内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 8:1‐18

8  そして,ソロモンエホバ+自分+建て二十終わり+  ヒラム*+ソロモン与え都市 ― ソロモンそれら建て直して,そこイスラエル住まわある。  その上,ソロモンハマトツォバ行き,これ打ち勝った。  それから荒野タドモル*建て直し,ハマト+建て倉庫+都市すべて[建て直した]。  次いベトホロン+ベトホロン+,すなわち城壁,扉,およびかんぬき+ある防備施さ都市+  バアラト+,ソロモンものなっすべて倉庫都市,すべて兵車都市+,騎手ため都市+,エルサレムや,レバノン+や,自分支配全土建てたい望んソロモン望ましいもの+すべて建てた。  イスラエルものない+,ヒッタイト+,アモリ+,ペリジ+,ヒビ+,エブス+残っすべてついは,  イスラエル絶滅なかっ+,この彼ら残っ彼らから,ソロモン人々*強制労働ため徴募+,今日至っいる+  しかし,イスラエルうちからソロモンひとり自分仕事ため奴隷なかっ+。彼ら戦士+あり,彼副官あり,その兵車御者+騎手+あっからある。 10  これらソロモン属する代官+長,二百五十で,民つかさどる現場監督+あった。 11  そして,ファラオ+ソロモンは“ダビデ都市+”から彼女ため建て+連れ上った。「わたしあるが,彼女イスラエルダビデ住んならない。エホバなるものからある+」と言っからある。 12  玄関+建てエホバ祭壇+に,ソロモンエホバため焼燔犠牲+ささげは,そのときことあった。 13  すなわち,モーセおきてしたがって捧げ物供える毎日+決まって,安息ごと+,新月ごと+,年+定められ祭りごと+,すなわち酵母パン祭り+,[七]週祭り+,仮小屋祭り+に[これささげた]。 14  さらに,彼そのダビデ+定めしたがって祭司たち+定めその奉仕当たらせ,レビ+その務め持ち場に[就かせ],毎日決まっ+祭司たち賛美+,奉仕+,また門衛そのしたがってそれぞれために[立た+]。[まことの]*ダビデ命令こうだっからある。 15  そして彼らは,すべてつき,また貯蔵+ついて,祭司レビ対する命令からそれなかった。 16  それで,ソロモン仕事エホバ土台据えるから,それ完成れるまで+,すべて整えられ+状態あった。[それで]エホバ出来上がっ+ 17  ソロモンエドム+あるエツヨンゲベル+エロト+行っは,それからことあった。 18  そして,ヒラム+そのたち通しと,海知識あるたち+もと定期送り,彼らソロモンたちオフィル+行き,そこから+四百五十タラント*+取って,これソロモンもと持っ来るあっ+

脚注

「ヒラム」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「フラム」。
「タドモル」,マソ本,七十訳,シリ訳; ウル訳,「パルミラ」。
字義,「彼ら」。
「[まことの]」。ヘ語,イーシュハーエローヒーム。付録1ヘ参照。
付録8イ参照。