内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

歴代第二 23:1‐21

23  そして,その​第​七​年​に​エホヤダ​+は​勇気​を​奮い,百​人​の​長​たち+,すなわち​エロハム​の​子​アザリヤ,エホハナン​の​子​イシュマエル,オベデ​の​子​アザリヤ,アダヤ​の​子​マアセヤ,ジクリ​の​子​エリシャファト​を​招き寄せ,彼​と​共​に​契約​に​加わら​せ​た。  後​に,彼ら​は​ユダ​を​くまなく​巡り,ユダ​の​すべて​の​都市​から​レビ​人​+を,また​イスラエル​の​父方​の​+家​の​頭​たち​+を​集め​た。そこで,彼ら​は​エルサレム​に​来​た。  それ​から,全​会衆​は[まこと​の]​の​家​+で​王​と​契約​を​結び+,その​後,彼​は​それら​の​人​に​こう​言っ​た。 「見よ,王​の​子​+が,治める​こと​に​なる+。エホバ​が​ダビデ​の​子​ら​に​関し​て​約束​さ​れ​た​通り​で​ある+  あなた方​の​する​事​は​こう​だ。すなわち,安息​日​に​入っ​て​来る​+あなた方,祭司​+および​レビ​人​+の​三分​の​一​は​入口​を​守る​者​+の​勤め​に​当たり,  三分​の​一​は​王​の​家​+に​おり,三分​の​一​は“基​の​門+”に​おり,すべて​の​民​は​エホバ​の​家​の​中庭​+に​いる​こと​に​なる。  そして,祭司​と,奉仕​する​レビ​人​の​者​たち​+の​ほか​は,だれ​も​エホバ​の​家​+に​入る​こと​が​あっ​て​は​なら​ない。これら​が​入る​者​たち​で​ある。彼ら​は​聖​なる​群れ​だ​から​で​ある+。民​も​皆,エホバ​に​対する​務め​を​守る​こと​に​なる。  そして,レビ​人​は,各々​武器​を​手​に​し​て,王​の​周り​を​取り囲ま​なけれ​ば​なら​ない+。また,だれ​で​も​その​家​に​入る​者​は,殺さ​れ​なけれ​ば​なら​ない。それで,王​が​入る​とき​に​も,出​て​行く​とき​に​も,共​に​い​なさい」。  そこで,レビ​人​および​すべて​の​ユダ[の​人々]は,すべて​祭司​エホヤダ​+が​命じ​た​通り​に​行なっ​た+。それ​で​彼ら​は​各々,安息​日​に​入っ​て​来る​部下​と,安息​日​に​出​て​行く​者​たち​と​を​一緒​に​率い​た+。祭司​エホヤダ​が​各組​+の​責務​を​免除​し​なかっ​た​から​で​ある。  さらに,祭司​エホヤダ​は[まこと​の]​の​家​+に​ある,ダビデ​​の​もの​で​あっ​た​+槍,盾,円盾​+を​百​人​の​長​たち​+に​渡し​た。 10  次い​で​彼​は​すべて​の​民​を,それ​も​各々​飛び道具​を​手​に​持たせ​て,その​家​の​右側​から​家​の​左側​に​至る​まで,祭壇​や​家​の​傍ら​に,王​の​近く​の​周り​に​配置​し​た+ 11  それ​から,彼ら​は​王​の​子​を​連れ出し+,その​子​に​王冠​+と​+を​着け​させ,彼​を​王​と​し​た​の​で,エホヤダ​と​その​子​ら​は​彼​に​油​を​そそい​で+,「王​が​生き長らえ​ます​よう​に+!」と​言っ​た。 12  アタリヤ​は,走り​ながら​王​を​たたえる​民​の​声​を​聞く​と+,すぐ​に​エホバ​の​家​の​民​の​ところ​に​来​た。 13  そこで​彼女​が​見る​と,何と,王​が​入り口​の​その​柱​*の​傍ら​に​立っ​て​おり+,王​の​傍ら​に​は​君​たち​+が​おり,ラッパ​+が​あっ​て,この​地​の​民​は​みな​歓び+,ラッパ​を​吹き鳴らし​て​おり+,歌​の​楽器​を​持つ​歌うたい​+や,賛美​を​ささげる​合図​を​する​者​たち​も[歓ん​で​い​た]。直ちに​アタリヤ​は​その​衣​を​引き裂き,「陰謀​だ! 陰謀​だ+!」と​言っ​た。 14  しかし,祭司​エホヤダ​は​軍勢​の​任じ​られ​た​者​たち​で​ある​百​人​の​長​たち​を​連れ​て​来​て,彼ら​に​言っ​た,「彼女​を​列​の​内側​から​連れ出せ+。だれ​で​も​彼女​に​付い​て​来る​者​は,剣​で​殺さ​れ​なけれ​ば​なら​ない!」 これ​は​祭司​が​さき​に,「あなた方​は​彼女​を​エホバ​の​家​で​殺し​て​は​なら​ない」と​言っ​た​から​で​ある。 15  そこで​彼ら​は​彼女​を​取り押さえ​た。彼女​が​王​の​家​の​馬​の​門​の​入り口​に​来​た​とき,彼ら​は​直ちに​そこで​彼女​を​殺し​た+ 16  それ​から,エホヤダ​は​彼​自身​*と​すべて​の​民​と​王​と​の​間​で,彼ら​が​エホバ​の​民​と​し​て​とどまる​と​いう​契約​を​結ん​だ+ 17  その​後,すべて​の​民​は​バアル​の​家​に​行っ​て,これ​を​取り壊し​た+。そして,その​祭壇​+と​その​像​を​打ち壊し+,バアル​の​祭司​マタン​+を​祭壇​の​前​で​殺し​た+ 18  さらに,エホヤダ​は​エホバ​の​家​の​職​を​祭司[と]レビ​人​*の​手​に​ゆだね​た。彼ら​は,ダビデ​+が,モーセ​の​律法​に​記さ​れ​て​いる​ところ​に​したがって,歓び​と,ダビデ​の​手​に​よる​歌​と​を​もっ​て​エホバ​の​焼燔​の​犠牲​を​ささげる​ため​に+,エホバ​の​家[の​勤め]に​当たる​組​に​分け​た​人々​で​ある。 19  それで,彼​は​エホバ​の​家​の​門​の​傍ら​に​+門衛​+を​配置​し,どんな​点​で​も​汚れ​た​者​は​だれ​も​入ら​せ​ない​よう​に​し​た。 20  さて,彼​は​百​人​の​長​たち+,貴人​たち,民​を​治める​者​たち,すべて​の​地​の​民​を​率い​て,エホバ​の​家​から​王​を​連れ下っ​た+。そこで​彼ら​は​そのまま​上​の​門​を​通っ​て​王​の​家​に​着き,王​を​王国​の​王座​+に​着か​せ​た。 21  こう​し​て,この​地​の​民​は​みな​引き続き​歓び+,この​都​に​は​何​の​騒動​も​なかっ​た。アタリヤ​を​彼ら​は​剣​で​殺し​た​の​で​ある+

脚注

あるいは,「入り口​の​その​立つ​場所」か​も​しれ​ない。
王​二 11:17では「エホバ」。
「祭司​と​レビ​人」,七十訳,シリ訳,ウル訳,および​幾つ​か​の​ヘブライ​語​写本; マソ本,「祭司,レビ​人」。