内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 32:1‐42

32  さて,ルベン+ガド+数多く畜類を,事実,それら非常多く持つようなった。そして彼らヤゼル+ギレアデ見るようなっが,見よ,その場所畜類ため適し場所あった。  そのためガドルベンやって,モーセ祭司エレアザルおよび集会たちこのよう言った。  「アタロト+,ディボン+,ヤゼル,ニムラ+,ヘシュボン+,エルアレ+,セバム,ネボ+,ベオン+など,  エホバイスラエル集会撃ち破ら+畜類ため適し土地です。そしてこのども畜類有しおります+」。  そして彼らさらに言った,「もしわたしどもあなた恵みおりましたら,この土地ども所有お与えください。わたしどもヨルダン渡っ行かなくよいようください+」。  そこでモーセガドルベン言った,「兄弟たち戦い行き,そのあなた方ほうずっこことどまっいるいうです+  一体どうしてあなた方イスラエル意気くじいて,エホバ与えくださるはず土地渡っ行かないようするですか。  あなた方たちも,そのさせるためわたしカデシュバルネア+から遣わしそのよう+です。  エシュコル奔流+まで上っ行っその時,彼らイスラエル意気くじいて,エホバ与えくださるはず土地行かまいまし+ 10  そのためエホバ怒りその燃え,誓っ+こう言わです。 11  『エジプトから上っ二十歳以上たち+,わたしアブラハム,イサク,ヤコブ誓っ土地*ないあろ+。わたし従い通さなかっからある。 12  ただし,ケニズエフネカレブ+ヌンヨシュア+ある。このふたりエホバ従い通しからある』。 13  こうエホバ怒りイスラエル対し燃え,彼ら四十あいだ荒野さまよわ+,エホバ行なっその世代すべてついにその終わり至っです+ 14  そう今,あなた方は,罪あるたちそのたち代わっ立ち上がり,イスラエル対するエホバ燃える怒り募らよう*ます+ 15  あなた方翻っ従うことやめるなら+,[]もきっと[民]を再び荒野長くとどまらせるでしょ+。そしてあなた方は,このすべて対し滅びなること行なっことなります+」。 16  後彼らは[モーセ]に近づいて,こう言った。「ここに,わたしたち畜類ため,その群れ入れる石囲いを,そして幼いたちため都市築かください。 17  それでも,わたしたち自身装備整え,戦闘隊形組ん+イスラエル行き,いつまであれ彼らその場所携え入れるまでは[働き]ます。その間,わたしたち幼いたち城塞ある都市とどまって,その住むたちから離れいることなるです。 18  わたしたちは,イスラエル自分所有得,各々自分相続持つまで帰りませ+ 19  わたしたちは,ヨルダンから向こう彼ら一緒相続得ることないです。わたしたち相続は,ヨルダンからいうことなっからです+」。 20  これ対しモーセ彼ら言った,「もしあなた方この行なうなら,すなわちエホバあっ戦いため装備+ 21  装備そのすべてエホバあっ実際ヨルダン渡っ行き,ついに[]がご自分敵するみ前から打ち払わ+ 22  そのエホバ実際従えられ+,こう帰っ来るあれ+,そのときあなた方は,エホバイスラエル対し確か罪科ないなります。そしてこの土地エホバあっ必ずあなた方所有なるです+ 23  しかし,もしそのようないなら,あなた方エホバ対しまさにおかすことなります+。その場合は,あなた方あなた方追いつくことなる知りなさい+ 24  あなた方ため,その幼いたちため都市建て,羊群れため石囲いを[造る]のよいでしょう。そして,あなた方からことそのとおり行なうです+」。 25  すると,ガドルベンモーセこのよう言った。「このども命じおられるとおり致します+ 26  わたしたち幼いたち,妻たち,わたしたち畜類すべて家畜は,そこギレアデ都市とどまります+ 27  僕どもは,我話しおられるとおり,みな軍隊装備+,エホバあっ戦いため渡っまいります」。 28  そこでモーセは,彼ら関して,祭司エレアザルヌンヨシュア,またイスラエル部族たち命令与えた。 29  そしてモーセ彼らこう言った。「もしガドルベンみな戦いため装備+,エホバあっあなた方ヨルダン渡っ行き,そのあなた方実際従えられなら,そのときあなた方は,ギレアデ彼ら所有与えるよう+ 30  しかし,もし彼ら装備整えあなた方渡っ行かないなら,そのとき彼ら*カナンあなた方定住なけれならないことなる+」。 31  これ対しガドルベン答え言った,「エホバこのども話さことを,わたしたちそのとおり致します+ 32  わたしたち装備整え,エホバあっカナン渡っ行きます+。そして,わたしたち相続なる所有は,ヨルダンこちらあることなります*+」。 33  そこでモーセ彼らに,つまりガド+ルベン+,またヨセフあるマナセ部族+に,アモリシホン+王国バシャンオグ+王国与えた。それぞれ領地都市属する土地周囲土地ある都市ある* 34  それガドは,ディボン+,アタロト+,アロエル+ 35  またアトロトショファン,ヤゼル+,ヨグベハ+ 36  そしてベトニムラ+ベトハラン+建ていった。これらは,城塞あり+,羊入れる石囲い+持つ都市あった。 37  また,ルベンは,ヘシュボン+,エルアレ+,キルヤタイム+ 38  またネボ+,バアルメオン+ ― これら変えられいる ― そしてシブマ建てた。彼らその建て都市自分たち*呼ぶことた。 39  また,マナセあるマキル+ギレアデ進ん行っそこ攻め取り,そこアモリ打ち払った。 40  それモーセギレアデマナセマキル与え,彼そこ住むようなっ+ 41  また,マナセヤイル進ん行っ彼ら天幕攻め取り,それらハボトヤイル呼ぶこと+ 42  そして,ノバハ進ん行っケナト+それ依存する町々*攻め取った。彼それ自分よっノバハ呼ぶことた。

脚注

「誓いもと約束土地」,ウル訳。
「募らようと」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,サマ五同じ意味取れる。
七十訳こうなっいる。「あなた方エホバ戦いため渡っ行かないなら,そのときあなた方彼ら家財[彼ら荷物]や家畜あなた方よりカナン渡っ行かせ,そのとき彼らは」。
「そして,わたしたち相続なる所有は……にあることなります」,マソ本; 七十訳,「そしてあなた方所有を……でわたしたち下さいます」。提案いるマソ本一つ読み方は,「そして,あなたほうわたしたち相続なる所有を……でぜひ与えくださいますように」。
「それぞれ領地都市属する土地周囲土地ある都市ある」。七十訳,「そのその境界伴う都市,その一帯都市ある」; ウル訳,「また,周囲一帯彼ら都市伴う彼らを[与えた]」。
「自分たちで」,七十訳,シリ訳; マソ本,サマ五,「名で」。
「それ依存する町々」。字義,「そのたち」。