内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 16:1‐50

16  その後,レビ+コハト+あるイツハル+コラ+が,エリアブ+ダタン+アビラム+,およびペレトオン,すなわちルベン+立ち上がっ*  そして彼らは,すなわち彼らイスラエルうち二百五十モーセ立ち上がった。それら集会たるたち,集まり呼ば者,名ある人々*あった。  そう彼らモーセアロン敵し+集合し,そのふたり対しこう言った。「あなた方こともう沢山だ。集会全体そのだれなるあり+,エホバそのおられる+。それなのに,どうしてあなた方自分エホバ会衆高める+」。  それ聞いて,モーセ直ちにひれ伏した。  それから,コラおよび集会話しこう言った。「朝なれば,エホバは,だれご自分属し+,だれなる+で,だれご自分近づくべき+お知らせなります。だれそのお選びなる+近づくことなります。  こうください。コラその集会+は,それぞれ自分ため火取り+取り,  明日,エホバそれ入れ,その置いください。エホバお選びなる+,それなるいうことなります。レビたち+,あなた方ついそれ十分です!」  モーセさらにコラこう言った。「レビたちよ,どうか聴いください。  イスラエルあなた方イスラエル集会から取り分け+ご自分もと来させ,エホバ幕屋おける奉仕行ない,集会立っ彼ら仕えるようさせこと+ 10  そして,あなたを,またレビあなたいるあなたすべて兄弟たち近く来させるいうこと,これあなた方とっそれほど小さなですか。そのために,あなた方は,祭司自分ものなけれならないいうです+ 11  これよって,あなたも,集い寄っいるあなた集会すべても,エホバ対し逆らっいるです+。アロンついも,彼どういうあなた方対しつぶやくです+」。 12  後モーセエリアブダタンアビラム+呼びやっが,彼らこう言うあった。「我々上っ行かない+ 13  あなた我々流れるから連れ出し荒野死なようする+,これささいだろか。しかも我々対し全くごとく振る舞おする+ 14  実際,あなた流れる我々携え入れなどない+。それよっぶどう相続与えくれわけない。あなたあの人々くじり取ろでもいるか。我々上っ行かない!」 15  これ聞いモーセ非常怒り,エホバこう言った。「彼ら穀物捧げ物向けないください+。雄ろばいえわたし彼らから取り上げことなく,彼ら加えことありませ+」。 16  それからモーセコラ+言った,「あなたあなた集会すべて者,あなた彼らアロンは,明日エホバなさい+ 17  そして,各々自分火取り取るように。あなた方その置き,各自自分火取りを,二百五十火取りエホバ差し出さならない。あなたアロンそれぞれ自分火取りを」。 18  それ彼ら各々自分火取り取り,それ載せ,その置いて,モーセおよびアロン会見天幕入口立った。 19  コラその*集会全員集め+,会見天幕入口彼ら向かわせると,そのエホバ栄光集会全体現われ+ 20  次いエホバモーセアロン話しこう言わた。 21  「この集会から離れよ+。わたし彼ら即座滅ぼし絶やすためある+」。 22  これ対しふたりひれ伏して,こう言った。「*,あらゆるなるもの+*,ただおかすだけで,あなた集会全体対し憤られるです+」。 23  するとエホバモーセ話しこう言わた。 24  「集会人々話し言いなさい,『コラ,ダタン,アビラム+幕屋*周りから離れよ!』と」。 25  そのモーセ立っダタンアビラムところ行った。イスラエル年長たち+行った。 26  そう集会人々話しこう言った。「どうか,これら邪悪人々天幕から離れください。彼ら属するどんなもの触れいけませ+。彼らすべて連なっぬぐい去られることないためです」。 27  直ちに彼らコラ,ダタン,アビラム幕屋から,そのすべてから離れた。するとダタンアビラムて,自分天幕入口立ち+,そのまた息子幼いたちに[立った]。 28  そのモーセ言った,「あなた方は,エホバわたし遣わしこれらすべて行為させいること+,それわたしよるものないこと+を,これよっ知るでしょう。 29  すなわち,すべて*臨む同じようこれらたちに,すべて臨むその処罰もっ彼ら処罰下されるあれ+,わたし遣わしエホバありませ+ 30  しかし,何新た造り出さもの,それエホバ造り出さ+,地面その開い彼らそれ属するすべてもの呑み込み+,彼ら生きながらシェオル*下ることなれ+,そのときあなた方は,これら人々エホバ不敬振る舞っ+,ということはっきり知るです」。 31  さて,[モーセ]がこれらすべて言葉話し終えるすぐ,彼ら地面二つ裂けはじめ+ 32  そして,地その開いて,彼らそのたち,またコラ属するすべてすべて貨財*呑み込んいっ+ 33  それ彼ら彼ら属するすべて生きながらシェオル下り,地彼らから覆っいっ+。こう彼ら会衆から滅び去っ+ 34  そして,周りイスラエル皆,彼ら絶叫*聞い逃げた。「地わたしたちまで呑み込むしれない!」と言いだしある+ 35  さらに,火エホバもとから+,香ささげ二百五十焼き尽くしいっ*+ 36  そのエホバモーセ話しこう言わた。 37  「祭司アロンエレアザルに,猛火からそれら火取り+取り出すよう言いなさい。『そして,あなたそこある向こうまき捨てる。それらは, 38  自らおかし+これら人々火取りいえ,聖なるものからある。そして,それ薄い板金し,祭壇+上張りするように。彼らそれエホバ差し出しゆえに,それなるものなっある。それイスラエル対するしるしされるべきある+』」。 39  そこで祭司エレアザルそれら火取り取り集め+。それらは,焼き尽くさ人々差し出しものあった。次い人々それ打ち伸ばし祭壇上張りし, 40  イスラエルため記念た。それは,アロン子孫ないよそ人+だれ近づいエホバくゆらせることないため+,まただれコラその集会人々ようなることないためあり+,エホバモーセ通し話しとおり行なわた。 41  すると,すぐその日,イスラエル集会モーセアロン向かっつぶやき始め+こう言った。「あなた方は,エホバ死なだ」。 42  そして,集会モーセアロン逆らっ集合あっが,そのたち会見天幕ほう向いた。すると,見よ,雲それ覆い,エホバ栄光現われはじめ+ 43  それモーセアロン会見天幕+ 44  すると,エホバモーセ*話しこう言わた。 45  「あなた方は,この集会から立ちなさい。わたし彼ら即座滅ぼし絶やすためある+」。これ聞いふたりひれ伏し+ 46  そのモーセアロン言った,「火取り取り,祭壇からそれ入れ+,香載せ,急い集会人々ところ行って,彼らため贖罪なさい+。エホバから憤り表わさからです+。災厄始まっです!」 47  アロンすぐ,モーセ話しとおりそれ取り,会衆走っ行った。すると,見よ,災厄始まった。それ載せ,民ため贖罪始めた。 48  そして死ん生きいるずっ立ちつづけ+。ついにその神罰とどめられ+ 49  そして,その神罰よっ死ん一万四千七百なり,ほかコラため死んたちた。 50  最後アロン会見天幕入口モーセところ戻っみると,その神罰とどめられた。

脚注

「立ち上がった」および「集合た」という提案いる読み方。字義,「取った」,マソ本; 七十訳,「話した」。
字義,「名人々」。
「その」(定冠詞),マソ本,サマ五,シリ訳; 七十訳,「自分の」。
「神よ」。ヘ語,エール; ギ語,テオス。
「のよ」。ヘ語,エローヘー,複数形; ギ語,テオス; ラ語,デウス。
「幕屋」(複),ウル訳; マソ本,サマ五,シリ訳,「幕屋」(単)。
または,「もの; 人間」。ヘ語,ハーアーダーム
シェオルに」。ヘ語,シェオーラー; ギ語,ハーイドゥー; ラ語,インフェルヌム
または,「すべて所有物」。シリ訳,ウル訳,「彼らすべて所有物」; 七十訳,「彼ら畜類」。
字義,「声」。
マソ本七十訳ここ16終わっいる。
「モーセ」,マソ本,サマ五,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「モーセアロン」。