内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 13:1‐33

13  それからエホバモーセ話しこう言わた。  「あなたため人々遣わして,カナンを,わたしイスラエル与えよういる様子探らせよ+。あなた方たち部族ごと人,それぞれそのあっ+ある遣わす」。  それモーセは,エホバ指示どおり,それらパラン荒野+から遣わした。それらイスラエルたるあった。  そして,これらそのある。ルベン部族からは,ザクルシャムア。  シメオン部族からは,ホリシャファト。  ユダ部族からは,エフネカレブ+  イッサカル部族からは,ヨセフイグアル。  エフライム部族からは,ヌンホシェア*+  ベニヤミン部族からは,ラフパルティ。 10  ゼブルン部族からは,ソディガディエル。 11  ヨセフ+部族からは,マナセ+部族ためスシガッディ。 12  ダン部族からは,ゲマリアミエル。 13  アシェル部族からは,ミカエルセトル。 14  ナフタリ部族からは,ボフシナフビ。 15  ガド部族からは,マキゲウエル。 16  これらが,その探らせるためモーセ遣わしたちある。そしてモーセヌンホシェアそのエホシュア*+呼んだ。 17  カナン探らせるためこれら人々遣わすさい,モーセ彼らこう言った。「ここからネゲブ*+上っ行きなさい。あなた方山地+上っ行くように。 18  そして,そのどのよう+,またそこ住むついて,それ強い弱いか,少ない多い見るように。 19  そして,彼ら住んいるどのようか,それ良い悪いか,彼ら住んいる都市どうか,それ野営か,城塞か。 20  さらに,そのどうか,それ肥えいるやせいる+,そこあるどうを[見るように]。あなた方勇気あるなり+,その実り幾らか取っなけれならない」。さて,その時期ぶどう熟し初物時期あっ+ 21  それ彼ら上っ行って,そのチン+荒野からレホブ+まで,ハマト入るところ+まで探った。 22  上っ行っネゲブ+入っさい,彼らやがてヘブロン+た。そのアヒマン,シェシャイ,タルマイ+など,アナク*+から生またちそこた。なお,ヘブロン+エジプトツォアン+より建てられある。 23  エシュコル奔流+,彼らそこで,ぶどうつい若枝切り取っ+。そして,それ横棒掛け,二運ん行った。また,幾らかざくろ+いちじくも[同じようた]。 24  彼ら*その場所エシュコル*奔流+呼んだ。それは,イスラエルそこで切り取っそのちなんことあった。 25  ついに四十+終わり彼らその偵察から戻った。 26  そして彼らは,パラン荒野カデシュ+モーセアロンおよびイスラエル集会すべてたちところ歩いやった。そして,そのふたり集会すべて知らせ持ち返り,その実り見せた。 27  それから報告こう言った。「わたしたちあなたから遣わさ土地入りました。それまさしく流れるあり+,これその実りです+ 28  ですが,実際ところ,その住む強く,防備施しその都市非常大きいです+。その上,アナクから生またちそこまし+ 29  アマレク+ネゲブ+住んおり,ヒッタイト人,エブス+,アモリ+山地住んおり,カナン+そば,そしてヨルダン沿い住んます」。 30  そのカレブ+モーセ静まらようし,つづいこう言った。「すぐ上っ行きましょう。わたしたち必ずそれ入れることなります。間違いなくそれ打ち勝てるです+」。 31  しかし一緒上っ行ったちこう言った。「その攻め上っ行くことできない。彼らわたしたちより強い+」。 32  そう彼らは,自分たち探っ土地ついイスラエルあれこれ悪い報告+こう言った。「その土地は,様子探るため通っが,そこ住む食い尽くす土地だ。わたしたちその並外れ大きなたちばかり+ 33  そして,そこでネフィリムた。ネフィリムからアナク+だ。そのためわたしたちは,自分ばったようなり,彼らそのようなっ+」。

脚注

「救い; 救出」の意。ヘ語,ホーシェーア; サマ五,「エホシュア」。
「エホバ救い」の意。ヘ語,エホーシュア; ギ語,Ἰησοῦν(イエースーン,「イエス」)。
または,「南」,すなわち,約束南部。
または,「巨人」。ヘ語,ハーアナーク28場合同様,定冠詞付いいる。「アナク」には「首長い」という意味あり,丈高いこと意味いる。
「彼ら」,サマ五,タル,七十訳,シリ訳; マソ本,「彼」。
「[ぶどうの]房」の意。