内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

民数記 11:1‐35

11  さて,民つらいことあっエホバ不平述べるようなっ+。それ聞いエホバ怒り燃え,エホバ彼ら対し燃え立って,宿営たち焼き滅ぼすようなっ+  民モーセ向かっ叫びだし時,彼エホバ祈願ささげ+,それよっ収まった。  それで,その場所タブエラ*+呼ばれるようなっ*。エホバ彼ら向かっ燃え立っからあった。  また,彼ら入り混じっ群衆*+利己願望+示し,イスラエルまでまたもや泣いこう言うようなった。「だれわたしたち与え食べさせくれる+  エジプトただ食べ+を,きゅうりすいかにら玉ねぎにんにく思い出すないか。  それなのに今,わたしたち干上がっしまった。目するものいえただマナばかり+」。  ところで,マナ+コエンドロ+て,見ところ*ブデリウム樹脂+ようあった。  民散らばっそれ拾い+,手臼ひくつき臼つき,それ料理なべたり+丸い菓子たりが,その入れ甘い菓子ようあっ+  そして,夜宿営降りると,マナそこ降りるあっ+ 10  それモーセは,民自分家族で,それぞれ自分天幕入口泣いいる聞いた。そのため,エホバ怒り激しく燃え+,モーセからて,それつらいことあっ+ 11  そこでモーセエホバ言った,「どうしてあなたこの*つらいめ遭わられるですか。どうしてわたしあなた恵みられないでしょか。このすべてわたし置いおられるです+ 12  わたしこのすべてはらんでしょか。彼ら産んわたしでしょか。そのために,『子守り乳飲み子運ぶよう+彼ら入れ運べ+』と言われ,その父祖たち誓わ土地に[連れ行かせる]のでしょ+ 13  このすべて与えるだけを,わたしどこからられるでしょか。彼らわたし向かっ泣きつづけ,『肉与えくれ,食べさせくれ!』と言っいるです。 14  わたしは,自分だけは,このすべて担うことできません。彼らわたし重すぎるです+ 15  それで,もしわたしこのようなさるでしたら,どうぞわたしいっそ殺し*しまっください+。もしあなた恵みいるでしたら,そうです,自分災い*ないすむようさせください」。 16  それ対しエホバモーセこう言わた。「わたしためイスラエル年長七十+,すなわち,民年長あり,そのつかさあることあなたよく知っいる人々+集めなさい。あなたその人々会見天幕連れ行き,彼らそのあなた立つように。 17  そうたらわたし必ず下っ行き+,そこであなた話す+。わたしあなたある+幾らか取って,それ彼ら置くことなる。そして,彼らなるこの担うあなた助け,あなた自分独り担わないよいようするある+ 18  また,民対しあなたこう言うべきある。『明日ため神聖せよ+。あなた方必ず食べることなる。あなた方エホバ泣い+,「だれ与え食べさせくれるか。わたしたちエジプトほう良かっ+」と言っからある。それエホバ必ずあなた方与え,あなた方まさに食べるあろ+ 19  あなた方食べるが,それ一日だけない。二も,五も,十も,二十ない。 20  日数及ぶまで,ついにそれあなた方から出,あなた方忌み嫌うところなるまである+。あなた方エホバを,あなた方ただ中いる退け,その泣いて,「どうしてわたしたちエジプトからたりか」と言っためある+』」。 21  そのモーセ言った,「わたしそのいるは,徒歩だけ六十万+おります。それですあなたは,『彼ら与える。彼ら日々あいだ必ずそれ食べる』と言わました。 22  彼らため,彼ら足りるだけほふられるでしょ+。それとも,彼らためすべて捕らて,彼ら足りるほどされるでしょか」。 23  これ対しエホバモーセ言わた,「エホバ短くされいるだろ+。今あなたは,わたし述べることそのとおり自分臨むどう見るあろ+」。 24  そのモーセ行って,エホバ言葉話した。そして,民年長から七十集めゆき,次いその人々天幕周囲立た+ 25  するとエホバうちあっ下っられ+,彼話し+て,彼あっ+幾らか取り,それその七十年長*ひとりひとり置かた。そして,霊そのとどまるすぐ,彼ら預言行動するあった。しかし彼らそのこと繰り返し行なうことなかっ*+ 26  さて,その人々うち宿営残った。一エルダドいい,もうメダドいった。そして,霊そのふたりとどまるようなった。彼ら書き記さたち入っが,天幕ところ行かなかっある。そして彼ら宿営預言行動するようなった。 27  そのため,ひとり若者走って,モーセ報告こう言った。「エルダドメダド宿営預言行動ます!」 28  すると,若いからモーセ奉仕+なった,ヌンヨシュア*こたえ言った,「我モーセ,彼らとどめください+!」 29  しかしモーセ言った,「あなたわたしため思っねたみ覚えるか。いや,わたしエホバ全員預言あったらさえ願う*。エホバご自分*彼ら置くことできる+」。 30  後モーセは,すなわちイスラエル年長たち宿営戻った。 31  さて,風+*エホバもとから吹き起こり,うずらから運ん+。そして,それ宿営舞い降りさせゆき,それこちらおよそ一日旅路,向こうおよそ一日旅路なっ宿営周囲一帯わたり,またおよそキュビト高さ及ん* 32  それ起きその日一日,また夜通し,さらに一日うずら集めいった。一番少なく取っホメル*+集めある。そして彼ら自分たちためそれ宿営周囲一帯広々並べいっ* 33  そのなお彼らあっ+かまないうちに,エホバ怒り対し燃え立っ+。そしてエホバ打っ非常大きな殺りく加えはじめられ+ 34  その場所キブロトハタアワ*+呼ばれるようなった。利己渇望示しそこで葬っからあっ+ 35  民キブロトハタアワからハツェロト向け旅立ち,そのずっハツェロト+とどまった。

脚注

「燃焼; 猛火; 火炎」の意。
字義,「それで,彼その場所を……と呼ぶようなった」。
「入り混じっ群衆」。または,「[民の]集団; 無秩序群衆」。
または,「そのは」。
または,「この奴隷」。
「わたしを……殺して」。ヘブライこれ動詞不定詞合成形。しかし,これ命令読むいる。
「自分災いを」,ソフェリムが「あなた災いを」から訂正読み方よる。ソフェリムよる18修正箇所一つ。付録2ロ参照。
年長長老)」(複)。ヘ語,ハッゼケーニーム; ギ語,プレスビュテルース使徒 15:2脚注参照。
「しかし彼らそのこと繰り返し行なうことなかった」,マソ本,七十訳,シリ訳; タルエ,オ,ウル訳一致た,ヘブライ動詞母音符号打ち方よると,「そして彼らは[そのことを]やめなかった」。
「ヨシュア」。ヘ語,エホーシュア,「エホシュア」。出 17:9脚注参照。
「いや,わたしは……とさえ願う」。字義,「そして……をだれ与えるか」。
「ご自分」。ヘ語,ルーホー; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥム
「さて,が」。ヘ語,ウェルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,ウェントゥス29,「霊」の脚注; 創 8:1脚注参照。
「宿営周囲一帯わたり,地からおよそキュビト高さ及んだ」,七十訳; ウル訳,「宿営周囲一帯わたり,地上キュビト高度空中飛びまわった」。1キュビト44.5相当た。
1ホメル220相当た。
「彼ら自分たちために……広々並べいった」。七十訳トムソン,「彼ら自分たちために……かまど熱しあった」; ウル訳,「彼らそれを……干した」。
「渇望埋葬所」の意。