内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

歴代第二 35:1‐27

35  それ​から,ヨシヤ​+は​エルサレム​で​エホバ​に​過ぎ越し​を​執り行ない+,彼ら​は​第​一​の​+月​の​十四​日​+に​過ぎ越し​の​いけにえ​を​ほふっ​た+  それで,彼​は​祭司​たち​を​配置​し​て​その​世話​に​任さ​れ​た​もの​を​つかさどら​せ+,エホバ​の​家​の​奉仕​+の​点​で​彼ら​を​励まし​た+  さらに​彼​は,全​イスラエル​を​教え諭す​者​+で,エホバ​に​とっ​て​聖​なる​者​で​ある​レビ​人​に​言っ​た,「聖​なる​+箱​を​イスラエル​の​王​ダビデ​の​子​ソロモン​の​建て​た​家​+に​置き​なさい。それ​は​肩​の​荷​+と​し​て​の​あなた方​の​もの​で​は​ない。今,あなた方​の​神​エホバ​と​その​民​イスラエル​に​仕え​なさい+  そして,イスラエル​の​王​ダビデ​の​書き物+,および​その​子​ソロモン​の​書き物​+に​より,あなた方​の​組​+に​したがって,あなた方​の​父祖​の​+家​ごと​に​用意​を​し​なさい。  そして,あなた方​の​兄弟,民​の​子​ら​の​ため​に​父祖​の​家​の​級​*ごと​に​聖​なる​場所​に​立ち+,レビ​人​+に​属する​父方​の​+家​の​受け分[が​ある​よう​に​し​なさい]。  そして,過ぎ越し​+の​いけにえ​を​ほふり,身​を​神聖​な​もの​と​し+,あなた方​の​兄弟​の​ため​に​用意​を​し​て,モーセ​に​よる​エホバ​の​言葉​の​通り​に​行ない​なさい+」。  さて,ヨシヤ​は​民​の​子​ら​に​羊​の​群れ,雄​の​子羊​と​雄​の​子やぎ​*を​寄進​し​た​が,これ​は​全部[そこ​に]い​た​すべて​の​者​の​ため​過ぎ越し​の​いけにえ​の​ため​で​あり,その​数三万,牛​は​三千+。これら​は​王​の​財産​から​出さ​れ​た+  そして,彼​の​君​たち​+も,民​の​ため+,祭司​の​ため,また​レビ​人​の​ため​に​自発​的​な​捧げ物​と​し​て​寄進​を​し​た。ヒルキヤ*+,ゼカリヤ,エヒエル​も,[まこと​の]神​の​家​の​指揮​者​と​し​て​祭司​に​過ぎ越し​の​いけにえ​の​ため​二千六百​頭,それ​に​牛​三百​頭​を​与え​た。  また,レビ​人​の​長,すなわち​コナヌヤ,その​兄弟​シェマヤ​および​ネタヌエル,ハシャブヤ,エイエル,ヨザバド​も,レビ​人​に​過ぎ越し​の​いけにえ​の​ため​五千​頭,それ​に​牛​五百​頭​を​寄進​し​た。 10  こう​し​て,奉仕​の​用意​が​整え​られ+,王​の​命令​に​したがって+,祭司​たち​は​自分​たち​の​場所​+に​ずっ​と​立ち+,レビ​人​は​その​組​ごと​に+[立っ​て​い​た]。 11  それ​から,彼ら​は​過ぎ越し​の​いけにえ​を​ほふり+,そして​祭司​たち​+は​彼ら​の​手​から[その​血​を*]振り掛け​+た。一方​レビ​人​は​皮​を​はぎ取っ​て​い​た+ 12  さらに,彼ら​は​焼燔​の​捧げ物​を​父方​の​+家​ごと​に,それぞれ​の​級​+に,民​の​子​ら​に​与える​ため,これ​を​整え​た*。モーセ​の​書​に​記さ​れ​て​いる​通り​に​+エホバ​に​捧げ物​+を​させる​ため​で​あっ​た。また,牛​に​つい​て​も​この​よう​に​し​た。 13  それ​から​彼ら​は​慣例​に​したがって,過ぎ越し​+の​捧げ物​を​火​に​掛け​て​煮​た+。また,聖​なる​もの​と​され​た​もの​を,料理​なべ,丸底​なべ,宴​用​の​鉢​で​煮​て+,その​後​これ​を​すべて​の​民​の​子​ら​の​もと​に​急い​で​運ん​で​行っ​た+ 14  そして​後​に,彼ら​は​自分​たち​の​ため,また​祭司​たち​の​ため​に​+用意​を​し​た。アロン​の​子​ら​で​ある​祭司​たち​は​夜​に​なる​まで​焼燔​の​犠牲​+と​脂​+の​部分​を​ささげる​こと​に​携わっ​て​い​た​から​で​ある。レビ​人​たち​は,自分​たち​の​ため,また​アロン​の​子​ら​で​ある​祭司​たち​の​ため​に​用意​を​し​た+ 15  そして,アサフ​+の​子​ら​で​ある​歌うたい​たち​+は​ダビデ+,アサフ+,ヘマン​+および​王​の​幻​を​見る​者​+エドトン​+の​命令​に​したがって​その​職務​に​就い​て​おり,また​門衛​たち​+は​それぞれ​別​の​門​に​い​た+。彼ら​に​は​その​奉仕​から​離れる​必要​は​なかっ​た。レビ​人​で​ある​その​兄弟​たち​が,彼ら​の​ため​に​用意​を​し​た​+から​で​ある。 16  こう​し​て,その​日,ヨシヤ​王​の​命令​に​したがって​+過ぎ越し​を​執り行ない+,エホバ​の​祭壇​に​焼燔​の​犠牲​を​ささげる​ため​に,エホバ​へ​の​奉仕​の​用意​が​すべて​整え​られ​た。 17  次い​で,[そこ​に]い​た​イスラエル​の​子​ら​は​その​時,過ぎ越し​を​執り行ない+,七​日​間,無​酵母​パン​の​祭り​を​も[執り行なっ​た+]。 18  それで,預言​者​サムエル​の​時代​以来+,イスラエル​で​この​よう​な​過ぎ越し​が​執り行なわ​れ​た​こと​は​決して​なく,また​イスラエル​の​ほか​の​王​たち​+の​だれ​も,ヨシヤ,祭司​たち,レビ​人,[そこ​に]い​た​全​ユダ​と​イスラエル,および​エルサレム​の​住民​が​執り行なっ​た​よう​な​過ぎ越し​を​執り行なっ​た​こと​は​なかっ​た。 19  ヨシヤ​の​治世​の​第​十八​年​に,この​過ぎ越し​が​執り行なわ​れ​た+ 20  すべて​この​よう​に,ヨシヤ​が​この​家​を​整え​た​後,エジプト​の​王​+ネコ​*+が​ユーフラテス​の​ほとり​の​カルケミシュ​+で​戦う​ため​に​上っ​て​来​た。それで,ヨシヤ​+は​彼​と​相対する​ため​に​出​て​行っ​た+ 21  そこで,[ネコ]は​彼​の​もと​に​使者​を​遣わし​て​言っ​た,「ユダ​の​王​よ,あなた​は​わたし​と​何​の​かかわり​が​ある​の​です​か*。わたし​が​今日,来​て​いる​の​は​あなた​を​攻める​ため​で​は​あり​ませ​ん*。わたし​の​戦い​は,また​わたし​が​騒動​を​引き起こす​よう​に​と​神​が​言わ​れ​た​の​は​別​の​家​に​対し​て​な​の​です。わたし​と​共​に​おら​れる​神​の​ゆえに,自分​の​ため​に​やめ​なさい。[]が​あなた​を​滅び​に​陥れ​させる​こと​が​あっ​て​は​なり​ませ​ん+」。 22  ところが,ヨシヤ​は​彼​から​顔​を​背け​ず+,かえって​彼​と​戦お​う​と​し​て​変装​し+神​の​み口​から​出​た​ネコ​+の​言葉​に​聴き従わ​なかっ​た。それで,彼​は​メギド​+の​谷あい​の​平原​で​戦う​ため​に​行っ​た。 23  すると,射手​たち​+が​ヨシヤ​王​を​射​た​の​で,王​は​その​僕​たち​に,「わたし​を​降ろし​て​くれ。大変​ひどい​傷​を​負っ​た​の​だ+」と​言っ​た。 24  そこで,その​僕​たち​は​彼​を​兵車​から​降ろし,彼​の​もの​で​あっ​た​第​二​の​戦車​に​乗せ​て,エルサレム​に​連れ​て​来​た+。こう​し​て​彼​は​死ん​だ​の​で+,その​父祖​たち​の​墓地​に​葬ら​れ​た+。全​ユダ​と​エルサレム​は​ヨシヤ​を​悼む​の​で​あっ​た+ 25  それで,エレミヤ​*+は​ヨシヤ​の​こと​で​詠唱​し​はじめ​た+。男​の​歌うたい​も​女​の​+歌うたい​も​皆,今日​に​至る​まで,その​哀歌​の​中​で​ヨシヤ​に​つい​て​語り​続け​て​いる。彼ら​は​これ​を​イスラエル​の​規定​と​し​て​おり,それ​は​哀歌​+の​中​に​まさしく​記さ​れ​て​いる。 26  ヨシヤ​の​その他​の​事績+,エホバ​の​律法​+に​記さ​れ​て​いる​ところ​に​したがっ​た,その​愛​ある​親切​の​行ない*+ 27  および​彼​の​事績​は,最初​の​もの​も​最後​の​もの​も+,イスラエル​と​ユダ​の“王​たち​の​書+”に​まさしく​記さ​れ​て​いる。

脚注

「級」。字義,「組」。
「雄​の​子やぎ」。字義,「やぎ​の​子​ら」。
「ヒルキヤ」。ヘ語,ヒルキーヤー。
「彼ら​の​手​から​その​血​を」,七十訳; シリ訳,「その​血​の​幾らか​を」。
「整え​た」,七十訳; マソ本,「取り除い​た」。
または,「ネカウ」。
字義,「わたし​と​あなた​と​に​は​何​が[ある​の​でしょ​う​か]」。ヘブライ​語​の​慣用​句; ヨシヤ​の​介入​に​対し​て​異議​を​示す,反発​的​な​質問。付録7ロ参照。
「わたし​が​今日,来​て​いる​の​は​あなた​を​攻める​ため​で​は​あり​ませ​ん」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「今日,あなた​を​攻める​の​で​は​あり​ませ​ん」。
「エレミヤ」。ヘ語,イルメヤーフー。
または,「その​忠節​な​愛」。