内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 28:1‐31

28  エホバさらにモーセ話しこう言わた。  「イスラエル命じなさい。彼らこう言わならない。『あなた方は,わたしパン+あるわたし捧げ物を,わたし対する安らぎ香りなるよる捧げ物+その定め+差し出すよう付けるべきある』。  「そして,彼らこう言わならない。『これが,あなた方エホバ差し出すよる捧げ物ある。すなわち,きずない子羊焼燔捧げ物絶え一日ずつ+  一方子羊ささげ,他方子羊二つ夕方*ささげる+  それ添えて,つぶし採っヒン湿らせ+上等麦粉十分エファ+穀物捧げ物+て。  常供焼燔捧げ物+,すなわち,シナイおいて,安らぎ香り,エホバよる捧げ物ささげられものあり+  それその飲み物捧げ物+あり,雄子羊つきヒンある+。飲み物捧げ物その酔わせる+なる場所エホバ対し注ぎ出す。  そして,他方子羊二つ夕方ささげる。朝同じ穀物捧げ物に,またそれ同じ飲み物捧げ物に,エホバ安らぎ香りなるよる捧げ物これささげる+  「『しかし,安息+は,きずない子羊頭,また穀物捧げ物湿らせ上等麦粉十分二[エファ],およびそれ伴う飲み物捧げ物あり, 10  安息おけるその安息*焼燔捧げ物て,常供焼燔捧げ物+それ伴う飲み物捧げ物+に[ささげられる]。 11  「『また,あなた方月々初めは,エホバ焼燔捧げ物て,若い雄牛雄羊頭,きずない子羊それぞれもの差し出す+ 12  また,雄牛ため穀物捧げ物+湿らせ上等麦粉十分三[エファ],一雄羊+ため穀物捧げ物湿らせ上等麦粉十分二[エファ], 13  さらに子羊ため穀物捧げ物湿らせ上等麦粉それぞれ十分一[エファ]を,焼燔捧げ物,安らぎ香り+,エホバよる捧げ物て。 14  また,その飲み物捧げ物て,雄牛ためぶどうヒン+,雄羊ため三分ヒン+,雄子羊ため*ヒン+伴う。これそれぞれおけるごと焼燔捧げ物あり,一通し月々なされる+ 15  さらに,子やぎ+が,エホバ捧げ物て,常供焼燔捧げ物その飲み物捧げ物加えささげられるべきある+ 16  「『また,第月,その十四エホバ過ぎ越し行なわれる+ 17  そして,この十五祭り行なわれる。七あいだ酵母パン食べる+ 18  その最初なる大会+なされる。どんな労働仕事行なっならない+ 19  そしてあなた方は,火よる捧げ物,すなわちエホバ焼燔捧げ物+て,若い雄牛頭,雄羊頭,雄子羊それぞれもの差し出すよう+。それらあなた方とっきずないものあるべきある+ 20  また,それ伴う穀物捧げ物+ある湿らせ上等麦粉て,雄牛ため十分三[エファ],雄羊ため十分+[エファ]をささげる。 21  七子羊その子羊ために,それぞれ十分+[エファ]をささげる。 22  さらに,あなた方ため贖罪行なうため,罪捧げやぎ+ 23  朝ごと焼燔捧げ物,すなわち常供+焼燔捧げ物+ためものこれらささげる。 24  これ同じものそのあいだ毎日ささげて,エホバ安らぎ香り+なるパン+,火よる捧げ物する。常供焼燔捧げ物それささげられるべきある。またその飲み物捧げ物も[同様ある]。 25  そしてあなた方なる大会催すべきある+。どんな労働仕事行なっならない+ 26  「『また,熟し初物+,すなわちあなた方新しい穀物捧げ物エホバ差し出す,あなた方の[七]週祝祭+ときなる大会催すべきある。どんな労働仕事行なっならない+ 27  そしてあなた方は,エホバ安らぎ香りため焼燔捧げ物て,若い雄牛頭,雄羊頭,雄子羊それぞれもの差し出すよう+ 28  また,それ伴う穀物捧げ物て,油湿らせ上等麦粉を,雄牛ため十分三[エファ],雄羊ため十分+[エファ], 29  七子羊その子羊ためそれぞれ十分+[エファ]。 30  あなた方ため贖罪行なうため子やぎ+ 31  常供焼燔捧げまたそれ伴う穀物捧げ物これらささげる+。あなた方とっそれらきずないものあるべきあり+,飲み物捧げ物それ伴う+

脚注

出 12:6脚注参照。
「安息おけるその安息の」。サマ五,シリ訳,「安息ごとの」。
字義,「その子羊ために」,マソ本; 七十訳,「雄子羊ために」。