内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

歴代第二 36:1‐23

36  そこで,この​地​の​民​は​ヨシヤ​の​子​エホアハズ​+を​選ん​で,エルサレム​で​その​父​の​代わり​に​王​と​し​た+  エホアハズ​*は​治め​はじめ​た​と​き,二十三​歳​で,エルサレム​で​三​か月​間​治め​た+  ところが,エジプト​の​王​は​エルサレム​で​彼​を​退け+,この​地​に​銀​+百​タラント​*と​金​一​タラント​の​科料​を​課し​た。  その​上,エジプト​の​王​+は​彼​の​兄弟​エリヤキム​+を​ユダ​と​エルサレム​の​王​と​し,その​名​を​エホヤキム​と​改め​た​が,その​兄弟​エホアハズ​を,ネコ​+は​捕らえ​て​エジプト​に​連れ​て​行っ​た+  エホヤキム​+は​治め​はじめ​た​と​き,二十五​歳​で,エルサレム​で​十一​年​間​治め​た+。彼​は​その​神​エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​行ない​続け​た+  この​彼​の​もと​に,バビロン​の​王​ネブカドネザル​+が​攻め上っ​て​来​た​が+,それ​は​彼​に​二つ​の​銅​の​足かせ​を​掛け​て,バビロン​へ​引い​て​行く​ため​で​あっ​た+  そして,エホバ​の​家​の​器具​+の​ある​もの​を​ネブカドネザル​+は​バビロン​に​持ち帰っ​て,これ​を​バビロン​に​ある​彼​の​宮殿​に​*置い​た+  エホヤキム​の​その他​の​事績+,彼​の​行なっ​た​忌む​べき​+こと,および​彼​に​つい​て​露見​し​た​こと​は,イスラエル​と​ユダ​の“王​たち​の​書+”に​まさしく​記さ​れ​て​いる。その​子​エホヤキン​+が​彼​に​代わっ​て​治め​はじめ​た。  エホヤキン​+は​治め​はじめ​た​と​き,十八​*歳​で,エルサレム​で​三​か月​+と​十​日​間​治め​た。彼​は​エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​行ない​続け​た+ 10  そして,年​が​改まる​ころ+,ネブカドネザル​王​は​人​を​よこし​て+,彼​を​エホバ​の​家​の​好ましい​品物​と​共​に​+バビロン​+に​連れ​て​行っ​た。さらに,その[父]の​兄弟​ゼデキヤ​+を​ユダ​と​エルサレム​の​王​と​し​た+ 11  ゼデキヤ​+は​治め​はじめ​た​と​き,二十一​歳​で,エルサレム​で​十一​年​間​治め​た+ 12  そして,彼​は​その​神​エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​行ない​続け​た+。彼​は​エホバ​の​命令​に​よる​預言​者​+エレミヤ​+の​ゆえに​へりくだる​と​いう​こと​を​し​なかっ​た+ 13  彼​は​また,彼​に​神​に​かけ​て​誓わ​せ​た​+ネブカドネザル​王​に​対し​て​さえ​背い​た+。彼​は​うなじ​を​こわく​し+,心​を​固く​し​続け​て+,イスラエル​の​神​エホバ​に​立ち返ろ​う​と​し​なかっ​た。 14  祭司​の​長​たち​+全員​と​民​も​また,諸​国民​の​すべて​の​忌む​べき​+こと​に​ならっ​て,不​忠実​な​こと​を​大​規模​に​行なっ​た​の​で,エホバ​が​エルサレム​で​神聖​な​もの​と​され​た​その​家​を​汚し​た+ 15  それでも,彼ら​の​父祖​たち​の​神​エホバ​は​その​使者​たち​に​よっ​て​彼ら​に​伝え​させ​続け+,何​度​も​遣わさ​れ​た*。その​民​+と​ご自分​の​住まい​+と​に​同情​を​覚え​られ​た​から​で​ある。 16  ところが,彼ら​は​絶え​ず[まこと​の]神​の​使者​たち​を​笑い物​に​し+,その​み言葉​を​侮り+,その​預言​者​たち​を​あざけっ​て​い​た​+の​で,ついに​エホバ​の​激怒​+が​その​民​に​向かっ​て​起こり,いやし​得​ない​まで​に​なっ​た+ 17  そこで,[]は​カルデア​人​+の​王​を​彼ら​の​もと​に​攻め上ら​せ​た​の​で,彼​は​その​聖​なる​所​の​家​で​+彼ら​の​若者​たち​を​剣​で​殺し​た+。彼​は​若者​に​も​処女​に​も,年寄り​に​も​老衰​し​た​者​に​も​同情​を​覚え​なかっ​た+。すべて​の​もの​を[]は​彼​の​手​に​渡さ​れ​た​の​で​ある。 18  そして,[まこと​の]神​の​家​の​すべて​の​大+小​の​器具+,エホバ​の​家​の​財宝+,王​+と​その​君​たち​の​財宝​など,その​すべて​を​彼​は​バビロン​に​携え​て​行っ​た。 19  さらに,彼​は[まこと​の]神​の​家​を​焼き+,エルサレム​の​城壁​を​取り壊し​た+。その​住まい​の​塔​を​みな,彼ら​は​火​で​焼き,また​その​好ましい​品物​+も​みな[焼き],壊滅​さ​せ​た+ 20  その​上,彼​は​剣​を​逃れ​た​残り​の​者​たち​を​とりこ​に​し​て​バビロン​に​連れ去り+,こう​し​て​彼ら​は,ペルシャ​+の​王族​が​治め​はじめる​まで,彼​と​その​子​ら​の​僕​と​なっ​た+ 21  これ​は​エレミヤ​の​口​に​よる​エホバ​の​言葉​+を​成就​し​て,やがて​この​地​が​その​安息​を​払い​終える​ため​で​あっ​た+。その​荒廃​し​て​い​た​期間​中​ずっ​と,それ​は​安息​を​守っ​て,七十​年​を​満了​し​た+ 22  そして,ペルシャ​の​王​+キュロス​+の​*第​一​年​に,エレミヤ​+の​口​に​よる​エホバ​の​言葉​+が​成し遂げ​られる​ため,エホバ​は​ペルシャ​の​王​キュロス​の​霊​+を​奮い立た​せ​られ​た​の​で,彼​は​その​王国​中​に​あまねく​お触れ​を​出さ​せ,また​文書​に​し​て​+こう​言っ​た。 23  「ペルシャ​+の​王​キュロス​は​この​よう​に​言う。『地​の​すべて​の​王国​を​天​の​神​*エホバ​は​わたし​に​賜わり+,この​方​が,ユダ​に​ある​エルサレム​に​ご自分​の​ため​に​家​を​建てる​こと​を​わたし​に​ゆだね​られ​た+。すべて​その​民​の​者​で​あなた方​の​中​に​いる​者​は​だれ​で​も+,その​神​エホバ​が​その​人​と​共​に​おら​れる​よう​に+。それゆえ,その​人​は​上っ​て​行く​よう​に+』」。

脚注

字義,「ヨアハズ」。ヘ語,ヨーアーハーズ。しかし,王​二 23:30参照。
付録8イ参照。
「彼​の​宮殿神殿)に」。ヘ語,ベヘーカーロー; 七十訳,ウル訳,「彼​の​神殿​に」。
「十八」,七十訳,シリ訳,および王​二 24:8; マソ本,ウル訳,「八」。
「何​度​も​遣わさ​れ​た」。字義,「早く​起き​て,遣わさ​れ​た」。ヘブライ​語​で​は​これら​二つ​の​動詞​は​いずれ​も​不定詞​独立​形​で,時​に​関し​て​は​不定​で,非​人称。
キュロス​の」。ヘ語,レコーレシュ; ギ語,キュルー; シ語,レクーレシュ; ラ語,キューリー
「天​の​神」。この​表現​は創 24:3,7; エズ 1:2; ネヘ 1:4,5; ネヘ 2:4,20; ヨナ 1:9に​も​出​て​来る。