内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 26:1‐23

26  そこでユダ+みなウジヤ*+取り,彼十六あっが,これそのアマジヤ+代わり+  王その父祖たち横たわっ+,彼エロト+建て直し,これユダ復帰ある。  ウジヤ+治めはじめき,十六で,エルサレム五十二治めた。そしてエコルヤ+いって,エルサレムあった。  そしてエホバ正しいこと行ない続け+。すべてそのアマジヤ行なっ通りあっ+  そしては,[まことの]恐れ教え諭す+あっゼカリヤ時代絶え求めるあっ+。彼エホバ求め間,[まことの]栄えさせられ+  こう行って,フィリスティア+戦い,ガト+城壁,ヤブネ+城壁,アシュドド+城壁打ち破り,その後,アシュドド+[の領地]に,またフィリスティアたち都市建てた。  そして,[まことの]引き続き助け+フィリスティア人,グルバアル住むアラビア+,メウニム+立ち向かわた。  そしてアンモン+ウジヤ貢ぎ物+納めるようなった。ついに名声+エジプトまで及んだ。彼異例ほど強さ発揮からある。  さらに,ウジヤエルサレムで,“隅+”,“谷+”,“控え壁”のそば建て+,これ強固た。 10  その上,彼荒野+建て,多く水溜め切り掘り(彼ものなったくさん畜類からあるが),シェフェラ+台地また[そうた]。山々カルメル農夫ぶどう栽培たちた。それ農耕好むだっからある。 11  さらに,ウジヤ戦い行なう軍勢持っが,彼ら書記+エイエルつかさマアセヤよるその登録+より,王たち+うちハナニヤ指揮+で,部隊+に[分かれて]兵役服し行くたちあった。 12  勇敢+,力あるたち+で,父方たち+総数は,二千六百あった。 13  そして彼ら指揮軍隊三十万七千五百あり,王助け当たる軍勢もっ戦い行なうたちあっ+ 14  そしてウジヤ引き続き彼らため,その全軍ために,盾+,小槍+,かぶと+,小札かたびら+,弓+,石投げ+用意た。 15  さらに,彼エルサレムで,技術考案ものある戦闘機械造った。これ+や,隅据えて,矢大石射るためあった。それゆえ,彼名声+大変遠くまで及んだ。彼驚くべき仕方助けられて,ついに強くなっからある。 16  ところが,彼強くなるや,その滅びもたらすほど+ごう慢なっ+,彼そのエホバ対し忠実ことし,エホバ神殿入っ祭壇たこ+ 17  直ちに祭司アザリヤと,彼エホバ祭司たち,八十勇敢たちが,彼つい入った。 18  そこで,彼らウジヤ向かっ立ち上がり+,彼言った,「ウジヤよ,エホバたくあなたすることなく+,香たくは,神聖ものされたち,アロン+ある祭司たちすることです。聖なるから行きなさい。あなた忠実ことからです。それあなたとっエホバから栄光なりませ+」。 19  ところが,ウジヤ激怒+,そのたくため香炉+あった。彼祭司たち対し激しい怒り抱いいるに,その祭司たち前,エホバ中,香祭壇傍らで,らい病+突然現われ+ 20  祭司*アザリヤ祭司たち全員向くと,何と,彼らい病冒さ+。そこで,彼ら興奮そこから立ち退かが,彼また急い行った。エホバ打たからある+ 21  そして,王ウジヤ+死ぬまでらい病ままで,らい病+て,務め免除住んた。彼エホバから断たからある。一方,そのヨタムつかさどり,この裁いた。 22  そして,ウジヤ+その他事績は,最初もの最後ものも,アモツ+子,預言イザヤ*+書き記した。 23  ついにウジヤその父祖たち横たわった。それで,人々その父祖たちに,[ただし]王たちものあっ埋葬葬っ+。それ人々が,「彼らい病ある」と言っからある。そして,そのヨタム+代わっ治めはじめた。

脚注

「わたし強さエホバ」の意。ヘ語,ウッジーヤーフー。
または,「大祭司」。七十訳,「第祭司」; ラ語,ポンティフェクス。
「エホバ救い」の意。ヘ語,エシャエヤーフー。