内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 30:1‐27

30  次いで,ヒゼキヤは全イスラエルとユダに人を遣わし+,またエフライム+とマナセ+に手紙を書いて,エルサレムにあるエホバの家に来て+,イスラエルのエホバのために過ぎ越し+を執り行なうように[勧めた]。  ところで,王とその君たち+とエルサレムの全会衆+は第二の月に過ぎ越しを執り行なうよう決意した+  というのは,その時にはこれを執り行なうことができなかったからである+。一方では十分の数の祭司+が身を神聖なものとしてはおらず,他方,民もエルサレムに集まっていなかったからである。  それで,この事は王の目にも,全会衆の目にも正しかった+  そこで彼らは,ベエル・シェバ+からダン+に至るまで,全イスラエルにあまねくお触れ*を出させ+,来て,エルサレムでイスラエルのエホバのために過ぎ越しを執り行なうよう呼びかけることに決定した。記されている通りに+そのようにしたのは大勢ではなかったからである+  それゆえ,走者たち+は王とその君たち+の手から受けた手紙を携えて,全イスラエルとユダの至る所に行き,まさしく王の命令にしたがってこう言った。「イスラエルの子らよ,アブラハム,イサク,イスラエルの+エホバに立ち返りなさい+。それは[]が,あなた方のうちに残された,アッシリア+の王たちのたなごころから逃れた者たち+のもとに帰って来てくださるためです。  それで,父祖たちのエホバに対して不忠実なことをしたあなた方の父祖+や,あなた方の兄弟たちのようになってはなりません。そのために,[]は,あなた方が見ている通り,彼らを驚くべきもの+とされたのです。  今,あなた方の父祖たちがしたように,あなた方のうなじをこわくしてはなりません+。エホバに服し*+,[]が定めのない時までも神聖なものとされた+その聖なる所+に来て,あなた方のエホバに仕えなさい+。その燃える怒り+があなた方から元に戻るためです。  あなた方がエホバに立ち返るなら+,あなた方の兄弟や子らは,彼らをとりこにした者たちの前に憐れみを受け+,この地に帰ることを許されるからです+。あなた方のエホバは慈しみ深く+,憐れみ深い方+で,もしあなた方が[]に立ち返るなら,あなた方からみ顔をそむけることはなさらないからです+」。 10  それで,走者たち+は引き続きエフライム+とマナセの地の至る所で,ゼブルンに至るまで,都市から都市へと進んで行ったが,人々は引き続き彼らのことをあざけって話し,彼らをあざ笑っていた+ 11  ただし,アシェルとマナセおよびゼブルンからのある人々+はへりくだったので+,彼らはエルサレムに来た。 12  [まことの]の手はまた,ユダにも臨んで,人々に一つの心を与え+,エホバの事柄+において王と君たちの命令を実行させた+ 13  こうして,彼ら,おびただしい民は,第二の月+に,無酵母パンの祭り+を執り行なおうとエルサレムに寄り集まったが+,非常におびただしい会衆であった。 14  それから,彼らは立ち上がり,エルサレムにあった祭壇を取り除き+,すべての香壇+を取り除き,[それらを]キデロンの奔流の谷+に投げ入れた。 15  その後,彼らは第二の月の十四[日]に過ぎ越し+のいけにえをほふった。祭司たちとレビ人は,辱められたので,彼らは身を神聖なものとして+,焼燔の捧げ物をエホバの家に携えて来た。 16  そして彼らは自分たちの定めにしたがい,[まことの]の人*モーセの律法にしたがって,自分たちの場所に立ち+,祭司たち+はレビ人の手から受け取った血を振り掛けるのであった。 17  会衆の中には,身を神聖なものとしていなかった者が多かったからである。レビ人+は清くないすべての人々のために過ぎ越しのいけにえ+をほふる役目に就き,彼らをエホバのために神聖なものとした。 18  身を清めていなかった者+で,民のうちの多数の者,すなわちエフライム+とマナセ+,イッサカルとゼブルン+からの多くの者がいたからである。彼らは記されている通りには過ぎ越しのものを食べなかったのである+。しかしヒゼキヤは彼らのために祈って+言った,「善良な+エホバが, 19  たとえ聖なるもののために浄めることがなされていなくても+,[まことの],父祖たちの,エホバを求めようと心を定めた者+すべてを酌量されますように」。 20  そこでエホバはヒゼキヤ[の言うこと]を聴いて,民をいやされた+ 21  こうして,エルサレムにいたイスラエルの子らは大いなる歓び+を抱いて七日間,無酵母パンの祭り+を執り行なった。レビ人+と祭司たち+は大きな音を出す楽器をもって毎日エホバに,まさしくエホバに賛美をささげるのであった+ 22  その上,ヒゼキヤはエホバに対して優れた思慮分別をもって+事を行なっていたすべてのレビ人の心に語りかけた+。こうして彼らは,共与の犠牲をささげ+,彼らの父祖たちのエホバに告白をしつつ+,七日間+,定められた祝いの食物を食べた。 23  それから,全会衆はさらに七日間+[祭り]を執り行なうことに決めたので+,歓びを抱いて七日間これを執り行なった。 24  ユダの王ヒゼキヤは,雄牛一千頭,羊七千頭を会衆のために寄進し+,君たち+も,雄牛一千頭,羊一万頭を会衆のために寄進したからである。祭司たち+も多数,身を神聖なものとしていた。 25  こうして,ユダの全会衆+と祭司とレビ人+,ならびにイスラエル+から来た全会衆,およびイスラエルの地+から来た外人居留者*+とユダに住んでいる者たちは歓んでいた+ 26  そして,エルサレムには大いなる歓びがあった。イスラエルの王ダビデの子ソロモン+の時代からこのかた,このようなことはエルサレムにはなかったからである+ 27  ついに,祭司たち,レビ人たちは立ち上がって,民を祝福した+。彼らの声は聞き届けられて,彼らの祈りは[]の聖なる住まい,天+に届いた。

脚注

「お触れ」。字義,「声」。ヘ語,コール; ギ語,ケーリュグマ,「告知; 宣べ伝えること」。マタ 12:41脚注比較。
字義,「手与え」。
「[まことの]」。ヘ語,イーシュハーエローヒーム
または,「および……一時居留」。ヘ語,ウェハッゲーリーム; 七十訳,ウル訳,「改宗者」。