内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 22:1‐41

22  次いイスラエルそこ旅立って,エリコからヨルダン渡っところモアブ砂漠平原+宿営た。  そして,チッポルバラク+は,イスラエルアモリ行なっすべてた。  そのためモアブこのこと非常恐れ驚くようなった。彼ら多かっためある。モアブイスラエル対しむかつくよう怖れ覚えるあっ+  それモアブミディアン+年長たちこう言った。「今に,この会衆*は,牛青物なめ尽くすよう我々周囲ことごとくなめ尽くししまうだろう」。 さて,チッポルバラク+そのモアブあった。  そこでペトル+いるベオルバラム+もと使者送った。そこその土地*+近くあっが,彼呼んこう言っある。「見ください,ひとつエジプトからました。見ください,彼ら見渡すかぎり覆っ*しまいまし+。そして,わたし真ん前住んます。  ですから今,どうかください。わたしため是非こののろっください+。彼らわたしより強大です。もしかたら,わたし彼ら討つことでき,彼らこの土地から追い出せるしれません。わたしよく知っいるです。あなた祝福する祝福あり,あなたのろのろわいうこと+」。  それで,モアブ年長たちミディアン年長たち占いため支払うもの+携え旅行し,バラム+もと行って,バラク言葉これ話した。  するとそのたち言った,「今夜ここ泊まりなさい。そうたら,わたし必ずエホバれるとおり返事ます+」。そこでモアブたちバラムもととどまった。  そのときバラムもとて,こう言わ+。「あなたもといるこの人々だれか」。 10  それバラムは[まことの]言った,「モアブある,チッポルバラク+わたしところ使いよこして,こう申しまし* 11  『見ください,エジプトから来るです。そのたち届くかぎり覆っます+。今,ぜひて,わたしため彼ら呪詛ください+。もしかたらわたし彼ら戦うことでき,実際彼ら追い出せるしれません』」。 12  しかしバラム言わた,「あなたそのたち行っならない。こののろっならない+。彼ら祝福たちからある+」。 13  そのバラム起き,バラクたちこう言った。「あなた方戻りなさい。エホバは,わたしあなた方行くこと拒まからです」。 14  それモアブたち立っバラクところ戻り,「バラムわたしたち来ること拒みまし+」と言った。 15  ところが,バラク再びたち遣わした。前より多く,いっそう誉れあるたちある。 16  そこでそのたちバラムところて,こう言った。「チッポルバラクこのよう申しました。『どうか手間取らください。 17  わたし必ずあなた大きな栄誉与え+,あなた言われることすべて行ないます+。ですから,どうか,ぜひください。わたしためこのぜひとも呪詛ください』」。 18  しかし,バラムバラクたち答えこう言った。「たとえバラク満ちわたし与えようも,わたし自分エホバ指示越えは,小さな大きな行なえませ+ 19  ですから今,どうかあなた方今夜こことどまり,エホバさらに話されるわたし分かるようください+」。 20  そののち*うちバラムところて,こう言わた。「あなた呼ぶためこの人々あれば,立って,共行きなさい。ただし,わたしあなた話す言葉,ただそれだけあなた話し+」。 21  そのバラム起き,自分雌ろば置いて,モアブたち出かけ行っ+ 22  すると,彼出かけ行っため*怒り燃えた。そして,エホバみ使い抵抗よう道路*立っ+。ところ自分雌ろば乗り,二従者*一緒た。 23  それろばは,エホバみ使い抜い道路立っいる+。そのためろば道路からそれ入ろた。しかしバラムは,ろば道路寄らようこれ打ちはじめた。 24  するとエホバみ使いぶどう狭いじっ立った。こちらへい,向こうへいあった。 25  それ雌ろばエホバみ使い引き続き見,そのへい押し付け,こうバラムへい押し付けるあった。そのためは[ろば]をさらに打ちたたいた。 26  次いエホバみ使い再びそば通り越し行っ狭まっ場所立った。そこよけるなかった。 27  雌ろばエホバみ使いて,今度バラム乗せままうずくまった。そのためバラム怒り燃え+,自分ろばたたいた。 28  ついにエホバろば開かため+,それバラムこう言った。「わたししたために,あなたこうわたしたたくです+」。 29  これ対しバラムろば言った,「お前わたし無情ことするからだ。わたしありさえたら! 今ごろお前殺しだろ+」。 30  すると雌ろばバラム言った,「わたしあなた雌ろばで,今日このまであなたずっ乗っこらありませか。わたし常々あなたこのようことあるでしょ+」。これ対しは,「いや,ない!」と言った。 31  そしてエホババラムから覆い除かれる+,彼も,エホバみ使い抜い道路立っいる見えた。直ちに低くかがめ,顔平伏た。 32  するとエホバみ使い言った,「どうしてあなた自分雌ろばこう打ちたたいか。見よ,わたしは,あなた抵抗するためた。あなたわたし意志真っ向から逆らっ*からある+ 33  そしてこの雌ろばわたし見,これまでわたしよけよう+。それわたしよけようなかったら*[どうだっあろか]。今ごろもうあなた殺ししまい+,[ろば]だけ生かしおいことあろう」。 34  それ聞いバラムエホバみ使い言った,「わたしおかしまし+。あなた道路立っわたし会おおられること知らなかっです。それ今,これあなたから悪いことでしたら,来引き返さください」。 35  しかしエホバみ使いバラム言った,「この人々一緒行きなさい+。ただし,わたし話す以外言葉あなた話しいけない+」。それバラムそのままバラクたち進ん行った。 36  バラクは,バラムこと聞くと,モアブ都市迎えるため直ちに行った。それアルノン岸辺あり,その領地ある+ 37  そうバラクバラム言った,「あなたお呼びするため,わたし確か使いやっではありませか。どうしてくださらなかっですか。わたし実際あなた栄誉与えることできないいうです+」。 38  これ対しバラムバラク言った,「さあ,わたしあなたところ参りました。一体わたし語れるでしょ+わたし置いくださる言葉,それわたし話すです+」。 39  それバラムバラク一緒出かけ行き,一行キルヤトフツォトた。 40  それからバラク犠牲ささげ+,その幾らかバラムおよびそれたち送った。 41  そしてなっから,バラクバラム連れ行き,彼バモトバアル*+上らた。民全体そこから見せるためあっ*+

脚注

「この会衆」,サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「その会衆」。
「川」,明らかユーフラテス指しいる。
「見渡すかぎり覆って」。字義,「地覆って」。
「こう申しました」,七十訳,シリ訳,ウル訳。
「神」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; サマ五,「神み使い」。
「神」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; サマ五,および一つヘブライ写本,「エホバ」。
字義,「彼対する抵抗道路に」。
または,「少年; 若者」。
「真っ向から逆らった」。七十訳,「優美(魅力的; 善良)でない」; ウル訳,「ゆがんいる」。
「それが……しなかったら」,七十訳; ウル訳,「この雌ろばが……しなかったら」; マソ本,「もしかそれが……したら」。
「バモトバアル」。「バアル高き所」の意。カナンバアル普通,特定場所結びつき示す付いた。そのように,バアルヘルモン,バアルハツォル,バアルツェフォンなど地名そのものなった。
または,「そして全体そこからた」。