内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 32:1‐33

32  これらおよびこの忠実歩み+後,アッシリア+セナケリブ+て,ユダ侵入し,防備施さ都市+向かっ陣営敷き,突破作戦よっこれ自分ものすること考えた。  ヒゼキヤセナケリブて,エルサレム対し戦いよう向け+いる見ると,  そのたち+,およびあるたち諮って,市あるふさぐこと決め+。彼らは[王]を助けた。  そこで,多く集まり,すべてと,このみなぎり流れる奔流+ふさい言った,「アッシリアたちて,実際,たくさん見いだすことあっよいか」。  その上,彼勇気奮い起こして,崩れ城壁+全部建て直し,その+を,さらに外側もうひとつ城壁+立て,“ダビデ都市”の*+修理し,たくさん飛び道具++造った。  次い軍隊+立て,市公共広場+彼ら自分ところ集めて,その語りかけ+言った,  「勇気出し,強くあれ+。アッシリアゆえに+,またいるすべて群衆ため+恐れならない+。おびえならない+。わたしたちいるいるより多いからある。  彼いるある+,わたしたちいるは,わたしたち助け,わたしたち戦い戦っくださる+,わたしたちエホバある+」。こうて,民ユダヒゼキヤ言葉元気出すようなっ+  このこと,アッシリアセナケリブ+は,ラキシュ+おり,その帝国+,そのたちエルサレム遣わして,ユダヒゼキヤエルサレムすべてユダ対しこう言わせた。 10  「アッシリアセナケリブこのよう言わ+。『お前たち信頼エルサレム包囲静か座っいる+ 11  ヒゼキヤ+は,「わたしたちエホバアッシリアたなごころからわたしたち救い出しくださる+」と言って,お前たち唆し+,飢え渇きよっお前たち死なよういるないか。 12  そのもろもろ高き所+祭壇取り除き+,ユダエルサレム対して,「あなた方は,ただ一つ祭壇+かがめなけれなら+,その犠牲立ち上らなけれならない+」と言っこのヒゼキヤないか。 13  お前たちは,このわたしわたし父祖たちすべて知らない+。地国民神々+一体,自分たちわたしから救い出すことできあろか。 14  わたし父祖たち滅びためささげこれら国民すべて神々に,そのわたしから救い出すことできだれいるで,お前たちお前たちわたしから救い出せるいう+ 15  だから今,ヒゼキヤお前たち欺いたり+,このようお前たち唆したり+することあっならず,彼信じならない。どの国民あるいは王国も,そのわたしから,またわたし父祖たちから救い出すことできなかっ*からある。そうあれば,まして,お前たちわたしからお前たち救い出す*ことなどできよう+』」。 16  そして,彼たちなおも,[まことの]エホバと,そのヒゼキヤ逆らっ語っ+ 17  彼手紙さえ書い+,イスラエルエホバそしり+,[]に逆らっ語っ言った,「わたしから自分たち救い出さなかっ+国民神々+ように,ヒゼキヤも,そのわたしから救い出さないあろう」。 18  そして,彼ら+城壁エルサレム向かって,ユダヤ言語+大声+呼ばわり続け,彼ら恐れさせ+,動揺た。それは,この攻め取るためあった。 19  そして彼らは,人造っものある+もろもろ神々逆らう同様エルサレム+逆らっ語り続け+ 20  ところで,王ヒゼキヤ+アモツ+子,預言+イザヤ*+は,このこと祈り続け+,天援助叫び求め+ 21  するとエホバひとりみ使い+遣わし,アッシリア陣営+すべて勇敢ある+,指揮者,長たちぬぐい去っで,彼もっ自分土地戻っ行った。後に,彼その*入っが,彼内部からあるたちが,そこで倒し+ 22  こうて,エホバアッシリアセナケリブ+手,およびすべてからヒゼキヤエルサレム住民救い,周囲至る所彼ら休まられ+ 23  それで,エルサレムエホバ供え物+を,またユダヒゼキヤえり抜き携え多数おり+,その後,彼すべて国々高められるようなっ+ 24  そのころ,ヒゼキヤ病気かかっそうなり+,エホバ祈りはじめ+。そこで[]は話しかけ+,ひとつ異兆+お与えなった。 25  しかしヒゼキヤは,自分施さ恩恵したがってお返しなかっ+。そのごう慢なり+,憤り+対して,またユダエルサレム対し臨んある。 26  ところが,ヒゼキヤそのごう慢へりくだり+,彼エルサレム住民も[そうた]ので,エホバ憤りヒゼキヤ時代彼ら臨まなかっ+ 27  そして,ヒゼキヤ栄誉大変おびしく+得,銀,金+,宝石+,バルサム+,盾+,すべて好ましい品物+ため倉庫自分ため造った。 28  それまた,穀物,新しいぶどう+,油産物ため貯蔵+,またあらゆる畜獣ため畜舎+群れため畜舎を[造った]。 29  そして,幾つ都市自分ため取得し,また群れ+群れ+畜類おびただしく[取得た]。非常多く財産与えられからある+ 30  そして,このヒゼキヤこそ,ギホン++ふさぎ+,これを“ダビデ都市+”の西まっすぐ引き下ろしあった。こうヒゼキヤそのすべて成功収め続け+ 31  それで,このようて,すなわち,この起き異兆+つい尋ねさせるため,彼もと遣わさ+バビロン*+たち代弁たちより,[まことの]試み+,そのうちあることことごとく知ろ+,彼放置ある+ 32  ヒゼキヤその他事績+およびそのある親切行ない*+は,アモツ+子,預言イザヤ*幻,ユダイスラエルの“王たち+”にまさしく記さいる。 33  ついにヒゼキヤその父祖たち横たわり+,人々ダビデ埋葬坂道葬っ+。その際して,ユダすべて人々エルサレム住民敬意表し+。そして,そのマナセ+代わっ治めはじめた。

脚注

「の」。ヘ語,ハンミッロー
「どの……も……なかった」。ヘ語,ロー……コルエローアハ。エローヒーム単数形。
「救い出す」。この動詞ヘブライその主語一致複数形。主語エローヘーケム(「お前たち」)は複数で,威光表わす。動詞七十訳ウル訳単数形; マソ本,17後半同様単数形。
「と……イザヤ」。ヘ語,ウィーシャエヤーフー,「エホバ救い」の意; 七十訳,「エサイアス」; ウル訳,「イサイアス」。
「その」。ヘ語,エローハーウ。エローアハ複数で,威光表わすためセナケリブ偽り用いられいる。ギ語,テウー; ラ語,デイー。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,「バベル」。
または,「その忠節愛」。
「イザヤ」。ヘ語,エシャエヤーフー。