内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 6:1‐42

6  ソロモンこう言っそのときことある+。「エホバは,濃い暗闇住まう+,と言わました。  そこでは,あなたため高くそびえる住みか+,あなた定めないまで*住まわれる定まっ場所建てまし+」。  それからその向けて,イスラエル会衆*祝福はじめ+。その間,イスラエル会衆立っ+  次い言った,「イスラエルエホバほめたたえられるよう+。[]はそのみ口もっわたしダビデ語り+,そのみ手よっ成し遂げ+言わた,  『わたしエジプトから連れ出しからこのかた,わたしわたしとどまる建てるために,イスラエルどの部族うちから都市選んことなく+,わたしイスラエル指導なる選びなかっ+  しかし,わたしエルサレム+そこわたしとどめ,またダビデ選んで,わたしイスラエル立てるあろ+』。  それで,イスラエルエホバみ名ため建てることが,わたしダビデ掛かっ+  しかし,エホバわたしダビデ言わた,『わたしため建てることあなた掛かっために,あなたよくやった。それあなた掛かっからある+  ただし,あなたその建てるない+。あなたから出るあなたが,わたしため建てるある+』。 10  それからエホバは,ご自分語ら言葉果たさ+。それは,エホバ語ら通り+,わたしわたしダビデ代わっ立ち+,イスラエル王座座し+,イスラエルエホバみ名ため建てるためあり+ 11  また,わたしが,エホバイスラエル結ば+その契約ある+そこ置くためあった」。 12  それから,彼イスラエル会衆エホバ祭壇立ち+,今度そのたなごころ伸べ+ 13  (ソロモン演壇+造り,それ囲い+真ん中置いおいある。その長さキュビト*,幅キュビト,高さキュビトあった。彼その立った。)それからイスラエル会衆その両ひざひざまずき+,天向かっそのたなごころ伸べ+ 14  そして,さらにこう言った。「イスラエルエホバ+,天も,地あなたよう*ありませ+。あなたは,心つくみ前歩むあなたたち対し+,契約ある親切守られるです+ 15  あなたは,ご自分約束ことを,あなた僕,私ダビデ対し守らまし+。ですから,あなたみ口もっ約束なさり*,み手もって,今日ように,成し遂げくださいまし+ 16  それ今,イスラエルエホバよ,あなた僕,私ダビデ約束て,『あなたわたし歩んよう+,もしあなた+わたし律法したがって歩ん+,そのつけさえなら,あなたは,イスラエル王座座るわたしから断たれることない+』と言わことを,[ダビデ]に対し守っください。 17  ですから今,イスラエルエホバ+よ,あなたダビデ約束あなた約束*+信頼できるものありますよう+ 18  「それにしても,本当人間*住まわれるでしょ+。ご覧ください,天も,いや,天も,あなたお入れすることできませ+。まして,私建てこのなど,なおさらことです+ 19  けれども,私エホバよ,この祈りと,恵み求める願い+顧み+,懇願叫び+と,このみ前ささげおります祈りお聴きください+ 20  あなたこのに,すなわちあなたみ名そこ置くあろ言わ場所+向かっ開か+,あなたこの場所向かっ祈る祈りお聴きなりますよう+ 21  また,あなたあなたイスラエルこの場所向かっ祈るとき+,その懇願お聴きください+。あなたが,あなた住んおられる場所から,天からお聞きなり+,聞いて,お許しください+ 22  「もしある仲間+対しおかし,その[仲間]がその実際のろい課して,のろい受ける状態陥ら+,その実際このあなた祭壇そののろい[のうちあって]来るなら+ 23  あなたからお聞きなり+,そして行動+,あなたたち裁いて,邪悪*当人帰し+,義人当人応じ与え+その+,その[邪悪な]者報いください。 24  「また,もしあなたイスラエルが,あなた対しおかし続けため+,敵撃ち破ら+,彼ら本当あなた立ち返り+,あなたみ名+たたえ,このみ前祈り+,恵み願い求めるなら+ 25  あなたからお聞きなり+,あなたイスラエル許し+,あなた彼らその父祖たちお与えなっ土地+彼ら連れ戻しください+ 26  「彼らあなた対しおかし続けため+,天閉ざさなく+,またあなた彼ら苦しめられため+,彼らこの場所向かっ実際祈り+,あなたみ名たたえ,そのから立ち返るなら, 27  あなたからお聞きなり,あなたたち,すなわちあなたイスラエルお許しください。あなたは,彼ら歩むべき良い+つい彼ら教え諭しくださるからです+。あなたご自分世襲所有お与えなっあなた+お与えください+ 28  「もし,この飢きん+起きたり,疫病+起きたり,立ち枯れ+白渋+,いなご+ごきぶり+生じたりする場合,敵+彼ら*彼ら攻め囲む場合+ ― どんな災厄,どんな疾病+あれ ― 29  だれも,あるいはあなたイスラエル+,各々自分災厄痛み知るゆえ+,彼らどんな祈り+,恵み求めるどんな願い+あっも,この向かっそのたなごころ実際伸べるなら+ 30  あなた天,すなわちあなた住まわれる場所からお聞きなり+,そして許し+,各々そのすべてしたがってお与えください+。あなたそのご存じからです+。(ただあなただけが,人間よく知っおられるです+。) 31  それは,あなた私たち父祖お与えなっ土地+彼ら生きいる期間ずっと,彼らあなた歩んあなた恐れるためです+ 32  「そしてまた,あなたイスラエル+ものないに,あなた大いなるみ名と,強いみ手+と,差し伸べみ腕+ゆえに遠いから実際やっ来る異国+ためも,また実際,彼らやって,この向かっ祈るなら+ 33  そのとき,あなたから,すなわちあなた住まわれる定まっ場所+からお聴きなり,すべてその異国あなた呼び求めるところしたがって行なっください+。それは,地すべてあなたみ名知り+,あなたイスラエル同じようあなた恐れ+,あなたみ名が,私建てこの付さとなえられいること知るためです+ 34  「もしあなたその立ち向かい,あなた遣わす+戦い行き+,あなた選ば都市,私あなたみ名ため建て+方向向かって,本当あなた祈る場合+ 35  あなた彼ら祈りと,恵み求めるその願いからお聞きなり+,彼らため裁き施行ください+ 36  「もし彼らあなた対しおかし+(罪おかさないひとりないですから+),あなた彼ら対しやむなくいきり立たれ,彼ら渡し,彼ら捕らえるたち彼ら実際とりこし,遠くの,あるいは近く連れ去り+ 37  そして彼らとりこ連れ去ら行っで,本当分別取り戻し,実際立ち返り,彼らとりこなっいる+,『私たちおかしまし+。私たち過ち犯し+,邪悪こと行ないまし+』と言って,あなた恵み願い求め, 38  また,彼らとりこ連れ去ったちとりこなっいるで,彼ら本当つくし,魂つく+あなた立ち返り+,あなた彼ら父祖たちお与えなっその地,あなた選ば都市+,私あなたみ名ため建て方向向かって,彼ら本当祈る場合+ 39  あなたから,すなわちあなた住まわれる定まっ場所+から,彼ら祈りと,恵み求めるその願い聞き+,彼らため裁き施行+,あなた対しおかしあなたお許しください+ 40  「今,私よ,どうか,この場所関する祈りあなた+開かれ,あなた+注意深くありますように。 41  そこで今,エホバよ,あなたあなたみ力+も,どうか立ち上がっ+,あなた休み+に[入って]ください。エホバよ,あなた祭司たち救いまといますように。あなた忠節たち善いこと歓びますよう+ 42  エホバよ,あなた油そそが*+退けないください。どうか,あなたダビデ対するある親切*思い起こしください+」。

脚注

「定めないまでも」。字義,「定めない時」。ヘ語,オーラーミーム,複数形。
「の……会衆」。ヘ語,ケハル; ギ語,エックレーシアン。
1キュビト44.5相当た。
「神」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,テオス; ラ語,デウス。
字義,「あなたもっれ」。
「約束」。字義,「言葉」。
字義,「」。ヘ語,ハーアーダーム
「(彼の)」。ヘ語,ダルコー。
または,「都市」,その表わさいる。
「あなた油そそが」。字義,「あなた油そそがたち」。ヘ語,メシーヘイカー,複数形; ギ語,クリストゥー; シ語,ダムシーハーク; ラ語,クリスティー
「愛ある親切」。または,「忠節愛[の数々事例]」。