アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第二 4:1-22

4  それから,彼は銅の祭壇を造ったが+,その長さは二十キュビト,その幅は二十キュビト,その高さは十キュビトであった+  次いで彼は鋳物の海を造った+。その一方の縁からもう一方の縁までは十キュビトで,周囲は円形で,その高さは五キュビトであり,その周囲を囲むには三十キュビトの縄を要した+  そして,その下には周囲全体に,うり形の+飾り*のようなものがあって,それを取り囲み,一キュビトにつき十ずつで,海の周囲を取り巻いていた+。このうり形の飾りは二列で,その鋳物に鋳込まれていた。  これは十二頭の雄牛の上に立っており+,三頭は北を向き,三頭は西を向き,三頭は南を向き,三頭は東を向いていた。この海はこれらの牛の上にあって,牛の後部はすべて内側を向いていた+  そして,その厚さは一手幅*であり,その縁は杯の縁の造り,すなわちゆりの花のようであった+。入れ物として,それに入ったのは三千バト*+であった+  さらに,彼は水盤を十個造り,五個を右に,五個を左に置いた+。その中で洗うためである+。焼燔の捧げ物と関係のあるものは+,その中ですすぐのであった。しかし,海は祭司たちがその中で身を洗うためのものであった+  それから彼は金の燭台+を十個,同じ設計で造り+,これを神殿の中に,五個を右,五個を左に置いた+  さらに,彼は食卓を十個造り,これを神殿の中に,五個を右,五個を左に配置し+,また金の鉢を百個造った。  それから彼は祭司たちの+中庭+と大いなる囲い+,およびその囲いに属する扉を造り,その扉には銅をかぶせた。 10  そして,海を右側に,すなわち東方,南の方に置いた+ 11  最後に,ヒラム*は缶+とシャベル+と鉢+を造った。 こうして,ヒラムは[まことの]の家のことでソロモンのために行なった仕事をし終えた。 12  二本の柱+と,二本の柱の頂の上の丸い柱頭+,および柱の頂にある二つの丸い柱頭を覆う二つの網細工+ 13  また,二つの網細工のための四百のざくろ+,すなわち柱の上に*ある二つの丸い柱頭を覆う,各々の網細工のための二列のざくろ+ 14  十個の運び台+と,その運び台の上の十個の水盤+ 15  一つの海+と,その下の十二頭の雄牛+ 16  缶とシャベル+と肉刺し+,およびそれらに属するすべての器具+を,ヒラム・アビブ*+はソロモンのため,エホバの家のために,磨かれた銅で造った。 17  王は,ヨルダンの地域,スコト+とツェレダ+の間の質の密な土地で*これらを鋳造した。 18  こうして,ソロモンはこれらのすべての器具を非常に大量に造った。その銅の重さは確かめられなかったのである+ 19  それから,ソロモンは[まことの]の家にあるすべての器具を造った+。すなわち,金の祭壇+と,供えのパン*を上に載せる食卓+ 20  定めにしたがって一番奥の部屋+の前でこれらを照らす,純金の燭台+とそのともしび皿+を[造った]。 21  また,花とともしび皿と心切りばさみ+を金で,(それは混じり気のない純金であった) 22  また,明かり消し,鉢,杯,火取り皿を純金で+,それに家の入口+,すなわち至聖所のためのその奥の扉と,神殿の家の扉+も金で[造った]。

脚注

「うり形の飾り」,王一 7:24と一致させた訂正による。字義,「雄牛」。
約7.4㌢。
容量一杯に満たせば,約6万6,000㍑。王一 7:26,「バト」の脚注と比較。
「ヒラム」,七十訳,ウル訳; マソ本,「フラム」。
「柱の上に」,七十訳; マソ本,「柱の前に」。
または,「その父ヒラム」。2:13の脚注と比較。
「質の密な土地で」。字義,「土地の濃密さ(堅く締まった状態)で」,すなわち,粘土質の土地。あるいは,マソ本を訂正して,「アダマの渡り場で」と読むのかもしれない。王一 7:46,「鋳型で」の脚注参照。
王一 7:48の脚注参照。