内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

民数記 21:1‐35

21  さて,カナン​人​で​アラド​の​王​+で​ある​者​が​ネゲブ​*+に​住ん​で​い​た​が,その​者​は,イスラエル​が​アタリム​を​通っ​て​やっ​て​来​た​こと​を​聞い​た。それ​で​彼​は​イスラエル​に​対し​て​戦い​を​始め,その​幾​人​か​を​とりこ​に​し​て​連れ去っ​た。  その​ため​イスラエル​は​エホバ​に​誓約​を​し​て​こう​言っ​た+。「もし​あなた​が​この​民​を​間違い​なく​わたし​の​手​に​与え​て​くださる​の​でし​たら,わたし​は​必ず​彼ら​の​諸​都市​を​滅び​の​ため​に​ささげる​こと​に​し​ます+」。  すると​エホバ​は​イスラエル​の​声​を​聴き入れ,それら​の​カナン​人​を​渡さ​れ​た。それで[イスラエル]は​彼ら​と​その​諸​都市​と​を​滅び​の​ため​に​ささげ​た。その​ため​彼ら​は​その​場所​の​名​を​ホルマ​*+と​呼ん​だ。  彼ら​が​ホル​山​+から​の​旅​を​続け,紅海​の​道​を​通っ​て​エドム​の​地​+を​う回​し​て​い​た​時​に,民​の​魂​は​その​道​の​ため​に​すっかり​疲れる​よう​に​なっ​た。  そして​民​は​​と​モーセ​+に​対し​て​しきり​に​言い逆らう​の​で​あっ​た+。「どうして​あなた方​は​わたしたち​を​エジプト​から​連れ出し​て​来​て​荒野​で​死な​せる​の​か+。パン​も​水​も​ない​で​は​ない​か+。わたしたち​の​魂​は​この​卑しむ​べき​パン​に​うんざり​し​た+」。  それ​で​エホバ​は​民​の​中​に​毒蛇​*を​送り+,それら​が​民​を​次々​に​かん​だ​ため,イスラエル​の​多く​の​民​が​死ん​だ+  ついに​民​は​モーセ​の​ところ​に​来​て,こう​言っ​た。「わたしたち​は​罪​を​おかし​まし​た+。エホバ​に​対し,また​あなた​に​対し​て​言い逆らっ​たり​し​た​から​です。これら​の​蛇​を​わたしたち​から​取り除い​て​くださる​よう,エホバ​に​執り成し​を​し​て​ください+」。それ​で​モーセ​は​民​の​ため​に​執り成し​を​始め​た+  すると​エホバ​は​モーセ​に​こう​言わ​れ​た。「あなた​の​ため​に​火​の​へび​*を​造り,それ​を​旗ざお​の​上​に​取り付け​よ。そして,だれ​で​も​かま​れ​た​なら,必ず​これ​を​見,それ​に​よっ​て​生き長らえる​の​で​ある+」。  モーセ​は​直ちに​銅​の​蛇​を​造り+,それ​を​旗ざお​の​上​に​取り付け​た+。すると,蛇​が​人​を​かん​だ​場合​で​も,その​銅​の​蛇​を​見つめる​と+,その​人​は​生き長らえる​の​で​あっ​た+ 10  その​後,イスラエル​の​子​ら​は​そこ​を​旅立ち,オボト​+に​宿営​し​た。 11  次い​で,オボト​を​旅立っ​て,イエ​・​アバリム*+,すなわち​モアブ​に​面し,日​の​出​の​ほう​に​向かう​荒野​に​宿営​し​た。 12  そこ​から​旅立つ​と,ゼレド​の​奔流​の​谷​+の​そば​に​宿営​を​張っ​た。 13  そこ​から​旅立つ​と,アルノン​+地方​に​宿営​する​こと​に​なっ​た。それ​は​アモリ​人​の​境​から​ずっ​と​広がる​荒野​の​中​で​ある。アルノン​は​モアブ​の​境界​で​あり,モアブ​と​アモリ​人​と​の​間​に​ある​から​で​ある。 14  その​ため​に“エホバ​の​戦い”の​書​に​は​こう​述べ​られ​て​いる。 「スファ​の​ワヘブ​*と​アルノン​の​奔流​の​谷* 15  また​それら​の​奔流​の​谷​の​出口,それ​は​アル​+の​所在​地​に​向かっ​て​曲がり,モアブ​の​境​に​傾く」。 16  次い​で​そこ​から​ベエル​*+へ。これ​が,「民​を​集めよ。わたし​は​彼ら​に​水​を​与え​よう+」と​エホバ​が​モーセ​に​言わ​れ​た​その​井戸​で​ある。 17  その​時​イスラエル​は​この​歌​を​歌い​はじめ​た+「井戸​よ,わき上がれ! 民​よ,それ​に​こたえ​よ! 18  井戸,君​たち​が​それ​を​掘り,民​の​高貴​な​者​たち​*が​それ​を​うがっ​た。司令​者​の​杖+,彼ら​自ら​の​杖​を​もっ​て*」。 次い​で​その​荒野​から​マタナ​へ。 19  また,マタナ​から​ナハリエル​へ,ナハリエル​から​バモト​+へ。 20  そして​バモト​から​モアブ​の​野+の​谷​へ,ピスガ​+の​頭​の​ところ​に。それ​は​エシモン​*+の​正面​に​向かっ​て​突き出​て​いる。 21  イスラエル​は​ここ​で,アモリ​人​の​王​シホン​+に​使者​たち​を​送っ​て,こう​言っ​た。 22  「あなた​の​土地​を​通ら​せ​て​ください。わたしたち​は​道​を​それ​て​畑​や​ぶどう​園​に​入っ​たり​は​し​ませ​ん。井戸​の​水​も​飲み​ませ​ん。あなた​の​領地​を​通り抜ける​まで​王​の​道路​を​進む​の​です+」。 23  だが,シホン​は​イスラエル​が​自分​の​領地​を​通る​こと​を​許さ​なかっ​た+。むしろ​シホン​は​自分​の​すべて​の​民​を​集め,荒野​で​イスラエル​を​迎え撃つ​ため​に​出​て​来​た。そして,ヤハツ​+まで​来​て,イスラエル​と​戦い​はじめ​た。 24  それ​に​対し,イスラエル​は​剣​の​刃​で​彼​を​討ち+,彼​の​土地​を​アルノン​+から​ヤボク​+まで,アンモン​の​子​ら​の​近く​まで​を​手​に​入れ​た+。ヤゼル​*+は​アンモン​+の​子​ら​の​境​な​の​で​ある。 25  それ​で​イスラエル​は​これら​の​すべて​の​都市​を​取っ​た。そして​イスラエル​は,アモリ​人​+の​すべて​の​都市,すなわち​ヘシュボン​+と​それ​に​依存​する​すべて​の​町々​*に​住む​よう​に​なっ​た。 26  ヘシュボン​は​シホン​+の​都市​だっ​た​の​で​ある。彼​は​アモリ​人​+の​王​で​あり,以前​に​モアブ​の​王​と​戦っ​て,その​手​から​すべて​の​土地​を​アルノン​+に​至る​まで​取っ​た​の​で​ある。 27  その​ため​に,あざけり​の​詩​を​口​に​する​者​たち​*は​こう​言う​の​で​あっ​た。 「ヘシュボン​に​来たれ。シホン​の​都市​は​築か​れ​て,堅く​据え​られ​た​所​と​なれ。 28  火​が​ヘシュボン​から+,炎​が​シホン​の​町​から​出​た​から​だ。それ​は​モアブ​の​アル​+*,アルノン​の​高き所​を​持つ​者​たち​を​焼き尽くし​た。 29  モアブ​よ,お前​は​災い​だ! ケモシュ​+の​民​よ,お前​は​必ず​滅びる!彼​は​自分​の​息子​たち​を​逃れ出​た​者​と​し​て,また​その​娘​たち​を​捕らわれ​の​者​と​し​て​必ず​アモリ​人​の​王​シホン​に​与える。 30  さあ,彼ら​を​撃つ​の​だ。ヘシュボン​は​ディボン​+に​至る​まで​必ず​滅び,女​たち​*は​ノファハ​まで,男​たち​は​メデバ​+に​至る​まで[滅びる*]」。 31  こう​し​て​イスラエル​は​アモリ​人​の​地​に​住む​よう​に​なっ​た+ 32  次い​で​モーセ​は​人​を​やっ​て​ヤゼル​+を​探ら​せ​た。そして​彼ら​は​そこ​に​依存​する​町々​を​攻略​し,そこ​に​い​た​アモリ​人​を​立ち退か​せ​た+ 33  その​のち​彼ら​は​向き​を​転じ,バシャン​の​道​を​上っ​て​行っ​た+。これ​に​対し,バシャン​の​王​オグ+,すなわち​彼​と​その​すべて​の​民​は,彼ら​を​迎え撃と​う​と​し​て​エドレイ​+の​戦い​に​出​て​来​た。 34  その​時​エホバ​は​モーセ​に​言わ​れ​た,「彼​を​恐れ​て​は​いけ​ない+。わたし​は​彼​と​その​すべて​の​民​また​その​土地​を​必ず​あなた​の​手​に​与える​から​で​ある+。あなた​は​彼​に​対し,ヘシュボン​に​住ん​で​い​た​アモリ​人​の​王​シホン​に​対し​て​行なっ​た​と​同じ​よう​に​し​なけれ​ば​なら​ない+」。 35  それで[イスラエル]は​彼​と​その​子​ら​また​その​すべて​の​民​を​討っ​て,その​もと​に​ひとり​と​し​て​生存​者​が​残ら​ない​まで​に​し​た+。こう​し​て​彼ら​は​その​土地​を​手​に​入れ​て​いっ​た+

脚注

または,「南」,すなわち,約束​の​地​の​南部。
「滅び​の​ため​に​ささげる​こと」の​意。ヘ語,ホルマー; ギ語,アナテマ; ウル訳,「ホルマ,すなわち,破門<アナテマ>」。
または,「火​の(炎症​を​起こさ​せる)蛇」。七十訳,「死​を​もたらす​蛇」; ウル訳,「火​の​蛇」。8​節参照。
字義,「火​の[へび]」。ヘ語,サーラーフ。6​節では「毒」; マソ本​は​ここ​で「へび」を​省い​て​いる; ギ語,オフィン,「蛇」; ラ語,セルペンテム。
「渡り場(横断​箇所)の​廃虚; 境界​地方(向こう​側​の​地域)の​廃虚」の​意。その​正確​な​場所​は​分から​ない​が,ゼレド​の​奔流​の​谷​の​近く​で​あっ​た。
アルノン​の​奔流​の​谷​に​近い​どこ​か​の​場所​で​あっ​た​と​思わ​れる。
「紅海​で​行なわ​れ​た​よう​に,[神​は]アルノン​の​奔流​に​おい​て​も​行なわ​れる​で​あろ​う」,ウル訳。
「井戸; 坑」の​意。
「高貴​な​者​たち」。または,「寛大​な​与え手​たち」。
または,「司令​者​と​共​に,彼ら​の​支配​者​たち​と​共​に」。
「砂漠(荒野)」,七十訳,ウル訳。
「ヤゼル」,七十訳。多分,元​の​本文​を​反映​し​て​いる。(32​節と​比較。)字義,「強い」。ヘ語,アズ; ウル訳,「(境​は)強い​守備​隊​に​よっ​て​守ら​れ​て​いる」。
「それ​に​依存​する​すべて​の​町々」。字義,「その​すべて​の​娘​たち」。
「あざけり​の​詩​を​口​に​する​者​たち」。または,「箴言​を​語る​者​たち; 吟遊​詩人​たち」。
「モアブ​人​の​アル​を」,ウル訳; 七十訳,「モアブ​まで」。
「女​たち」,七十訳。
「女​たち​は……[滅びる]」,この​行​に​特殊​符号​を​付け​た​ソフェリム​の​本文​批評​に​よる。特殊​符号​を​無視​すれ​ば,この​句​は​次​の​よう​に​読める。「さあ,それ​を,メデバ​に​近い​ノファハ​まで​荒廃​さ​せる​の​だ」。付録2イ参照。