内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

民数記 1:1‐54

1  それ​から​エホバ​は,彼ら​が​エジプト​の​地​を​出​て​二​年​目​の​第​二​の​月,その​一日​に+,シナイ​の​荒野*+,会見​の​天幕​の​中​で+,モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。  「イスラエル​の​子​ら​の​集会​全体​に​つい​て​その​合計​を,家族​ごと,父​の​家​ごと​に,名​の​数​に​よっ​て​調べよ+。すべて​の​男子​を​その​頭​ごと​に*  すなわち​二十歳​以上​+で,イスラエル​に​おい​て​軍隊​に​出る​すべて​の​者​+を。あなた方​は,すなわち​あなた​と​アロン​と​は,彼ら​を​その​軍隊​ごと​に​登録​する​よう​に。  「また,幾​人​か​の​者,すなわち​一​部族​に​つき​一​人​の​者​が​あなた方​と​共​に​いる​べき​で​ある。それ​は​いずれ​も​その​父​の​家​の​頭​で​ある+  そして,これ​が​あなた方​と​共​に​立つ​者​たち​の​名​で​ある。すなわち,ルベン​+から​は,シェデウル​の​子​エリツル+  シメオン​+から​は,ツリシャダイ​の​子​シェルミエル+  ユダ​+から​は,アミナダブ​の​子​ナフション+  イッサカル​+から​は,ツアル​の​子​ネタヌエル+  ゼブルン​+から​は,ヘロン​の​子​エリアブ+ 10  ヨセフ​+の​子​ら​の​うち,エフライム​+から​は,アミフド​の​子​エリシャマ,マナセ​+から​は,ペダツル​の​子​ガマリエル。 11  ベニヤミン​+から​は,ギドオニ​の​子​アビダン+ 12  ダン​+から​は,アミシャダイ​の​子​アヒエゼル+ 13  アシェル​+から​は,オクラン​の​子​パグイエル+ 14  ガド​+から​は,デウエル​*+の​子​エルヤサフ+ 15  ナフタリ​+から​は,エナン​の​子​アヒラ+ 16  これら​は,集会​の​人々​の​中​から​呼び出さ​れ​た​者​で,その​父​の​部族​の​長​たち​*+で​ある。彼ら​は​イスラエル​の​幾千​人​の​頭​で​ある+」。 17  それ​で​モーセ​と​アロン​は​指名​さ​れ​た​これら​の​人々​を​来さ​せ​た。 18  そして​彼ら​は,第​二​の​月​の​一日​に,集会​の​全員​を​集合​さ​せ​た。それぞれ​の​家族​に​関し​て​父​の​家​に​おける​その​系譜​+を​確認​さ​せ,その​名​の​数​に​より,二十歳​以上​の​者​+を​その​頭​ごと​に[数え​て], 19  エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​とおり​に​する​ため​で​あっ​た。こう​し​て​彼​は​シナイ​の​荒野​で​彼ら​の​登録​を​行なっ​た+ 20  そして,イスラエル​の​長子​で​ある​ルベン​+の​子​ら,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​は,その​名​の​数​に​よっ​て​その​頭​ごと​に​見る​と,二十歳​以上​の​すべて​の​男子,すべて​軍隊​に​出る​者, 21  すなわち​ルベン​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,四万六千五百​人​と​なっ​た+ 22  シメオン​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者,その​名​の​数​に​より​その​頭​ごと​に​登録​さ​れ​た​者,二十歳​以上​の​すべて​の​男子​で​すべて​軍隊​に​出る​者, 23  すなわち​シメオン​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,五万九千三百​人​で​あっ​た+ 24  ガド​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 25  すなわち​ガド​の​部族​+で​登録​さ​れ​た​者​は,四万五千六百五十​人​で​あっ​た+ 26  ユダ​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 27  すなわち​ユダ​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,七万四千六百​人​で​あっ​た+ 28  イッサカル​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 29  すなわち​イッサカル​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,五万四千四百​人​で​あっ​た+ 30  ゼブルン​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 31  すなわち​ゼブルン​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,五万七千四百​人​で​あっ​た+ 32  ヨセフ​の​子​ら​の​うち,エフライム​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 33  すなわち​エフライム​+の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,四万五百​人​で​あっ​た+ 34  マナセ​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 35  すなわち​マナセ​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,三万二千二百​人​で​あっ​た+ 36  ベニヤミン​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 37  すなわち​ベニヤミン​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,三万五千四百​人​で​あっ​た+ 38  ダン​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 39  すなわち​ダン​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,六万二千七百​人​で​あっ​た+ 40  アシェル​+の​子​ら​に​つい​て​は,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 41  すなわち​アシェル​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,四万一千五百​人​で​あっ​た+ 42  ナフタリ​+の​子​ら​に​つい​て​は*,父​の​家​の​中​で​それぞれ​の​家族​に​生ま​れ​た​者​を​二十歳​以上​の​者​の​名​の​数​に​よっ​て​見る​と,すべて​軍隊​に​出る​者, 43  すなわち​ナフタリ​の​部族​で​登録​さ​れ​た​者​は,五万三千四百​人​で​あっ​た+ 44  これら​が​登録​さ​れ​た​者,すなわち​モーセ​が​アロン​および​イスラエル​の​長​で​ある​十二​人​の​人々​と​共​に​登録​し​た​者​たち​で​ある。その[十二]人​は​それぞれ​その​父​の​家​を​代表​する​者​たち​で​あっ​た。 45  それで,イスラエル​の​子​ら​で​父​の​家​ごと​に​登録​さ​れ​た​二十歳​以上​の​すべて​の​者,すべて​イスラエル​に​おい​て​軍隊​に​出る​者, 46  すなわち​登録​さ​れ​た​者​の​総数​は,六十万三千五百五十​人​と​なっ​た+ 47  しかし​レビ​人​+は,その​父​たち​の​部族​に​したがって​彼ら​の​中​に​登録​さ​れる​こと​は​なかっ​た+ 48  そして​エホバ​は​モーセ​に​話し​て​こう​言わ​れ​た。 49  「レビ​の​部族​だけ​は​登録​の​中​に​入れ​て​は​なら​ない。彼ら​の​合計​を​イスラエル​の​子​ら​の​中​に​含め​て​は​なら​ない+ 50  そして​あなた​は​それら​レビ​人​を​任命​し​て,証​+の​幕屋​と​その​すべて​の​器具​と​それ​に​属する​*すべて​の​もの​を​つかさどら​せる+。彼ら​は​幕屋​と​その​すべて​の​器具​と​を​運ぶ+。彼ら​は​それ​に​関し​て​奉仕​する+。そして,幕屋​の​周囲​に​宿営​する+ 51  また,幕屋​が​出発​し​て​行く​とき​に​は​レビ​人​が​これ​を​取り外し+,幕屋​が​宿営​する​とき​に​も​レビ​人​が​これ​を​立てる​べき​で​ある。よそ人​*が​近づく​なら,その​者​は​死​に​処さ​れる​べき​で​ある+ 52  「そして,イスラエル​の​子​ら​は​各々​自分​の​宿営​地​*に​したがい,各人​は​それぞれ​の​軍​に​より,自分​の[三​部族]分隊​*+に​したがって​宿営​を​張ら​ね​ば​なら​ない。 53  そして,レビ​人​は​証​の​幕屋​の​周囲​に​宿営​を​張る​べき​で​ある。それ​は,イスラエル​の​子​ら​の​集会​に​対し​て​憤り​+が​臨む​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。レビ​人​は​証​の​幕屋​に​対する​務め​を​守ら​ね​ば​なら​ない+」。 54  それで,イスラエル​の​子​ら​は​すべて​エホバ​が​モーセ​に​命じ​た​とおり​に​し​て​いっ​た。彼ら​は​まさに​その​とおり​に​行なっ​た+

脚注

「荒野(で)」。ヘ語,ベミドバル。モーセ​の​この​4​番​目​の​書​は,ヘブライ​語​で​は,この​語​を​もっ​て​その​書名​と​し​て​いる。七十訳,ウル訳​は​この​書​の​名称​を「民数記」(ギ語,アリトモイ; ラ語,ヌメリー[「数」と​いう​語​の​複数​形])と​し​て​いる。
「その​頭​ごと​に」。字義,「彼ら​の​頭蓋骨​ごと​に」。
「デウエル」,マソ本,サマ五,ウル訳; 七十訳,「ラグエル」; シリ訳,「レウエル」。
「長​たち」。または,「ナーシー​たち」。ヘ語,ネスィーエー。
「子​ら​に​つい​て​は」,サマ五,七十訳,ウル訳,および​10​の​ヘブライ​語​写本; マソ本,「子​ら​は」。
「それ​に​属する」,マソ本,サマ五; 七十訳,シリ訳,「その​中​に​ある」。
すなわち,レビ​人​で​は​ない​人。
「自分​の​宿営​地」。ヘ語,マハネーフー; ギ語,テーイ ヘアウトゥー タクセイ,「自分​自身​の​順番」; ラ語,トゥルマース,「隊」。これら​の​用語​は,民​が​整然​と​配列​さ​れ,もしくは​組織​さ​れ​て​い​た​こと​を​意味​し​て​いる。コリ​一 14:40の​脚注​参照。
「自分​の[三​部族]分隊」。ヘ語,ディグロー(デゲル​の​変化​形)。