内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

民数記 11:1‐35

11  さて,民​は​つらい​こと​が​あっ​て​エホバ​の​耳​に​不平​を​述べる​者​の​よう​に​なっ​た+。それ​を​聞い​て​エホバ​の​怒り​は​燃え,エホバ​の​火​が​彼ら​に​対し​て​燃え立っ​て,宿営​の​端​に​い​た​者​たち​を​焼き滅ぼす​よう​に​なっ​た+  民​が​モーセ​に​向かっ​て​叫びだし​た​時,彼​は​エホバ​に​祈願​を​ささげ+,それ​に​よっ​て​火​は​収まっ​た。  それで,その​場所​の​名​は​タブエラ​*+と​呼ば​れる​よう​に​なっ​た*。エホバ​の​火​が​彼ら​に​向かっ​て​燃え立っ​た​から​で​あっ​た。  また,彼ら​の​中​に​い​た​入り混じっ​た​群衆​*+が​利己​的​な​願望​+を​示し,イスラエル​の​子​ら​まで​が​またもや​泣い​て​こう​言う​よう​に​なっ​た。「だれ​が​わたしたち​に​肉​を​与え​て​食べ​させ​て​くれる​の​か+  エジプト​で​ただ​で​食べ​て​い​た​魚​+を,きゅうり​や​すいか​や​にら​や​玉ねぎ​や​にんにく​を​思い出す​で​は​ない​か。  それなのに​今,わたしたち​の​魂​は​干上がっ​て​しまっ​た。目​に​する​もの​と​いえ​ば​ただ​マナ​ばかり​だ+」。  ところで,マナ​+は​コエンドロ​+の​実​に​似​て​い​て,見​た​ところ​*ブデリウム​の​樹脂​+の​よう​で​あっ​た。  民​は​散らばっ​て​それ​を​拾い+,手臼​で​ひく​か​つき臼​で​つき,それ​を​料理​なべ​で​煮​たり​+丸い​菓子​に​し​たり​し​た​が,その​味​は​油​を​入れ​た​甘い​菓子​の​味​の​よう​で​あっ​た+  そして,夜​に​露​が​宿営​に​降りる​と,マナ​が​そこ​に​降りる​の​で​あっ​た+ 10  それ​で​モーセ​は,民​が​自分​の​家族​の​中​で,それぞれ​自分​の​天幕​の​入口​で​泣い​て​いる​の​を​聞い​た。その​ため,エホバ​の​怒り​が​激しく​燃え+,モーセ​の​目​から​見​て,それ​は​つらい​こと​で​あっ​た+ 11  そこで​モーセ​は​エホバ​に​言っ​た,「どうして​あなた​は​この​僕​*を​つらいめ​に​遭わ​せ​られる​の​です​か。どうして​わたし​は​あなた​の​目​に​恵み​を​得​られ​ない​の​でしょ​う​か。この​民​すべて​の​荷​を​わたし​の​上​に​置い​て​おら​れる​の​です+ 12  わたし​が​この​民​すべて​を​はらん​だ​の​でしょ​う​か。彼ら​を​産ん​だ​の​は​わたし​な​の​でしょ​う​か。その​ため​に,『子守り​男​が​乳飲み子​を​運ぶ​よう​に​+彼ら​を​懐​に​入れ​て​運べ+』と​言わ​れ,その​父祖​たち​に​誓わ​れ​た​土地​に[連れ​て​行か​せる]の​でしょ​う​か+ 13  この​民​すべて​に​与える​だけ​の​肉​を,わたし​は​どこ​から​得​られる​の​でしょ​う​か。彼ら​は​わたし​に​向かっ​て​泣きつづけ,『肉​を​与え​て​くれ,食べ​させ​て​くれ!』と​言っ​て​いる​の​です。 14  わたし​は,自分​だけ​で​は,この​民​すべて​を​担う​こと​は​でき​ませ​ん。彼ら​は​わたし​に​は​重すぎる​の​です+ 15  それで,もし​わたし​に​この​よう​に​なさる​の​でし​たら,どうぞ​わたし​を​いっそ​殺し​て​*しまっ​て​ください+。もし​あなた​の​目​に​恵み​を​得​て​いる​の​でし​たら,そう​です,自分​の​災い​を​*見​ない​で​すむ​よう​に​させ​て​ください」。 16  それ​に​対し​エホバ​は​モーセ​に​こう​言わ​れ​た。「わたし​の​ため​に​イスラエル​の​年長​者​七十​人+,すなわち,民​の​年長​者​で​あり,その​つかさ​で​ある​こと​を​あなた​が​よく​知っ​て​いる​人々​+を​集め​なさい。あなた​は​その​人々​を​会見​の​天幕​に​連れ​て​行き,彼ら​は​その​所​で​あなた​と​共​に​立つ​よう​に。 17  そう​し​たら​わたし​は​必ず​下っ​て​行き+,そこで​あなた​と​話す+。わたし​は​あなた​の​上​に​ある​霊​+の​幾らか​を​取っ​て,それ​を​彼ら​の​上​に​置く​こと​に​なる。そして,彼ら​は​荷​と​なる​この​民​を​担う​点​で​あなた​を​助け,あなた​が​自分​独り​で​担わ​ない​で​よい​よう​に​する​の​で​ある+ 18  また,民​に​対し​て​あなた​は​こう​言う​べき​で​ある。『明日​の​ため​に​身​を​神聖​に​せよ+。あなた方​は​必ず​肉​を​食べる​こと​に​なる。あなた方​が​エホバ​の​耳​に​泣い​て+,「だれ​が​肉​を​与え​て​食べ​させ​て​くれる​の​か。わたしたち​は​エジプト​に​い​た​時​の​ほう​が​良かっ​た+」と​言っ​た​から​で​ある。それ​で​エホバ​は​必ず​あなた方​に​肉​を​与え,あなた方​は​まさに​食べる​で​あろ​う+ 19  あなた方​は​食べる​が,それ​は​一日​だけ​で​は​ない。二​日​で​も,五​日​で​も,十​日​で​も,二十​日​で​も​ない。 20  日数​が​一​月​に​及ぶ​まで,ついに​は​それ​が​あなた方​の​鼻​の​穴​から​出,あなた方​の​忌み嫌う​ところ​と​なる​まで​で​ある+。あなた方​が​エホバ​を,あなた方​の​ただ中​に​いる​方​を​退け,その​前​に​泣い​て,「どうして​わたしたち​は​エジプト​から​出​て​来​たり​し​た​の​か」と​言っ​た​ため​で​ある+』」。 21  その​時​モーセ​は​言っ​た,「わたし​が​その​中​に​いる​民​は,徒歩​の​者​だけ​で​も​六十万​人​+おり​ます。それ​です​の​に​あなた​は,『彼ら​に​肉​を​与える。彼ら​は​日々​一​月​の​あいだ​必ず​それ​を​食べる』と​言わ​れ​まし​た。 22  彼ら​の​ため,彼ら​に​足りる​だけ​の​羊​や​牛​が​ほふら​れる​の​でしょ​う​か+。それとも,彼ら​の​ため​に​海​の​すべて​の​魚​が​捕ら​れ​て,彼ら​に​足りる​ほど​に​される​の​でしょ​う​か」。 23  これ​に​対し​エホバ​は​モーセ​に​言わ​れ​た,「エホバ​の​手​が​短く​され​て​いる​の​だろ​う​か+。今​あなた​は,わたし​の​述べる​こと​が​その​とおり​自分​に​臨む​か​どう​か​を​見る​で​あろ​う+」。 24  その​後​モーセ​は​出​て​行っ​て,エホバ​の​言葉​を​民​に​話し​た。そして,民​の​年長​者​の​中​から​七十​人​を​集め​て​ゆき,次い​で​その​人々​を​天幕​の​周囲​に​立た​せ​た+ 25  すると​エホバ​は​雲​の​うち​に​あっ​て​下っ​て​来​られ+,彼​に​話し​+て,彼​の​上​に​あっ​た​霊​+の​幾らか​を​取り,それ​を​その​七十​人​の​年長​者​*ひとりひとり​の​上​に​置か​れ​た。そして,霊​が​その​上​に​とどまる​と​すぐ,彼ら​は​預言​者​と​し​て​行動​する​の​で​あっ​た。しかし​彼ら​は​その​こと​を​繰り返し​行なう​こと​は​なかっ​た*+ 26  さて,その​人々​の​うち​の​二​人​が​宿営​の​中​に​残っ​て​い​た。一​人​の​名​は​エルダド​と​いい,もう​一​人​の​名​は​メダド​と​いっ​た。そして,霊​が​その​ふたり​の​上​に​も​とどまる​よう​に​なっ​た。彼ら​は​書き記さ​れ​た​者​たち​の​中​に​入っ​て​い​た​が,天幕​の​ところ​に​出​て​は​行か​なかっ​た​の​で​ある。そして​彼ら​は​宿営​の​中​で​預言​者​と​し​て​行動​する​よう​に​なっ​た。 27  その​ため,ひとり​の​若者​が​走っ​て​来​て,モーセ​に​報告​し​て​こう​言っ​た。「エルダド​と​メダド​が​宿営​の​中​で​預言​者​と​し​て​行動​し​て​い​ます!」 28  すると,若い​時​から​モーセ​の​奉仕​者​+と​なっ​て​き​た,ヌン​の​子​ヨシュア​*が​こたえ​て​言っ​た,「我​が​主​モーセ,彼ら​を​とどめ​て​ください+!」 29  しかし​モーセ​は​彼​に​言っ​た,「あなた​は​わたし​の​ため​を​思っ​て​ねたみ​を​覚える​の​か。いや,わたし​は​エホバ​の​民​の​全員​が​預言​者​で​あっ​たら​と​さえ​願う*。エホバ​は​ご自分​の​霊​*を​彼ら​の​上​に​置く​こと​も​できる​の​だ+」。 30  後​に​モーセ​は,すなわち​彼​と​イスラエル​の​年長​者​たち​と​は​宿営​に​戻っ​た。 31  さて,風+が​*エホバ​の​もと​から​吹き​起こり,うずら​を​海​から​運ん​で​来​た+。そして,それ​を​宿営​の​上​に​舞い降り​させ​て​ゆき,それ​は​こちら​側​に​およそ​一日​の​旅路,向こう​側​に​も​およそ​一日​の​旅路​と​なっ​て​宿営​の​周囲​一帯​に​わたり,また​地​の​表​およそ​二​キュビト​の​高さ​に​及ん​だ* 32  それ​で​民​は​起き​て​その​日一日,また​夜通し,さらに​次​の​日​も​一日​うずら​を​集め​て​いっ​た。一番​少なく​取っ​た​者​も​十​ホメル​*+は​集め​た​の​で​ある。そして​彼ら​は​自分​たち​の​ため​に​それ​を​宿営​の​周囲​一帯​に​広々​と​並べ​て​いっ​た* 33  その​肉​が​なお​彼ら​の​歯​の​間​に​あっ​て​+かま​れ​て​い​ない​うち​に,エホバ​の​怒り​が​民​に​対し​て​燃え立っ​た+。そして​エホバ​は​民​を​打っ​て​非常​に​大きな​殺りく​を​加え​はじめ​られ​た+ 34  その​場所​の​名​は​キブロト​・​ハタアワ​*+と​呼ば​れる​よう​に​なっ​た。利己​的​な​渇望​を​示し​た​民​を​そこで​葬っ​た​から​で​あっ​た+ 35  民​は​キブロト​・​ハタアワ​から​ハツェロト​に​向け​て​旅立ち,その​後​ずっ​と​ハツェロト​+に​とどまっ​て​い​た。

脚注

「燃焼; 猛火; 火炎」の​意。
字義,「それで,彼​は​その​場所​の​名​を……と​呼ぶ​よう​に​なっ​た」。
「入り混じっ​た​群衆」。または,「[民​の]集団; 無​秩序​な​群衆」。
または,「その​色​は」。
または,「この​奴隷」。
「わたし​を……殺し​て」。ヘブライ​語​で​は​これ​は​動詞​の​不定詞​合成​形。しかし,これ​を​命令​形​に​読む​人​も​いる。
「自分​の​災い​を」,ソフェリム​が「あなた​の​災い​を」から​訂正​し​た​読み方​に​よる。ソフェリム​に​よる​18​の​修正​箇所​の​一つ。付録2ロ参照。
年長​者長老)」(複)。ヘ語,ハッゼケーニーム; ギ語,プレスビュテルース使徒 15:2の​脚注​参照。
「しかし​彼ら​は​その​こと​を​繰り返し​行なう​こと​は​なかっ​た」,マソ本,七十訳,シリ訳; タル​エ,オ,ウル訳​と​一致​さ​せ​た,ヘブライ​語​動詞​の​別​の​母音​符号​の​打ち方​に​よる​と,「そして​彼ら​は[その​こと​を]やめ​なかっ​た」。
「ヨシュア」。ヘ語,エホーシュア,「エホシュア」。出 17:9の​脚注​参照。
「いや,わたし​は……と​さえ​願う」。字義,「そして……を​だれ​が​与える​の​か」。
「ご自分​の​」。ヘ語,ルーホー; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥム
「さて,風​が」。ヘ語,ウェルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,ウェントゥス29​節,「霊」の​脚注; 創 8:1の​脚注​参照。
「宿営​の​周囲​一帯​に​わたり,地​から​およそ​二​キュビト​の​高さ​に​及ん​だ」,七十訳; ウル訳,「宿営​の​周囲​一帯​に​わたり,地上​二​キュビト​の​高度​で​空中​を​飛びまわっ​て​い​た」。1​キュビト​は​44.5​㌢​に​相当​し​た。
1​ホメル​は​220​㍑​に​相当​し​た。
「彼ら​は​自分​たち​の​ため​に……広々​と​並べ​て​いっ​た」。七十訳​トムソン,「彼ら​は​自分​たち​の​ため​に……かまど​を​熱し​て​あっ​た」; ウル訳,「彼ら​は​それ​を……干し​た」。
「渇望​の​埋葬​所」の​意。