アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第二 8:1-18

8  そして,ソロモンがエホバの家+と自分の家+とを建てた二十年の終わりに+  ヒラム*+がソロモンに与えた諸都市―ソロモンはそれらを建て直して,そこにイスラエルの子らを住まわせたのである。  その上,ソロモンはハマト・ツォバに行き,これに打ち勝った。  それから彼は荒野のタドモル*を建て直し,ハマト+に建てた倉庫+の都市をすべて[建て直した]。  次いで彼は上ベト・ホロン+と下ベト・ホロン+,すなわち城壁,扉,およびかんぬき+のある防備の施された都市+  バアラト+,ソロモンのものになったすべての倉庫の都市,すべての兵車の都市+,騎手のための都市+,エルサレムや,レバノン+や,自分の支配下の全土に建てたいと望んでいたソロモンの望ましいもの+すべてを建てた。  イスラエルのものではない+,ヒッタイト人+,アモリ人+,ペリジ人+,ヒビ人+,エブス人+の残っていた民すべてについては,  イスラエルの子らが絶滅させなかった+,この地の彼らの後に残っていた彼らの子らから,ソロモンは人々*を強制労働のために徴募して+,今日に至っている+  しかし,イスラエルの子らのうちからはソロモンはひとりも自分の仕事のために奴隷にしなかった+。彼らは戦士+であり,彼の副官の長であり,その兵車の御者+や騎手+の長であったからである。 10  これらの者はソロモンに属する代官+の長,二百五十人で,民をつかさどる現場監督+であった。 11  そして,ファラオの娘+をソロモンは“ダビデの都市+”から彼女のために建てた家+に連れ上った。「わたしの妻ではあるが,彼女はイスラエルの王ダビデの家に住んではならない。エホバの箱が来た所は聖なるものだからである+」と彼が言ったからである。 12  玄関+の前に建てたエホバの祭壇+の上に,ソロモンがエホバのために焼燔の犠牲+をささげたのは,そのときのことであった。 13  すなわち,モーセのおきてにしたがって捧げ物を供える毎日の+決まった事として,安息日ごとに+,新月ごとに+,年に三度+の定められた祭りごとに+,すなわち無酵母パンの祭り+,[七]週の祭り+,仮小屋の祭り+に[これをささげた]。 14  さらに,彼はその父ダビデ+の定めにしたがって祭司たちの組+を定めてその奉仕に当たらせ,レビ人+もその務めの持ち場に[就かせ],毎日の決まった事として+祭司たちの前で賛美させ+,奉仕させ+,また門衛もその組にしたがってそれぞれ別の門のために[立たせた+]。[まことの]の人*ダビデの命令がこうだったからである。 15  そして彼らは,すべての事につき,また貯蔵品+について,祭司とレビ人に対する王の命令からそれなかった。 16  それで,ソロモンの仕事はエホバの家の土台を据える日から,それが完成されるまで+,すべて整えられた+状態にあった。[それで]エホバの家は出来上がった+ 17  ソロモンがエドム+の地の海の岸にあるエツヨン・ゲベル+とエロト+に行ったのは,それからのことであった。 18  そして,ヒラム+はその僕たちを通して船と,海の知識のある僕たち+を彼のもとに定期的に送り,彼らはソロモンの僕たちと共にオフィル+へ行き,そこから金+四百五十タラント*+を取って,これをソロモンのもとに持って来るのであった+

脚注

「ヒラム」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「フラム」。
「タドモル」,マソ本,七十訳,シリ訳; ウル訳,「パルミラ」。
字義,「彼ら」。
「[まことの]」。ヘ語,イーシュ・ハーエローヒーム。付録1ヘ参照。
付録8イ参照。