,こう死なあれば, 21  あるいは敵意抱い打ち,それよっ死なあれば,その打っ必ず処されるべきある。その殺人ある。血復しゅうその殺人出会っこれ至らせる+ 22  「『しかし,予期ず,敵意なし突き飛ばし,あるいは待ち伏せない*投げ+ 23  あるいはそれよっ得るほどに[投げる]かその落とすかし,そのため死んあれば,その敵意抱いなく,害すること求めないで, 24  集会これら裁きしたがって[彼を]打っ復しゅう裁かならない+ 25  そして集会+殺しその復しゅうから救い出すように。集会その当人逃れ避難都市戻らせるある。そしては,聖なる油そそぎ受け祭司までそことどまらならない+ 26  「『しかし,人殺し自分逃れ避難都市境界から出るようことあれば, 27  血復しゅう+その避難都市境界これ見つけ,血復しゅう殺しその打ち殺しも,彼ない。 28  その祭司まで自分避難都市とどまっいるべきからある+。大祭司あれば,人殺し自分所有する土地帰っい。 29  それで,これらは,代々わたり,あなた方住むすべてで,あなた方ため裁き法令なるある。 30  「『魂打っ至ら皆,証人たちより+殺人+殺されるべきあるが,ただ証人責める証言行なっその至らせることあっいけない。 31  またあなた方は,死価する殺人ため贖い受け取っならない+。その必ず処されるべきからある+ 32  また,避難都市逃れため贖い受け取って,大祭司*再びその土地住まわならない。 33  「『こうあなた方自分いる*土地汚しならない。血土地汚すある+。そして,土地対しは,その流さ関し,それ流しよる以外贖罪ないある+ 34  それあなたは,自分たち住む土地,すなわちわたし宿っいる土地汚しならない。わたしエホバイスラエル宿っいるある+』」。

脚注

「一千」,マソ本,サマ五,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「二千」。
または,「殺人者」。
または,「買い戻し人<ゴーエール>」,マソ本,サマ五; タル,七十訳,シリ訳,古ラ訳,「血復しゅう者」。
字義,「手石」。
「また……であれば」,サマ五,七十訳,シリ訳,および幾つヘブライ写本; マソ本,「あるいは……なら」。
または,「あるいは悪意抱いを」。
または,「悪意抱いないが」。
「大祭司」,サマ五,七十訳,シリ訳,および一つヘブライ写本; マソ本,「祭司」; ラ語,ポンティフィキス。
「自分いる」,マソ本; サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳,および四つヘブライ写本,「自分住んいる」。