内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 24:1‐25

24  バラムは,イスラエルすることエホバ善しされいる見ると,さきよう+不吉兆し*+見つけようそこから去っ行くことず,自分ただ荒野ほう向けた。  バラム上げて,イスラエルその部族ごと幕屋張っいる見る+,そのとき臨ん+  それ格言ことば+述べこう言った。 「ベオルバラム述べ言葉,閉ざさない*+強健男子*述べ言葉,   *言われること聞く述べ言葉+覆わ伏し+この+   ヤコブよ,あなたいかに麗しいことか。イスラエルよ,あなた幕屋+   奔ようそれ長く伸び+川辺ある*よう+エホバ植えじん香樹*ように,水辺あるよう+   彼二つ手おけから滴り落ち,多く傍らある+その+アガグ*+より高くなり,その王国高く上げられる+   エジプトから携え出し行く。野牛*素早い足どりその[歩み+]。もろもろ国民を,自分圧迫たち食い尽くす+そのしゃぶり+,矢*もっ彼ら打ち砕く+   彼かがめた。ライオン*よううずくまった。そうだ,ライオン*ように。だれあえてこれ起こすあろ+あなた祝福する祝福+あなたのろのろい受け+」。 10  これバラク怒りバラム対し燃え,彼その打ち鳴らし+。そしてバラクバラム言った,「わたし呪詛する+ためわたしあなた呼んだ。それなのに,見よ,あなたこうも,このなく彼ら祝福た。 11  さあ,自分走り帰るよい。わたしは,必ずあなた栄誉与える自ら言っ+,見よ,エホバあなた引きとどめ栄誉受けさせなかっだ」。 12  するとバラムバラクた,「あなたよこし使者たちわたしこう言わなかっでしょか。 13  『たとえバラク満ちわたし与えようも,わたしは,善いことせよ悪いことせよ,エホバ指示越え自分行なうことなどできない。どんなことエホバ話されること,それわたし話す+』と。 14  ですから,わたし自分ところ去っ行きます。さあ,わたしは,後このあなた対し行なうこと+知らせましょ+」。 15  そう格言ことば+述べこう言った。 「ベオルバラム述べ言葉,閉ざさない*強健男子*述べ言葉+ 16  *言われること聞く述べ言葉+それつい知識持つ者。覆わ伏し+この+ 17  わたし見るあろ+。今このない。わたし見つめるあろう。が,近くない。*+必ずヤコブから進み**まさしくイスラエルから起こる+そして必ずモアブこめかみ割り+戦乱*すべて頭蓋を[割る]。 18  そしてエドム所有される+そうだ,セイル+必ずその所有なる+イスラエルその勇気示すに。 19  また,従わせるヤコブから出る*+その都市生き残り必ず滅ぼす+」。 20  アマレク時,彼格言ことば続けこう言っ+ 「アマレク国民うち最初*+しかし,その終わりついに滅びなる*+」。 21  ケニ+時,彼格言ことば続けこう言った。 「あなた住まい永く保ち,あなた住みか*大岩据えられた。 22  しかしカイン*+き落とす出る。アッシリアあなたとりこ連れ去るまで+,それどれほどあろう」。 23  そして,彼自分格言ことばさらに続けこう言った。「災いだ! *それ来たらせる時,だれ生き残りよう+ 24  そして,キッテム+沿から来る。それ必ずアッシリア悩ます+まさしくエベル*悩ます。しかしついに滅びる」。 25  そのバラム起こしそこ去り,自分戻っ+。そしてバラク自分行った。

脚注

「不吉兆し」。または,「まじない」,すなわち,イスラエル対するもの。
「目閉ざさない」。または,「容赦ないもつ」。VT,第3巻,1953年,78,79ページ参照。また15参照。
強健男子」。ヘ語,ハッゲヴェル。男性人; ギ語,アントローポス; ラ語,ホモ
「神」。ヘ語,エール; 七十訳バグスター,「強大方」; ラ語,デイー。
「楽園<パラダイス>」,七十訳(ギ語,パラデイソイ,複),シリ訳。
「じん香樹」,マソ本。あるいは,「よく茂っ木; 大木」と読むしれない。七十訳,シリ訳,ウル訳,「天幕」。
「アガグ」,マソ本,シリ訳,ウル訳; サマ五,七十訳,「ゴグ」。
または,「バッファロー」。七十訳,「一角獣」; ウル訳,「さい」。
「矢」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「飛び道具」。
アフリカライオン。23:24,2の「ライオンように」の脚注参照。
アジアライオン。23:24,最初の「ライオンように」の脚注参照。
3,「閉ざさない」の脚注参照。
3,「男子」の脚注参照。
「神」。ヘ語,エール; ギ語,テウー; ラ語,デイー。
「星」,マソ本,サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳; タル,「王」。
または,「行進し」,マソ本,サマ五; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「起こり」。
「笏」,マソ本; ウル訳,「杖」; タル,「メシア」; 七十訳,「人」; シリ訳,「頭たる者」。
「戦乱ら」,エレ 48:45一致て; マソ本,サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳,「セツら」。
あるいは,「また,ヤコブ自分たち従わせる」と読むしれない。ウル訳,「支配するヤコブから出るあろう」。
または,「長; 始め」。
あるいは,「その終わり永久滅びることなる」と読むしれない。
または,「巣」。
すなわち,ケニ部族。
「神」。ヘ語,エール; ギ語,ホ テオス; ラ語,デウス。
「エベル」,マソ本,サマ五; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「ヘブライ人」(複)。「エベル」は向こう側,すなわち,ユーフラテス向こうもしくは指しいるしれない。