内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 12:1‐16

12  さて,ミリアムアロンモーセ言い逆らうようなった。それめとっクシュ*ため,彼めとっクシュあるためあっ+  そしてふたりこうあった。「ただモーセよっのみエホバ話さでしょか。わたしたちよっないでしょ+」。それエホバ聴いおら+  ところで,モーセいるすべてとりわけ柔和*+人物あった。  そこでエホバモーセアロンミリアム言わた,「あなた方は,会見天幕ところなさい」。それた。  そのエホバうちあっ下っられ+,天幕入口立って,アロンミリアム呼ばた。そこで行った。  すると,さらにこうた。「どうか,わたし言葉聞くように。エホバためあなた方預言出るすれば,わたし+自分その知らせるあろう。夢+その語るあろう。  わたしモーセついそうない+! 彼わたし全家託さいる*+  わたしから語っ+示し,なぞ用いたりない+。そして,エホバ姿見る+。であるに,どうしてあなた方わたしに,モーセ言い逆らうこと恐れなかっ+」。  そして,エホバふたり対し燃え,そこ去っ行かた。 10  そして,雲天幕から離れた。すると,見よ,ミリアムらい病かかっよう白くなっ+。そして,アロンミリアムほう振り向くと,見よ,彼女らい病かかっ+ 11  すぐさまアロンモーセた,「失礼ですが,我よ,わたしたち愚か振る舞っ犯しを,どうかわたしたち帰さないください+ 12  どうか死んよう+,母その*半ば食い取らようおかないください!」 13  それモーセエホバかっ叫び,「*,どうか,どうか彼女おいやしください+!」と言いはじめた。 14  するとエホバモーセこうた。「その彼女つば吐き掛けすれ+,彼女あいだ辱め服するないか。彼女あいだ宿営+隔離するよう+。そののち迎え入れ+」。 15  それミリアムあいだ宿営隔離+。民ミリアム迎え入れられるまで旅立たなかった。 16  次その後,民ハツェロト+旅立ち,パラン荒野+宿営張った。

脚注

「エチオピア人」,七十訳,ウル訳。
または,「すべて最も気質温和な」。
字義,「わたし全家あっ忠実あること示しいる」。七十訳,「わたし全家あっ忠実ある」; ウル訳,「わたし全家あっ極めて忠実な[わたしモーセ]」。ヘブ 3:5参照。
「母そのを」。マソラよると,ソフェリムこの部分本文修正祭司アロン不利影響ないようた。元本文読み方は,「わたしたち胎」,また「わたしたち肉」であっされいる。ソフェリムよる18修正箇所一つ。付録2ロ参照。
「神よ」,マソ本(ヘ語,エール),サマ五,七十訳,シリ訳,ウル訳; しかし,BHKBHS脚注示唆いる読み方は「アル」で,「いいえ」を意味する。