内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 29:1‐36

29  ヒゼキヤ*+は,二十五なり,エルサレム二十九治めた。彼アビヤいって,ゼカリヤ+あった。  そして,彼すべてその父祖ダビデ行なっ通り+,エホバ正しいこと行ない続け+  彼は,その統治年,第に,エホバ開き,これ修理はじめ+  それから,彼祭司レビ連れて,東広場集め+  次いで,彼らこう言った。「レビたちよ,わたし[の言うこと]を聴きなさい。今,身神聖もの+,あなた方父祖エホバ神聖ものし,聖なる場所から不浄もの出しなさい+  というのは,わたしたちたち忠実こと+,わたしたちエホバ悪いこと行なっ+,[]を捨て+,エホバ幕屋から自分たちそむけ+,うなじ向けからです。  彼らまた,玄関+閉じ,ともしび消しまま+,香たか+,イスラエルためなる場所焼燔犠牲ささげませでし+  それで,エホバ憤り+ユダエルサレム臨んで,あなた方自分いる通り,[]は彼ら身震いべきもの+,驚くべきもの+,また口笛吹くいわれ+されました。  そして,見なさい,わたしたち父祖倒れ+,わたしたち息子たち,娘たち,妻たちそのため捕囚なっます+ 10  今,イスラエルエホバ契約結ぶことわたし掛かっます+。その燃える怒りわたしたちから戻るためです。 11  我よ,今は,身休めなりませ+。あなた方エホバご自分立たせ,ご自分奉仕+,その奉仕+て,また犠牲立ち上らせる+とどまるようされたちからです」。 12  そこで,レビ+立ち上がった。すなわち,コハト+うちアマサイマハトアザリヤヨエル,メラリ+からは,アブディキシュエハレルエルアザリヤ,ゲルション+からは,ジマヨアハヨアハエデン, 13  エリザパン+からは,シムリエウエル,アサフ+からは,ゼカリヤマタヌヤ, 14  ヘマン+からは,エヒエルシムイ,エドトン+からは,シェマヤウジエルある。 15  それから,彼ら自分兄弟たち寄せ集め,身神聖もの+,エホバ言葉よる命令したがって+,エホバ清めるため+やった。 16  さて,祭司たちエホバ清めるためその入り,エホバ神殿見いだし汚れものみな,エホバ中庭+出した。一方,レビそれ受け取って,外キデロン奔流+持ち出した。 17  こう彼ら一[日]に神聖ものすること始め,そのエホバ玄関+達しで,彼らわたっエホバ神聖ものし,第+十六終えた。 18  その後,彼ら入り,王ヒゼキヤもと言った,「私たちエホバことごとく,焼燔捧げ物祭壇+そのすべて器具+,重ねパン食卓+そのすべて器具+清めました。 19  また,アハズ+その治世忠実こと*+使用ないよう取り除いすべて器具+整え,これ神聖ものまし+。ご覧ください,それらエホバ祭壇あります」。 20  それで,王ヒゼキヤ+早く起き+,都たち寄せ集め+,エホバ上っ行った。 21  そして,彼ら王国なるユダため捧げ物+雄牛+,七雄羊,七子羊,七やぎ引いた。そこで,彼祭司+あるアロン言って,これエホバ祭壇ささげさせた。 22  それゆえ,彼らほふり+,祭司たちその受け取っ+,祭壇振り掛け+。その後,彼ら雄羊ほふり,その祭壇振り掛け,また子羊ほふり+,その祭壇振り掛け+ 23  それから,彼ら会衆前,その近く捧げ物やぎ連れ+,その自分たち置い+ 24  そこで,祭司たちこれらほふり,その祭壇ささげ捧げ物し,全イスラエルため贖罪行なっ+。焼燔捧げ物捧げ物[がなけれならない+]と言っイスラエルためだっからある+ 25  そのに,彼ダビデ+および見るあるガド+,それ預言ナタン+命令よって,レビ+シンバル+弦楽器+たて琴+持たせて,エホバ立たた。この命令エホバ預言たち通しもたらさは,そのみ手よるものからある+ 26  そこで,レビダビデ楽器+持ち,祭司たちラッパ+持っ立った。 27  そこで,ヒゼキヤ焼燔犠牲祭壇ささげるよう言った。焼燔捧げ物始まっに,エホバ+始まり,ラッパも,イスラエルダビデ楽器導きに[鳴り始めた]。 28  そして,全会衆*かがめおり+,歌響き渡り+,ラッパ鳴り響いた ― これみな焼燔捧げ物終わるまで[続いた]。 29  そして,彼らそれささげ終えるや,王およびすべて低くかがめ,平伏+ 30  そこで,王ヒゼキヤたち+ダビデ+見るあるアサフ+言葉もっエホバ賛美するようレビ言った。それ彼ら実際,歓び抱い+賛美ささげはじめ,身かがめて,平伏+ 31  ついに,ヒゼキヤ答え言った,「今や,あなた方エホバため権能満たしまし+。近寄って,エホバ犠牲感謝+犠牲携えなさい+」。それで,会衆犠牲感謝犠牲を,またから進ん行なうみな,焼燔捧げ物携え来るようなっ+ 32  そして,会衆携え焼燔捧げ物七十頭,雄羊頭,雄子羊二百あった ― これらみなエホバ焼燔捧げ物て[ささげるもの]であっ+ 33  また,聖なる捧げ物は,牛六百頭,羊三千頭。 34  ただ,祭司たち+余り少なくて,すべて焼燔捧げ物はぐことできなかっ+。それ彼ら兄弟たち+あるレビ助力で,ついにその仕事終わり+,祭司たち神聖ものすることでき+。レビ神聖ものすることは,祭司たちより廉直+あっからある。 35  それまた,焼燔捧げ物+共与+犠牲+部分および焼燔捧げ物ため飲み物+捧げ物おびただしかった。こうて,エホバ奉仕整えられ+ 36  それゆえ,ヒゼキヤすべては[まことの]ため用意くださっこと歓ん+。この起き突然ことだっからある+

脚注

二 20:10脚注参照。
「不忠実こと」,マソ本; ギ語,アポスタシアーイ,「背教」。「離れ立つ」という動詞アフィステーミから派生; この名詞遺棄,放棄,もしくは反逆いう意味ある。ヨシュ 22:22; 使徒 21:21; テサ二 2:3脚注参照。
会衆」。ヘ語,ハッカーハール; ギ語,ヘー エックレーシア