民数記 24:1‐25

24  バラムは,イスラエルを祝福することがエホバの目に善しとされているのを見ると,さきの時のように+不吉な兆し*+を見つけようとしてそこから去って行くことをせず,自分の顔をただ荒野のほうに向けた。  バラムが目を上げて,イスラエルがその部族ごとに幕屋を張っているのを見ると+,そのときの霊が彼に臨んだ+  それで彼は格言的なことば+を述べてこう言った。 「ベオルの子バラムの述べた言葉,目を閉ざされていない*+強健な男子*の述べた言葉,   *の言われることを聞く者が述べた言葉+目を覆わずに伏していた間に+彼は全能者のこの幻を見た+   ヤコブよ,あなたの天幕はいかに麗しいことか。イスラエルよ,あなたの幕屋は+   奔流の谷のようにそれは長く伸びた+川辺にある園*のように+エホバの植えたじん香樹*のように,水辺にある杉のように+   彼の二つの革の手おけからは水が常に滴り落ち,彼の種は多くの水の傍らにある+その王+もアガグ*+より高くなり,その王国は高く上げられる+   は彼をエジプトから携え出して行く。野牛*の素早い足どりがその[歩み+]。彼はもろもろの国民を,自分の圧迫者たちを食い尽くす+その骨をしゃぶり+,矢*をもって彼らを打ち砕く+   彼は身をかがめた。ライオン*のようにうずくまった。そうだ,ライオン*のように。だれがあえてこれを起こすであろう+あなたを祝福するのは祝福された者+あなたをのろうのはのろいを受けた者+」。 10  これを聞いてバラクの怒りはバラムに対して燃え,彼はその手を打ち鳴らした+。そしてバラクはバラムに言った,「わたしの敵を呪詛する+ためにわたしはあなたを呼んだ。それなのに,見よ,あなたはこうして三度も,この上なく彼らを祝福した。 11  さあ今,自分の所に走り帰るがよい。わたしは,必ずあなたに栄誉を与えると自ら言ったが+,見よ,エホバがあなたを引きとどめて栄誉を受けさせなかったのだ」。 12  するとバラムはバラクに言った,「あなたのよこした使者たちにわたしも話してこう言わなかったでしょうか。 13  『たとえバラクが銀や金の満ちた彼の家をわたしに与えようとも,わたしは,善いことにせよ悪いことにせよ,エホバの指示を越えて自分の心で何かを行なうことなどできない。どんなことでもエホバの話されること,それをわたしは話すのだ+』と。 14  ですから今,わたしは自分の民のところへ去って行きます。さあ,わたしは,後の日にこの民があなたの民に対して行なうこと+を知らせましょう+」。 15  そうして彼は格言的なことば+を述べてこう言った。 「ベオルの子バラムの述べた言葉,目を閉ざされていない*強健な男子*の述べた言葉+ 16  *の言われることを聞く者が述べた言葉+それは至高者についての知識を持つ者。目を覆わずに伏していた間に+彼は全能者のこの幻を見た+ 17  わたしは彼を見るであろう+。今この時にではない。わたしは彼を見つめるであろう。が,近くにではない。*+が必ずヤコブから進み出**がまさしくイスラエルから起こる+そして彼は必ずモアブのこめかみを割り+戦乱の子ら*すべての頭蓋を[割る]。 18  そしてエドムは必ず所有物とされる+そうだ,セイル+は必ずその敵の所有となる+イスラエルがその勇気を示す時に。 19  また,従わせる者がヤコブから出る*+彼はその都市の生き残りの者を必ず滅ぼす+」。 20  アマレクを見た時,彼は格言的なことばを続けてこう言った+ 「アマレクは諸国民のうちの最初の者*+しかし,その終わりはついに滅びとなる*+」。 21  ケニ人+を見た時,彼は格言的なことばを続けてこう言った。 「あなたの住まいは永く保ち,あなたの住みか*は大岩の上に据えられた。 22  しかしカイン*+を焼き落とす者が出る。アッシリアがあなたをとりこにして連れ去るまで+,それはどれほどであろう」。 23  そして,彼は自分の格言的なことばをさらに続けてこう言った。「災いだ! *がそれを来たらせる時,だれが生き残り得よう+ 24  そして,キッテム+の沿岸からの船が来る。それは必ずアッシリアを悩ます+まさしくエベル*を悩ます。しかし彼もついには滅びる」。 25  その後バラムは身を起こしてそこを去り,自分の所に戻った+。そしてバラクも自分の道を行った。

脚注

「不吉な兆し」。または,「まじない」,すなわち,イスラエルに対するもの。
「目を閉ざされていない」。または,「容赦しない目をもつ」。VT,第3巻,1953年,78,79ページ参照。また15節も参照。
強健な男子」。ヘ語,ハッゲヴェル。男性的な人; ギ語,アントローポス; ラ語,ホモ
「神」。ヘ語,エール; 七十訳バグスター,「強大な方」; ラ語,デイー。
「楽園<パラダイス>」,七十訳(ギ語,パラデイソイ,複),シリ訳。
「じん香樹」,マソ本。あるいは,「よく茂った木; 大木」と読むのかもしれない。七十訳,シリ訳,ウル訳,「天幕」。
「アガグ」,マソ本,シリ訳,ウル訳; サマ五,七十訳,「ゴグ」。
または,「バッファロー」。七十訳,「一角獣」; ウル訳,「さい」。
「矢」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「飛び道具」。
アフリカライオン。23:24,2番目の「ライオンのように」の脚注参照。
アジアライオン。23:24,最初の「ライオンのように」の脚注参照。
3節,「閉ざされていない」の脚注参照。
3節,「男子」の脚注参照。
「神」。ヘ語,エール; ギ語,テウー; ラ語,デイー。
「星」,マソ本,サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳; タル,「王」。
または,「行進し」,マソ本,サマ五; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「起こり」。
「笏」,マソ本; ウル訳,「杖」; タル,「メシア」; 七十訳,「人」; シリ訳,「頭たる者」。
「戦乱の子ら」,エレ 48:45と一致させて; マソ本,サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳,「セツの子ら」。
あるいは,「また,ヤコブは自分の敵たちを従わせる」と読むのかもしれない。ウル訳,「支配する者がヤコブから出るであろう」。
または,「長; 始め」。
あるいは,「その終わりは永久に滅びることになる」と読むのかもしれない。
または,「巣」。
すなわち,ケニ人の部族。
「神」。ヘ語,エール; ギ語,ホ テオス; ラ語,デウス。
「エベル」,マソ本,サマ五; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「ヘブライ人」(複)。「エベル」は向こう側,すなわち,ユーフラテス川の向こう側の地もしくは民を指しているのかもしれない。