内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

歴代第二 22:1‐12

22  それ​から,エルサレム​の​住民​は​彼​の​一番​年下​の​子​アハジヤ​*+を​彼​の​代わり​に​王​と​し,(アラブ​+と​共​に​陣営​に​来​た​略奪​隊​が​年上​の​者​たち​を​全部​殺し​て​しまっ​た​から​で​ある​が+,)エホラム​の​子​アハジヤ​が​ユダ​の​王​と​し​て​治め​はじめ​た。  アハジヤ​は​治め​はじめ​た​と​き,二十二​*歳​で+,エルサレム​で​一​年​間​治め​た。そして,彼​の​母​の​名​は​アタリヤ​+と​いっ​て,オムリ​+の​孫娘​*で​あっ​た。  彼​も​また,アハブ​+の​家​の​道​に​歩ん​だ。彼​の​母​+が​邪悪​な​こと​を​する​点​で​彼​の​助言​者​と​なっ​た​から​で​ある。  それ​で​彼​は​アハブ​の​家​と​同様​に,エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​行ない​続け​た。その​父​の​死後,彼ら​が​彼​の​ため​に​助言​者​と​なっ​て+,彼​を​滅び​に​至ら​せ​た​から​で​ある。  また,彼​が​歩ん​だ​の​も,彼ら​の​助言​に​したがって​+で​あっ​た​の​で,彼​は​イスラエル​の​王​アハブ​の​子​エホラム​+と​共​に,ラモト​・​ギレアデ​+に​おける​シリア​の​王​ハザエル​+と​の​戦い​に​行っ​た​が,そこで​射手​が​エホラム​*を​討っ​た+  それ​で​彼​は,シリア​の​王​ハザエル​と​戦っ​た​とき​に​ラマ​で​彼ら​に​負わさ​れ​た​傷​+を​エズレル​で​いやす​ため​に​+帰っ​て​来​た。 ユダ​の​王​エホラム​+の​子​アザリヤ​+*,エズレル​に​いる​アハブ​の​子​エホラム​+を​見舞い​に​下っ​て​行っ​た。彼​が​病気​だっ​た​から​で​ある+  しかし,アハジヤ​が​エホラム​の​もと​に​行く​こと​に​よっ​て​その​没落​+が​生じ​た​の​は​神​から​出​た​こと​で​あっ​た+。彼​は​着く​と,エホラム​と​共​に​ニムシ​+の​孫​*エヒウ​+の​もと​に​出​て​行っ​た+。これ​は​エホバ​が​アハブ​の​家​を​断ち滅ぼす​ため​に​+油そそが​れ​た​者​+で​あっ​た。  そして,エヒウ​は​アハブ​+の​家​と​論争​を​始める​や,ユダ​の​君​たち​と​アハジヤ​の​兄弟​たち​の​子​ら,アハジヤ​+の​奉仕​者​たち​を​見つけ​て,彼ら​を​殺し​た+  それ​から​彼​は​アハジヤ​を​捜し求め​た。人々​は​ついに​彼​が​サマリア​+に​隠れ​て​いる​ところ​を​捕らえ+,これ​を​エヒウ​の​もと​に​連れ​て​来​た。そこで​人々​は​彼​を​殺し​て​葬っ​た+。人々​は,「彼​は​心​を​つく​し​て​エホバ​を​求め​た​+エホシャファト​の​孫​で​ある+」と​言っ​た​から​で​ある。そして,アハジヤ​の​家​に​は​王国​の​ため​に​力​を​保つ​者​は​ひとり​も​い​なかっ​た。 10  アハジヤ​の​母​アタリヤ​+で​ある​が,彼女​は​自分​の​子​が​死ん​だ​の​を​見​た。そこで​彼女​は​立ち上がり,ユダ​の​家​の​王族​の​子孫​を​ことごとく​滅ぼし​た+ 11  ところが,王​の​娘​エホシャブアト​+は​アハジヤ​の​子​エホアシュ​*+を​取り,殺さ​れ​よう​と​し​て​い​た​王​の​子​ら​の​中​から​その​子​を​盗み出し​て,その​子​と​その​乳母​を​寝​いす​の​ため​の​奥​の​部屋​に​入れ​た。こう​し​て,エホラム​王​+の​娘​で,祭司​エホヤダ​+の​妻​で​ある​エホシャブアト​は,(彼女​が​アハジヤ​の​姉妹​で​あっ​た​の​で,)アタリヤ​の​ゆえに​その​子​を​隠し​て​おい​た。それ​で​彼女​は​その​子​を​殺さ​なかっ​た+ 12  こう​し​て,彼​は​この​人々​と​共​に[まこと​の]神​の​家​に​六​年​間​隠れ​て​い​た+。その​間,アタリヤ​が​女王​+と​なっ​て​この​地​を​支配​し​て​い​た+

脚注

「アハジヤ」。ヘ語,アハズヤーフー。21:17の「エホアハズ」と​同一​人物。この​名​も「エホバ​は​とらえ​て​くださっ​た」の​意。ここ​で​は,ヤーフー​と​略記​さ​れ​て​いる​神​の​み名​が,「アハズ」に​前​に​付く​代わり​に,後​に​続い​て​いる。
「二十二」,七十訳,シリ訳,および王​二 8:26; マソ本,ウル訳,「四十二」; 七十訳,「二十」。
「孫娘」。字義,「娘」。
字義,「ヨラム」。
アザリヤ​は」。ヘ語,ワアザルヤーフー; 1,2,7‐11​節では「アハジヤ」。
字義,「子」。
字義,「ヨアシュ」。王​二 11:21の​脚注​参照。