内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 22:1‐12

22  それから,エルサレム住民一番年下アハジヤ*+代わりし,(アラブ+陣営略奪年上たち全部殺ししまっからある+,)エホラムアハジヤユダ治めはじめた。  アハジヤ治めはじめき,二十二*+,エルサレム治めた。そして,彼アタリヤ+いって,オムリ+孫娘*あった。  彼また,アハブ+歩んだ。彼+邪悪ことする助言なっからある。  それアハブ同様に,エホバ悪いこと行ない続けた。その死後,彼らため助言なっ+,彼滅び至らからある。  また,彼歩んも,彼ら助言したがって+あっで,彼イスラエルアハブエホラム+に,ラモトギレアデ+おけるシリアハザエル+戦い行っが,そこで射手エホラム*討っ+  それは,シリアハザエル戦っときラマ彼ら負わさ+エズレルいやすため+帰った。 ユダエホラム+アザリヤ+*,エズレルいるアハブエホラム+見舞い下っ行った。彼病気だっからある+  しかし,アハジヤエホラムもと行くことよっその没落+生じからことあっ+。彼着くと,エホラムニムシ+*エヒウ+もと行っ+。これエホバアハブ断ち滅ぼすため+油そそが+あった。  そして,エヒウアハブ+論争始めるや,ユダたちアハジヤ兄弟たちら,アハジヤ+奉仕たち見つけて,彼ら殺し+  それからアハジヤ捜し求めた。人々ついにサマリア+隠れいるところ捕らえ+,これエヒウもと連れた。そこで人々殺し葬っ+。人々は,「彼つくエホバ求め+エホシャファトある+」と言っからある。そして,アハジヤ王国ため保つひとりなかった。 10  アハジヤアタリヤ+あるが,彼女自分死んた。そこで彼女立ち上がり,ユダ王族子孫ことごとく滅ぼし+ 11  ところが,王エホシャブアト+アハジヤエホアシュ*+取り,殺さようからその盗み出して,そのその乳母いすため部屋入れた。こうて,エホラム+で,祭司エホヤダ+あるエホシャブアトは,(彼女アハジヤ姉妹あっで,)アタリヤゆえにその隠しおいた。それ彼女その殺さなかっ+ 12  こうて,彼この人々に[まことの]隠れ+。その間,アタリヤ女王+なっこの支配+

脚注

「アハジヤ」。ヘ語,アハズヤーフー。21:17の「エホアハズ」と同一人物。このも「エホバとらえくださった」の意。ここは,ヤーフー略記いるみ名が,「アハズ」に付く代わりに,後続いいる。
「二十二」,七十訳,シリ訳,および二 8:26; マソ本,ウル訳,「四十二」; 七十訳,「二十」。
「孫娘」。字義,「娘」。
字義,「ヨラム」。
アザリヤは」。ヘ語,ワアザルヤーフー; 1,2,7‐11では「アハジヤ」。
字義,「子」。
字義,「ヨアシュ」。二 11:21脚注参照。