内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 23:1‐30

23  そのバラムバラク言った,「わたしためこの七つ祭壇築き+,この雄牛雄羊用意ください」。  バラクすぐバラムとおりた。そのバラクバラム祭壇*雄牛雄羊ささげ+  バラムさらにバラクた,「あなた焼燔捧げそば立っください+。わたし行っます。エホバわたし接触持たれ,会っくださるしれませ+。そうたら,どんなこと示しくださることわたし必ずあなたます」。そうは,裸進ん行った。  接触持たれる+,そのバラムは[]にこう言った。「わたし七つ祭壇並べて,各祭壇雄牛雄羊ささげまし+」。  するとエホバ*バラム言葉入れ+こう言わた。「バラクところ帰りなさい。あなたこのよう話す+」。  それ戻っみると,見よ,[バラク]とモアブすべてたち焼燔捧げそば立った。  そこで格言ことば+述べこう言った。 「アラム*+から,モアブバラクわたし連れようた。[わたしを]東山々から。『ぜひて,わたしためヤコブのろえ。ぜひて,イスラエル糾弾せよ+』と。   *呪詛ないたちどうして呪詛できよう+そうだ,エホバ糾弾ないたちどうして糾弾できよう+   岩からわたし彼ら*見,からわたしこれ眺める。見よ,彼ら*ひとつから離れ幕屋張り+自分たち諸国数えない+ 10  だれヤコブ数えあろ+だれイスラエル数え*あろか。わたし廉直遂げよ+わたし終わりついにその*[終わり]と同じなれ+」。 11  これバラクバラム言った,「あなたいうことです。わたし呪詛するためお連れに,彼らこのなく祝福れる+」。 12  それ答え言った,「どんなことエホバわたし入れくださること,それわたし話すよう付けるべきありませ+」。 13  そのバラク言った,「どうかぜひ,彼ら見える場所わたし一緒ください。彼らほうだけ見え+,その全体見えないでしょう。そしてわたしため彼らそこから呪詛ください+」。 14  そうツォフィム野,ピスガ+連れ行き,七つ祭壇築いて,各祭壇雄牛雄羊ささげはじめ+ 15  そののちバラク言った,「あなたここ自分焼燔捧げそば立っください。わたしほうは,あちらで[]と接触持たせください」。 16  そのすぐエホバ*バラム接触持たれ,彼言葉入れこう言わ+。「バラク+ところ帰りなさい。あなたこのよう話す」。 17  それみると,見よ,[バラク]はその焼燔捧げそば立ち,モアブたちた。そしてバラク言った,「エホバ話さましか」。 18  そこで格言ことば述べこう言っ+ 「バラクよ,立っ聴け。チッポル+よ,さあ,わたし向けよ。 19  *ないゆえに偽り語ることなく+ないゆえに悔やむことない+自ら述べそれ行なわず,自ら語っそれ果たさないことあろ+ 20  見よ,わたし祝福するため連れられ*そして[]は祝福述べられ*+。わたしこれ翻すことない+ 21  []はヤコブ対する怪異*+ず,イスラエル迫る難儀なかった。そのエホバおり+歓呼そのある。 22  *彼ら*エジプトから携え出し行く+野牛*よう素早い足どりその[歩み+]。 23  ヤコブする不吉まじないなく+イスラエル敵する占いないからある+こそヤコブイスラエル関し言いよう,『何いうこと*なさか』と+ 24  見よ,民ライオンよう*起き上がり,ライオンよう*もたげる+それ獲物食らうまで伏すことなく,打ち殺さものそれ飲む+」。 25  これバラクバラム言った,「もしあなたどうして呪詛できないあれば,祝福べきありません」。 26  するとバラムバラク言った,「わたしあなた話さなかっでしょか。『すべてエホバ話されること,それわたし行なうです+』と」。 27  そこでバラクバラムた,「どうかください。もう一つ場所お連れましょう。それは[まことの]正しいことされるしれません。そしてあなたきっとわたしためそこから呪詛くださるでしょ+」。 28  そしてバラクエシモン+するペオルバラム連れ行った。 29  するとバラム+バラクた,「わたしためこの七つ祭壇築き,この雄牛雄羊用意ください+」。 30  それバラクバラムとおり行なった。彼祭壇雄牛雄羊ささげいっ+

脚注

「各祭壇に」。字義,「祭壇(単)のに」,マソ本,サマ五,七十訳; シリ訳,「祭壇(複)のに」。
「エホバ」,マソ本; サマ五,「エホバみ使い」; 七十訳,「神」。
「アラム」,マソ本,サマ五,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「メソポタミア」。
「神」。ヘ語,エール; ギ語,キュリオス,「エホバ」; ラ語,デウス。
字義,「彼」,すなわち,一つヤコブもしくはイスラエル。
字義,「彼」。
「イスラエル幾万数えた」と読むべきしれない。
「その(彼らの)」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,サマ五,「彼の」。
5脚注参照。
「神」。ヘ語,エール; ギ語,ホ テオス; ラ語,デウス。
「わたし祝福するため連れられた」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「わたし祝福するように[命令を]受けた」。
「[神]は祝福述べられた」,マソ本; サマ五,七十訳,「わたし祝福述べる」。
「怪異力」。または,「禁忌状態」。
「神」。ヘ語,エール; ギ語,テオス; ラ語,デウス。
「彼ら」,マソ本,サマ五,七十訳,シリ訳; ウル訳,「彼」。
または,「バッファロー」。七十訳,「一角獣」; ウル訳,「さい」。
「神」。マソ本,サマ五(ヘ語),エール; ギ語,ホ テオス; ラ語,デウス。
ライオンように」。ヘ語,ケラーヴィー。アジアライオン。
ライオンように」。ヘ語,ウェカアリー。アフリカライオン。