内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

歴代第二 7:1‐22

7  さて,ソロモン​が​祈り​終える​や+,火​が​天​から​下っ​て​来​て+,焼燔​の​捧げ物​と​犠牲​を​焼きつく​し+,エホバ​の​栄光​+が​家​に​満ち​た。  そして,祭司​たち​は​エホバ​の​家​に​入る​こと​が​でき​なかっ​た+。エホバ​の​栄光​が​エホバ​の​家​に​満ち​た​から​で​ある。  また,イスラエル​の​子​ら​は​皆,火​が​下っ​て​来​て,エホバ​の​栄光​が​その​家​に​臨ん​だ​とき,目撃​者​と​なり,彼ら​は​直ちに​舗装​の​上​で​顔​を​地​に​伏せ​て​身​を​低く​かがめ+,伏し拝み+,エホバ​に​感謝​し​て[言っ​た],「[]は​善良​な​方​+で,その​愛​ある​親切​は​定め​の​ない​時​まで​も​及ぶ​から​で​ある+」。  そして,王​と​民​は​皆,エホバ​の​前​に​犠牲​を​ささげ​て​い​た+  そこで​ソロモン​王​は​牛​二万二千​頭​と​羊​十二万​頭​の​犠牲​を​ささげ​た+。こう​し​て,王​と​すべて​の​民​は[まこと​の]神​の​家​を​奉献​し​た+  そして,祭司​たち​+は​その​務め​の​持ち場​に​立ち,レビ​人​+も​エホバ​へ​の​歌​の​楽器​を​持っ​て+[立っ​て]い​た。これ​は,王​ダビデ​+が​造っ​た​もの​で,ダビデ​が​彼ら​の​手​に​よっ​て​賛美​を​ささげる​とき,「その​愛​ある​親切​は​定め​の​ない​時​まで​も​及ぶ​から​で​ある」と[言っ​て]エホバ​に​感謝​する​ため​で​あっ​た。祭司​たち​は​彼ら​の​前​で​ラッパ​+を​高らか​に​吹き鳴らし​て​おり,一方​イスラエル​人​は​み​な立っ​て​い​た。  それ​から,ソロモン​は​エホバ​の​家​の​前​に​ある​中庭​の​真ん中​を​神聖​な​もの​と​し​た+。そこで​彼​は​焼燔​の​捧げ物​+と,共与​の​犠牲​の​脂​の​部分​を​ささげ​た​から​で​ある。ソロモン​が​造っ​た​銅​の​祭壇​+で​は,その​焼燔​の​捧げ物​と​穀物​の​捧げ物​+と​脂​の​部分​+と​を​入れる​こと​が​でき​なかっ​た​の​で​ある。  次い​で​ソロモン​は​その​時,七​日​間​祭り​を​執り行ない+,全​イスラエル​は​彼​と​共​に​い​た​が+,ハマト​に​入る​ところ​+から​エジプト​の​奔流​の​谷​+に​至る​まで​の​非常​に​大いなる​会衆​*+で​あっ​た。  それ​に,八​日​目​に​は​彼ら​は​聖会​を​執り行なっ​た+。祭壇​の​奉献​を​七​日​間​執り行ない,祭り​を​七​日​間[執り行なっ​た]から​で​ある。 10  そして,第​七​の​月​の​二十三​日​に​彼​は​民​を​その​家​に​去ら​せ​た​が,エホバ​が​ダビデ​と,ソロモン​と,その​民​イスラエル​と​に​対し​て​行なわ​れ​た​+良い​こと​+の​ため​に​喜び​に​満ち+,心​に​快く​感じ​ながら[去っ​て​行っ​た]。 11  こう​し​て​ソロモン​は​エホバ​の​家​と​王​の​家​+を​完成​し​た+。エホバ​の​家​と​自分​の​家​に​関し​て​行なう​よう,ソロモン​の​心​に​浮かん​だ​すべて​の​こと​に​おい​て​彼​は​成功​を​収め​た。 12  とき​に,エホバ​は​夜​の​間​に​ソロモン​に​現われ​て+,彼​に​言わ​れ​た,「わたし​は​あなた​の​祈り​を​聞き+,また​この​所​を​犠牲​の​家​と​し​て​+わたし​の​ため​に​選ん​だ+ 13  わたし​が​天​を​閉ざし​た​ため​雨​が​生じ​なく​なっ​た​場合+,また,ばった​に​命じ​て​この​地​を​食い尽くさ​せ​た​場合+,またも​しわ​たし​の​民​の​中​に​疫病​を​送っ​た​と​し​て​も+ 14  わたし​の​名​+を​もっ​て​となえ​られ​て​いる​わたし​の​民​+が​へりくだり+,祈っ​て​+わたし​の​顔​を​求め+,その​悪い​道​から​立ち返る​なら+,わたし​が​天​から​聞い​て​+彼ら​の​罪​を​許し+,その​地​を​いやす​で​あろ​う+ 15  今や,この​所​で[ささげ​られる]祈り​に​対し​て,わたし​の​目​+は​開か​れ,わたし​の​耳​+は​注意深く​ある​で​あろ​う。 16  そして​今,わたし​は,わたし​の​名​+が​定め​の​ない​時​まで​も​+とどまる​この​家​を​まさしく​選​ん​で​+神聖​な​もの​と​する。わたし​の​目​と​わたし​の​心​は​確か​に​いつも​そこ​に​ある​で​あろ​う+ 17  「また,もし​あなた​が,あなた​の​父​ダビデ​+が​歩ん​だ​よう​に,すなわち​すべて​わたし​が​あなた​に​命じ​た​通り​に​行なっ​て+,わたし​の​前​に​歩み,そして​わたし​の​規定​+と​司法​上​の​定め​+を​守る​なら, 18  わたし​も​また,あなた​の​父​ダビデ​と​契約​を​結ん​で+,『あなた​に​は,イスラエル​を​支配​する​の​を​妨げ​られ​て​断た​れる​者​は​い​ない​で​あろ​う』と​言っ​た​通り+,あなた​の​王権​の​座​を​確立​し​よう+ 19  しかし,もし​あなた方​が​翻っ​て+,わたし​が​あなた方​の​前​に​置い​た​わたし​の​法令​と​おきて​+を​実際​に​捨て+,また​実際​に​行っ​て,ほか​の​神々​に​仕え+,これ​に​身​を​かがめる​なら+ 20  わたし​も​また,彼ら​に​与え​た​わたし​の​土地​から​彼ら​を​根こぎ​に​し​よう+。また,わたし​の​名​の​ため​に​神聖​な​もの​と​し​た​この​家​+を​わたし​の​顔​の​前​から​投げ捨て+,わたし​は​これ​を​すべて​の​民​の​中​で​語りぐさ​と​し+,嘲弄​さ​れる​もの​と​する​で​あろ​う+ 21  廃虚​の​山​*と​なっ​た​この​家​に​つい​て​は+,その​そば​を​通り過ぎる​者​は​みな​驚い​て​見つめ+,『どうして​エホバ​は​この​地​と​この​家​と​に​この​よう​に​され​た​の​だろ​う』と​必ず​言う​で​あろ​う+ 22  すると​人々​は,『それ​は​彼ら​が,その​父祖​たち​を​エジプト​の​地​から​連れ出し​た​+自分​たち​の​神​エホバ​を​捨て​て+,ほか​の​神々​+に​すがり,これ​に​身​を​かがめ,これ​に​仕え​た​から​で​ある+。それゆえに,[]は​この​すべて​の​災い​を​彼ら​の​上​に​もたらさ​れ​た​の​だ+』と,きっと​言う​よう​に​なる」。

脚注

「会衆」。ヘ語,カーハール; ギ語,ラ語,エックレーシア。
王​一 9:8の​脚注​参照。