内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 7:1‐22

7  さて,ソロモン祈り終える+,火から下っ+,焼燔捧げ物犠牲焼きつく+,エホバ栄光+満ちた。  そして,祭司たちエホバ入ることできなかっ+。エホバ栄光エホバ満ちからある。  また,イスラエル皆,火下って,エホバ栄光その臨んとき,目撃なり,彼ら直ちに舗装伏せ低くかがめ+,伏し拝み+,エホバ感謝て[言った],「[]は善良+で,そのある親切定めないまで及ぶからある+」。  そして,王皆,エホバ犠牲ささげ+  そこでソロモン二万二千十二万犠牲ささげ+。こうて,王すべては[まことの]奉献+  そして,祭司たち+その務め持ち場立ち,レビ+エホバ楽器持っ+[立って]いた。これは,王ダビデ+造っもので,ダビデ彼らよっ賛美ささげるとき,「そのある親切定めないまで及ぶからある」と[言って]エホバ感謝するためあった。祭司たち彼らラッパ+高らか吹き鳴らしおり,一方イスラエルな立った。  それから,ソロモンエホバある中庭真ん中神聖もの+。そこで焼燔捧げ物+と,共与犠牲部分ささげからある。ソロモン造っ祭壇+は,その焼燔捧げ物穀物捧げ物+部分+入れることできなかっある。  次いソロモンその時,七祭り執り行ない+,全イスラエル+,ハマト入るところ+からエジプト奔流+至るまで非常大いなる会衆*+あった。  それに,八彼ら聖会執り行なっ+。祭壇奉献執り行ない,祭り間[執り行なった]からある。 10  そして,第二十三その去らが,エホバダビデと,ソロモンと,そのイスラエル対し行なわ+良いこと+ため喜び満ち+,心快く感じながら[去っ行った]。 11  こうソロモンエホバ+完成+。エホバ自分関し行なうよう,ソロモン浮かんすべてことおい成功収めた。 12  ときに,エホバソロモン現われ+,彼言わた,「わたしあなた祈り聞き+,またこの犠牲+わたしため選ん+ 13  わたし閉ざしため生じなくなっ場合+,また,ばった命じこの食い尽くさ場合+,またもしわたし疫病送っ+ 14  わたし+もっとなえられいるわたし+へりくだり+,祈っ+わたし求め+,その悪いから立ち返るなら+,わたしから聞い+彼ら許し+,そのいやすあろ+ 15  今や,こので[ささげられる]祈り対して,わたし+開かれ,わたし+注意深くあるあろう。 16  そして今,わたしは,わたし+定めないまで+とどまるこのまさしく+神聖ものする。わたしわたし確かいつもそこあるあろ+ 17  「また,もしあなたが,あなたダビデ+歩んように,すなわちすべてわたしあなた命じ通り行なっ+,わたし歩み,そしてわたし規定+司法定め+守るなら, 18  わたしまた,あなたダビデ契約結ん+,『あなたは,イスラエル支配する妨げられ断たれるないあろう』と言っ通り+,あなた王権確立よう+ 19  しかし,もしあなた方翻っ+,わたしあなた方置いわたし法令おきて+実際捨て+,また実際行って,ほか神々仕え+,これかがめるなら+ 20  わたしまた,彼ら与えわたし土地から彼ら根こぎよう+。また,わたしため神聖ものこの+わたしから投げ捨て+,わたしこれすべて語りぐさ+,嘲弄れるものするあろ+ 21  廃虚*なっこのつい+,そのそば通り過ぎるみな驚い見つめ+,『どうしてエホバこのこのこのようされだろう』と必ず言うあろ+ 22  すると人々は,『それ彼らが,その父祖たちエジプトから連れ出し+自分たちエホバ捨て+,ほか神々+すがり,これかがめ,これ仕えからある+。それゆえに,[]はこのすべて災い彼らもたらさ+』と,きっと言うようなる」。

脚注

「会衆」。ヘ語,カーハール; ギ語,ラ語,エックレーシア。
一 9:8脚注参照。