内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 31:1‐21

31  そして,彼このすべて終えるや,[そこに]いイスラエル+みなユダ都市行き+,聖柱打ち壊し+,聖木*切り倒し+,全ユダ+ベニヤミンから,またエフライム+マナセ+高き所+祭壇取り壊し+,ついに終えた。その後,イスラエルみなその都市,各々自分所有帰った。  それから,ヒゼキヤレビ+彼ら+うち定め,焼燔捧げ物+共与犠牲+関し,祭司+レビ+ためその奉仕応じて,各々エホバ宿営奉仕+,感謝+賛美+ささげさせた。  そして,焼捧げ物+ため自分財産+から出しあった。すなわち,エホバ律法記さいる通り+,朝+焼燔捧げ物ため,また安息+,新月+,祭り時期+焼燔捧げ物ためあった。  その,彼民,エルサレム住民に,祭司レビ++与えるよう言った。それ彼らエホバ律法+固く守るためあっ+  そして,その広まるや,イスラエル+穀物+,新しいぶどう+,それ++およびすべて産物+初物増やし,すべてもの十分おびしく携え+  それに,ユダ都市住んイスラエルユダ+は,彼らまた,牛十分一,ならびなるもの+,すなわち彼らエホバ神聖ものささげられ十分を[携えた]*。彼ら携えは,うずたかく積み重ねた。  第+に,彼ら一番据え積み重ね始め,第+終えた。  ヒゼキヤたち+て,その積み重ねもの見ると,エホバそのイスラエル+祝福+  やがて,ヒゼキヤそのみ重ねもの+つい祭司レビ尋ねた。 10  すると,ザドク+祭司アザリヤ*+言った。しかも,こう言った。「人々寄進+エホバ携え始めからこのかた,食べて,満ち足り+,余分おびしくあります+。エホバが,その祝福からです+。その残っものこんな沢山あるです*」。 11  そこで,ヒゼキヤエホバ食堂+整えるよう言った。それゆえ彼らは[それを]整えた。 12  そして,彼寄進+十分+なるもの忠実+携え入れ続けた。レビコナヌヤ*指揮それつかさどっおり,その兄弟シムイそのあった。 13  そして,エヒエル,アザズヤ*,ナハト,アサエル,エリモト,ヨザバド,エリエル,イスマクヤ*,マハト,ベナヤ*ヒゼキヤ命令よって,コナヌヤその兄弟シムイそば事務あり,アザリヤ+は[まことの]指揮するあった。 14  また,レビイムナコレ東方+門衛+で,[まことの]自発+捧げ物つかさどって,エホバ寄進+最もなるもの+与えた。 15  そして,彼指揮は,エデン,ミヌヤミン,エシュア*,シェマヤ*,アマルヤ*およびシェカヌヤ*おり,祭司都市+で,責任ある職務+就いおり,各組+彼ら兄弟たちに,大いなるなる等しく+与えた。 16  ただし,三以上男子+で,すべて各々したがってその務めより自分たち奉仕ために,毎日決まっエホバ入るで,系図+記録載せられあった。 17  これたち+ごと祭司,また各々おけるその務めよる+,二十+以上レビ+系図記録ある* 18  また,すべて小さいたち,妻たち,息子たち,娘たちうち系図記録載せられたちため,全会衆ためある。彼ら責任ある職務就い+,聖なるものため神聖ものからある+ 19  それに,彼都市牧草+いるアロン+ら,祭司たちためある。それぞれすべて都市は,[各々の]名よっ指名人々て,祭司うちすべて男子,およびレビうち系図記録載せられ全員その与えた。 20  こうヒゼキヤユダこのよう行ない,そのエホバ善いこと+,正しいこと+,忠実こと+行ない続けた。 21  そして,彼その求める+ために,[まことの]奉仕+つき,律法+つき,おきてつい始めすべておいて,彼つく+行ない,成功収め+

脚注

または,「アシェリム」。
「携えた」,七十訳,ウル訳; マソ本省いいる。
「アザリヤ」。ヘ語,アザルヤーフー。
「その祝福からです。わたしたちなおこんなに(多数; おびただしく)残っいるです」,七十訳。マソ本この難解は,「その残っいるもの(残さもの),この群衆さえ祝福からです」と読めるようある。
「コナヌヤ」。ヘ語,コーナンヤーフー。
アザズヤ」。ヘ語,ワアザズヤーフー
イスマクヤ」。ヘ語,ウェイスマクヤーフー
ベナヤ」。ヘ語,ウーヴェナーヤーフー
エシュア」。ヘ語,ウェエーシューア; 七十訳,「イエス」。創 49:18,「救いを」の脚注参照。
シェマヤ」。ヘ語,ウーシェマエヤーフー
「アマルヤ」。ヘ語,アマルヤーフー。
「およびシェカヌヤ」。ヘ語,ウーシェカンヤーフー
「これは……である」,七十訳; マソ本,「そして[彼らは]……を[持った]」。