内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

民数記 31:1‐54

31  エホバ​は​その​後​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。  「イスラエル​の​子​ら​の​ため,ミディアン​人​+に​復しゅう​せよ+。その​後​に​あなた​は​自分​の​民​の​もと​に​集め​られる​で​あろ​う+」。  それ​で​モーセ​は​民​に​話し​て​こう​言っ​た。「あなた方​の​中​から​人​を​取っ​て​軍隊​の​装備​を​させ​なさい*。その​人々​が​ミディアン​を​攻め,ミディアン​に​対する​エホバ​の​復しゅう​を​果たす​ため​です+  イスラエル​の​すべて​の​部族​に​つい​て,各​部族​から​一千​人​を​軍隊​に​送る​よう​に」。  そこで,イスラエル​の​幾千​+の​中​から​一​部族​に​つき​千​人​が​割り当て​られ,一万二千​人​が​軍隊​の​装備​を​し​た+  それ​で​モーセ​は​それら​の​者​を,つまり​部族​ごと​の​千​人​を​軍隊​に​送り出し​た。彼ら​と​祭司​エレアザル​の​子​ピネハス​+を​軍隊​に[送っ​た]の​で​ある。聖​なる​器具​と​合図​を​吹き鳴らす​ため​の​ラッパ​+が​彼​の​手​に​あっ​た。  そして​彼ら​は,エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​とおり​ミディアン​に​対し​て​戦い​はじめ,男子​を​すべて​殺し​て​いっ​た+  そして,それら​打ち殺し​た​者​たち​の​ほか​に,ミディアン​の​王​たち,すなわち​エビ,レケム,ツル,フル,レバ​など​ミディアン​の​五​人​の​王​+を​殺し​た。また,ベオル​の​子​バラム​+を​剣​で​殺し​た。  しかし,イスラエル​の​子​ら​は,ミディアン​の​女​と​幼い​者​たち​を​とりこ​に​し​て​連れ​て​来​た+。また,彼ら​の​すべて​の​家畜,すべて​の​畜類,すべて​の​資産​を​強奪​し​た。 10  そして,彼ら​が​定住​し​て​い​た​すべて​の​都市​*と​壁​で​囲ま​れ​た​宿営​すべて​を​火​で​焼い​た+ 11  こう​し​て,人​*や​家畜​の​すべて​の​分捕り​物​と​すべて​の​戦利​品​+を​取っ​て​いっ​た。 12  そして​彼ら​は,モーセ​と​祭司​エレアザル​と​イスラエル​の​子​ら​の​集会​*の​ところ​に,とりこ​と​戦利​品​と​分捕り​物​を​携え​て​来​た。ヨルダン​の​そば,エリコ​に​面する​モアブ​の​砂漠​平原​+に​あっ​た​その​宿営​に​で​ある。 13  それ​で​モーセ​と​祭司​エレアザル​と​集会​の​すべて​の​長​たち​は,彼ら​を​宿営​の​外​まで​迎え​に​出​た。 14  ところ​が​モーセ​は,その​戦闘​部隊​+の​中​の​任命​さ​れ​た​人々,すなわち​軍事​遠征​から​戻っ​て​来​た​千​人​の​長​*と​百​人​の​長​たち​に​対し​て​憤然​と​し​た。 15  そう​し​て​モーセ​は​彼ら​に​言っ​た,「あなた方​は​女​を​みな​生かし​て​おい​た​の​です​か+ 16  見​なさい! この​女​たち​が,バラム​の​言葉​に​よっ​て​イスラエル​の​子​ら​を​いざなう​者​と​なり,ペオル​の​事件​+で​エホバ​に​対し​不​忠実​な​行為​+を​させ​た​*の​で​あり,その​ため​エホバ​の​集会​の​上​に​神罰​が​臨ん​だ​の​です+ 17  だから​今,幼い​者​たち​の​うち​すべて​の​男子​を​殺し,男子​と​寝​て​男​と​交わり​を​持っ​た​すべて​の​女​も​殺し​なさい+ 18  そして,あなた方​の​ため,女​の​うち​すべて​の​幼い​者,男子​と​寝る​こと​を​まだ​知ら​ない​者​たち​を​生かし​て​おき​なさい+ 19  あなた方​自身​は,七​日​の​あいだ​宿営​の​外​に​宿営​し​て​い​なさい。だれ​で​も​魂​を​殺し​た​者+,また​だれ​で​も​打ち殺さ​れ​た​者​に​触れ​た​者​+は,三​日​目​と​七​日​目​に​身​を​浄める​べき​です+。あなた方​も,あなた方​の​とりこ​と​なっ​て​いる​者​たち​も。 20  また,すべて​の​衣,すべて​の​皮​の​品,すべて​やぎ​の​毛​で​でき​た​もの,すべて​の​木​の​品​も,あなた方​の​ため​に​それ​を​罪​から​浄める​べき​です+」。 21  次い​で​祭司​エレアザル​が,戦い​に​行っ​て​来​た​軍隊​の​人々​に​こう​言っ​た。「これ​は​エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​律法​に​よる​法令​です。 22  『ただ​金​と​銀,銅,鉄,すず​と​鉛​だけ, 23  すなわち​火​で​処理​さ​れる​もの​*+だけ​は​みな​火​の​中​を​通す​べき​で​ある。そう​する​なら,それ​は​清い​もの​と​される。ただし,それ​は​清め​の​水​に​よっ​て​浄め​られる​べき​で​ある+。そして,火​で​処理​さ​れ​ない​もの​*は​すべて​水​の​中​を​通す​べき​で​ある+ 24  また,あなた方​は​七​日​目​に​自分​の​衣​を​洗っ​て​清い​者​と​なら​なけれ​ば​なら​ない。その​後​あなた方​は​宿営​の​中​に​入っ​て​よ​い+』」。 25  それ​から​エホバ​は​モーセ​に​対し​て​この​よう​に​言わ​れ​た。 26  「あなた​と​祭司​エレアザル,そして​集会​の​父​たち​の​うち​の​頭​たち​は,戦利​の​もの,すなわち​とりこ​に​し​た​人​と​家畜​の​双方​に​つい​て​その​合計​を​調べ​なさい。 27  そして​あなた​は​その​戦利​の​もの​を,遠征​に​出かけ​て​戦い​に​加わっ​た​者​と​集会​の​残り​の​すべて​の​者​と​の​間​で​二つ​に​分ける​よう​に+ 28  そして,エホバ​の​ため​の​税​+と​し​て,遠征​に​出かけ​た​戦人​たち​から​は,人​・​牛​・​ろば​・​羊​に​つい​て,五百​ごと​に​一つ​の​魂​を​取る​よう​に。 29  彼ら​が[受け取っ​た]半分​の​中​から​あなた方​*は​それ​を​取る。あなた​は​それ​を​祭司​エレアザル​に​渡し​て​エホバ​へ​の​寄進​物​と​し​なけれ​ば​なら​ない+ 30  そして,イスラエル​の​子​ら​が[受け取っ​た]半分​から​は,人​・​牛​・​ろば​・​羊​・​あらゆる​家畜​に​つい​て,五十​ごと​に​一つ​を​取る​*べき​で​ある。それ​を​レビ​人​+に,すなわち​エホバ​の​幕屋​の​務め​を​守る​者​たち​に​与える​よう​に+」。 31  それ​で​モーセ​と​祭司​エレアザル​は,エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​とおり​に​し​て​いっ​た。 32  そして,戦利​の​もの,すなわち​遠征​に​行っ​た​民​が​強奪​物​と​し​て​取っ​た​その​強奪​物​の​残っ​て​い​た​もの​は,羊​六十七万五千​頭, 33  牛​七万二千​頭, 34  ろば​六万一千​頭​と​なっ​た。 35  男子​と​寝る​こと​を​まだ​知ら​ない​女​たち​+の​中​から​の​人​の​魂+,その​魂​は​全部​で​三万二千​人​で​あっ​た。 36  それで,遠征​に​出かけ​た​者​たち​の​受け分​で​ある​その​半分​は,数​で​言う​と,羊​三十三万七千五百​頭​と​なっ​た。 37  そして,その​羊​の​群れ​から​の​エホバ​の​ため​の​税​+は​六百七十五​頭​と​なっ​た。 38  また,牛​は​三万六千​頭​で,それ​に​対する​エホバ​の​ため​の​税​は​七十二​頭​で​あっ​た。 39  また,ろば​は​三万五百​頭​で,それ​に​対する​エホバ​の​ため​の​税​は​六十一​頭​で​あっ​た。 40  さらに,人​なる​魂​は​一万六千​人​で,それ​に​対する​エホバ​の​ため​の​税​は​三十二​の​魂​で​あっ​た。 41  それ​で​モーセ​は,エホバ​へ​の​寄進​物​と​し​て​の​この​税​を​祭司​エレアザル​に​渡し+,エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​とおり​に​し​た+ 42  また,イスラエル​の​子​ら​に​属する​半分,すなわち​戦い​を​行なっ​た​人々​に​属する​分​から​モーセ​が​取り分け​た​もの​の​中​から[の​分]は​こう​で​あっ​た。 43  つまり,羊​の​群れ​から​集会​の​者​たち​が[受け取っ​た]その​半分​は​三十三万七千五百​頭, 44  牛​の​群れ​から​は​三万六千​頭, 45  ろば​は​三万五百​頭, 46  人​なる​魂​は​一万六千​人​と​なっ​た。 47  それ​で​モーセ​は,イスラエル​の​子​ら​に​属する​その​半分​の​中​から,人​と​家畜​に​つい​て​五十​ごと​に​取る​その​一つ​を​取り*,エホバ​の​幕屋​の​務め​を​守る​者​+で​ある​レビ​人​たち​+に​それ​を​与え​て,エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​とおり​に​し​た。 48  すると,軍​の​千​人​隊​+に​所属​する​任命​さ​れ​た​人々,すなわち​千​人​の​長​と​百​人​の​長​たち​+が​モーセ​に​近づい​て​来​て, 49  モーセ​に​こう​言っ​た。「僕​たち​は,自分​たち​に​ゆだね​られ​て​いる​戦人​の​総数​を​調べ​て​み​まし​た​が,失わ​れ​た​者​は​一​人​も​報告​さ​れ​て​おり​ませ​ん+ 50  ですから,わたしたち​ひとりひとり​に,自分​の​見つけ​た​もの​を,すなわち​金​の​品,足首​の​鎖飾り,また​腕輪,認印​指輪+,耳輪,そして​婦人​の​飾り​+を​エホバ​へ​の​捧げ物​+と​し​て​差し出さ​せ​て​ください。それ​に​よっ​て,エホバ​の​前​で​わたしたち​の​魂​の​ため​の​贖罪​を​する​の​です」。 51  そこで​モーセ​と​祭司​エレアザル​は,彼ら​から​金​を,装身​具​類​の​すべて​を​受け取っ​た+ 52  そして,彼ら​が​エホバ​に​寄進​し​た​その​寄進​物​の​金​は​全部​で​一万六千七百五十​シェケル​と​なっ​た。それ​は​千​人​の​長​と​百​人​の​長​たち​から​の​もの​で​あっ​た。 53  軍隊​に​属し​た​人々​は​それぞれ​自分​の​強奪​物​を​取っ​て​い​た​の​で​ある+ 54  それ​で​モーセ​と​祭司​エレアザル​は,千​人​また​百​人​の​長​たち​から​金​を​受け取っ​て​会見​の​天幕​の​中​に​携え​て​行き,エホバ​の​前​で​イスラエル​の​子​ら​の​ため​の​記念​+と​し​た。

脚注

「装備​を​させ​なさい」。字義,「あなた方​自身……装備​を​し​なさい」。七十訳,シリ訳,ウル訳,「武装​を​させ​なさい」。
字義,「彼ら​の​住みか​に​あっ​た​すべて​の​都市」,彼ら​の​元々​の​都市​と​は​異なる。
(の)」。ヘ語,バーアーダーム; ラ語,ホミニブス
「集会」,マソ本; サマ五,タル​,シリ訳,ウル訳,および​多く​の​ヘブライ​語​写本,「集会​の​全員」。
「の​長」。マソ本,サマ五(ヘ語),サーレー。
「不​忠実​な​行為​を​させ​た」,タル; マソ本​は​不​明瞭; ギ語,アポステーサイ。
または,「火​に​耐える(火​の​中​に​入る)もの」。
または,「火​に​耐え(火​の​中​に​入ら)ない​もの」。
「あなた方」,マソ本,七十訳; サマ五,「あなた」。
「五十​ごと​に​一つ​を​取る」,七十訳,シリ訳,ウル訳​と​一致​し​て; マソ本,「五十​ごと​に​捕らえ​られ​た[つまり,算術​的​な​意味​で​取ら​れ​た]もの​一つ​を​取る」。
30​節の​脚注​参照。