内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 19:1‐22

19  それからエホバモーセアロン話しこう言わた。  「これエホバ命じ律法よる法令ある。こう言わた。『イスラエル話して,あなたために,きずない赤い雌牛*,その欠陥なく+,くびき掛けことないもの取らなさい+  そしてあなた方それ祭司エレアザル与えるように。彼それ引い行っ宿営出し,次いそれほふらならない*  そののち祭司エレアザルその幾らか取り,その幾らか会見天幕正面向けまっすぐはね掛けるよう+  また,その雌牛焼かならない*。そのその焼かれる*+  そして祭司杉材+ヒソプ+えんじむし緋色+取り,それ雌牛焼けいるその投げ込まならない。  次い祭司自分洗い,身浴びるように。そののち宿営入っい。しかし,その祭司夕方まで汚れされる。  「『また,それ焼い自分洗う。そして,その浴びなけれならない+。その夕方まで汚れされる。  「『次いで,ひとり清いその雌牛+取り集め,それ宿営清い場所置くように。それは,イスラエル集会ため,清め*ため保たれるものなるある+。それ捧げ物ある。 10  そして,その雌牛集め自分洗わならない。その夕方まで汚れされる+ 「『そしてこれは,イスラエルその外国住む外人居留ため,定めない至る法令されるよう+ 11  すべて人間*死体触れ+は,七あいだ汚れることなる+ 12  そのそれもっ+浄めるべきあり,こう清いなる。しかし,もし浄めないならば,七なっ清いならない。 13  死体に,すなわちどのよう死ん場合あれその*触れ,そののち浄めないエホバ幕屋汚しあり+,その*イスラエルから断たならない+。清め+その振り掛けられないゆえに,彼汚れままある。彼汚れ依然そのある+ 14  「『これ天幕死ん場合律法ある。すなわち,すべてその天幕入る者,またすべてその天幕いるあいだ汚れなる。 15  そして,ふたくくり付けられない*開い+すべて汚れものされる。 16  また,野原おいて,剣殺さ+,死体,人+,あるいは埋葬触れ皆,七あいだ汚れなる。 17  そして人々は,その汚れために,さき捧げ物燃え幾らか取り,器その流れる掛けるように。 18  次いひとり清い+ヒソプ+取り,それその浸し,その天幕すべてそこに,また骨,殺さ者,死体,あるいは埋葬触れそれはね掛けるように。 19  そして,その清いは,三それその汚れはね掛け,こうそのから浄められなけれならない+。彼自分洗い,水浴びるように。彼その夕方清いされる。 20  「『しかし,汚れいる自分浄めないいるならば,その会衆から断たならない+。エホバなる汚しからある。清めその振り掛けられなかった。その汚れいる。 21  「『そして,これ彼らとっ定めない至る法令されならない。すなわち,清めはね掛ける者,またその清め触れ自分洗うよう+。その夕方まで汚れある。 22  そして,その汚れ触れすべて汚れものなり+,それ触れ夕方まで汚れなる+』」。

脚注

または,「赤い若牛」,すなわち,まだ産んことない若い雌牛。
字義,「次いは(人は)それを……ほふらならない」,マソ本; 七十訳,「次い彼らそれを……ほふる」。
字義,「または(人は)その若い雌牛を……焼かならない」,マソ本; 七十訳,「また彼らそれを……焼き尽くす」。
字義,「血そのは(人は)焼く」,マソ本; 七十訳,「血その焼かれる」。
または,「月経とき用いられる水」。
「人間魂」。字義,「地魂」。ヘ語,ネフェシュ アーダーム; ギ語,プシュケース アントロープー。
に」,明らかに,死ん指す。ヘ語,ベネフェシュ; ギ語,プシュケース; ラ語,アニマエ
「魂」,明らかに,生きいる指す。ヘ語,ハンネフェシュ; ギ語,プシュケー; シ語,ナフシャー。
「ふたくくり付けられないで」,七十訳; マソ本,「ひも付いふたない」。