内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

民数記 27:1‐23

27  その​時,ツェロフハド​の​娘​たち​+が​近く​に​やっ​て​来​た。[ツェロフハド​は]ヘフェル​の​子,[ヘフェル​は]ギレアデ​の​子,[ギレアデ​は]マキル​の​子,[マキル​は]マナセ​+の​子​で,[これら​は]ヨセフ​の​子​マナセ​の​家族​に​属する​者​たち​で​あっ​た。そして,これ​が​その​娘​たち​の​名​で​あっ​た。すなわち,マフラ,ノア​と​ホグラ​と​ミルカ​と​ティルツァ+  そして​彼女​たち​は,モーセ​の​前,祭司​エレアザル​の​前+,長​たち​と​全​集会​の​前,会見​の​天幕​の​入口​の​ところ​に​立っ​て,こう​言っ​た。  「わたし​ども​の​父​は​荒野​で​死に​まし​た​が+,それでも​あの​集会​の​中,つまり​コラ​の​集会​に​加わっ​て​エホバ​に​逆らう​側​に​立っ​た​人々[の​中]に​入っ​て​い​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん+。ただ​自分​の​罪​の​ため​に​死ん​だ​の​です+。そして,息子​を​ひとり​も​持ち​ませ​ん​でし​た。  息子​が​い​なかっ​た​と​いう​理由​で,どうして​父​の​名​は​その​家族​の​中​から​取り去ら​れる​の​でしょ​う​か+。父​の​兄弟​たち​の​間​で​わたし​ども​に​も​どうか​所有​地​を​お与え​ください+」。  それ​を​聞い​て,モーセ​は​彼女​たち​の​訴え​を​エホバ​の​前​に​提出​し​た+  すると​エホバ​は​モーセ​に​この​よう​に​言わ​れ​た。  「ツェロフハド​の​娘​たち​の​述べる​こと​は​正しい。ぜひ​その​者​たち​に,父​の​兄弟​たち​の​中​に​あっ​て​相続​分​と​し​て​の​所有​地​を​得​させる​べき​で​ある。その​父​の​相続​分​を​彼女​たち​に​渡す​よう​に+  そして,あなた​は​イスラエル​の​子​ら​に​話し​て​こう​言う​べき​で​ある。『人​が​息子​を​持た​ず​に​死ん​だ​場合,あなた方​は​その​者​の​相続​分​を​その​娘​に​渡さ​ね​ば​なら​ない。  そして,もし​その​者​に​娘​も​い​なけれ​ば,その​相続​分​は​その​兄弟​たち​に​与える​よう​に。 10  また,もし​兄弟​も​い​なけれ​ば,その​者​の​相続​分​は​その​父​の​兄弟​たち​に​与える​よう​に。 11  また,もし​その​父​に​兄弟​が​い​なけれ​ば,その​相続​分​は​家族​の​中​で​一番​近い​血縁​の​者​+に​与え,その​者​が​これ​を​所有​する​よう​に。そして​これ​は​イスラエル​の​子​ら​の​ため​の​司法​上​の​決定​に​よる​法令​と​なる​の​で​ある。エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​とおり​で​ある』」。 12  続い​て​エホバ​は​モーセ​に​こう​言わ​れ​た。「この​アバリム​*の​山​+に​上り,わたし​が​イスラエル​の​子​ら​に​与える​はず​の​土地​を​見​なさい+ 13  それ​を​見​た​後,あなた​は​自分​の​民​の​もと​に​集め​られる​こと​に​なる+。あなた​自身​も,あなた​の​兄弟​アロン​が​集め​られ​た​の​と​同じ​よう​に+ 14  それ​は,チン​の​荒野​で,この​集会​の​者​たち​の​言い争い​の​際+,その​目​の​前​の​水​に​よっ​て​わたし​を​神聖​な​もの​と​する​こと​に​関し*+,あなた方​が​わたし​の​指示​に​背い​た​から​で​ある。それ​は​チン​の​荒野​+の​カデシュ​+に​おける​メリバ​の​水​+で​ある」。 15  その​時​モーセ​は​エホバ​に​話し​て​こう​言っ​た。 16  「あらゆる​肉​なる​もの​+の​霊​*+の​​で​あら​れる​エホバ​が,この​集会​の​者​たち​の​上​に​ひとり​の​人​+を, 17  すなわち,彼ら​に​先立っ​て​出​て​行き,彼ら​に​先立っ​て​入り,彼ら​を​連れ出し,彼ら​を​携え入れる​者​を​任じ​て​ください​ます​よう​に+。それ​は,エホバ​の​集会​の​者​たち​が​羊飼い​の​い​ない​羊​の​よう​に​なる​こと​の​ない​ため​です+」。 18  すると​エホバ​は​モーセ​に​言わ​れ​た,「あなた​の​ため​に,内​に​霊​+を​持つ​者​で​ある,ヌン​の​子​ヨシュア​を​選び取り​なさい。その​上​に​あなた​の​手​を​置く​の​で​ある+ 19  そして​彼​を​祭司​エレアザル​の​前,また​全​集会​の​前​に​立た​せ,その​目​の​前​で​任命​を​行なう​よう​に+ 20  こう​し​て​あなた​は​自分​の​尊厳​の​一部​を​彼​の​上​に​置く​の​で​ある+。それ​は,イスラエル​の​子​ら​の​全​集会​が​彼​に​聴き従う​ため​で​ある+ 21  そして,祭司​エレアザル​の​前​に​彼​は​立つ。[エレアザル]は​彼​の​ため,ウリム​+の​裁き​に​よっ​て​エホバ​の​前​に​問い尋ねる​の​で​ある+。彼​の​指示​の​もと​に[民]は​出​て​行き,彼​の​指示​の​もと​に[民]は​入っ​て​来る。彼​も,それ​と​共​なる​イスラエル​の​すべて​の​子​ら​も,全​集会​も[その​よう​に​する]」。 22  それ​で​モーセ​は​エホバ​から​命じ​られ​た​とおり​に​行なっ​た。すなわち,ヨシュア​を​選び取り,祭司​エレアザル​+の​前​と​全​集会​の​前​に​立た​せ, 23  自分​の​両手​を​その​上​に​置い​て​任命​を​行ない+,エホバ​が​モーセ​を​通し​て​話​さ​れ​た​とおり​に​し​た+

脚注

または,「境界​地」。
「わたし​を​神聖​な​もの​と​する​こと​に​関し」。次​の​訳​で​は​構文​が​幾分​異なる​が,この​部分​を​こう​読ん​で​いる; 七十訳,「わたし​を​神聖​な​もの​と​する​の​に,あなた方​が​わたし​を​神聖​な​もの​と​せ​ず」; ウル訳,「あなた方​が​わたし​を​神聖​な​もの​と​する​こと​を​願わ​ず」。
または,「すべて​の​肉​なる​もの​の​霊」。