内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第二 22:1-12

22  それから,エルサレムの住民は彼の一番年下の子アハジヤ*+を彼の代わりに王とし,(アラブ+と共に陣営に来た略奪隊が年上の者たちを全部殺してしまったからであるが+,)エホラムの子アハジヤがユダの王として治めはじめた。  アハジヤは治めはじめたとき,二十二*歳で+,エルサレムで一年間治めた。そして,彼の母の名はアタリヤ+といって,オムリ+の孫娘*であった。  彼もまた,アハブ+の家の道に歩んだ。彼の母+が邪悪なことをする点で彼の助言者となったからである。  それで彼はアハブの家と同様に,エホバの目に悪いことを行ない続けた。その父の死後,彼らが彼のために助言者となって+,彼を滅びに至らせたからである。  また,彼が歩んだのも,彼らの助言にしたがって+であったので,彼はイスラエルの王アハブの子エホラム+と共に,ラモト・ギレアデ+におけるシリアの王ハザエル+との戦いに行ったが,そこで射手がエホラム*を討った+  それで彼は,シリアの王ハザエルと戦ったときにラマで彼らに負わされた傷+をエズレルでいやすために+帰って来た。 ユダの王エホラム+の子アザリヤ+*,エズレルにいるアハブの子エホラム+を見舞いに下って行った。彼が病気だったからである+  しかし,アハジヤがエホラムのもとに行くことによってその没落+が生じたのはから出たことであった+。彼は着くと,エホラムと共にニムシ+の孫*エヒウ+のもとに出て行った+。これはエホバがアハブの家を断ち滅ぼすために+油そそがれた者+であった。  そして,エヒウはアハブ+の家と論争を始めるや,ユダの君たちとアハジヤの兄弟たちの子ら,アハジヤ+の奉仕者たちを見つけて,彼らを殺した+  それから彼はアハジヤを捜し求めた。人々はついに彼がサマリア+に隠れているところを捕らえ+,これをエヒウのもとに連れて来た。そこで人々は彼を殺して葬った+。人々は,「彼は心をつくしてエホバを求めた+エホシャファトの孫である+」と言ったからである。そして,アハジヤの家には王国のために力を保つ者はひとりもいなかった。 10  アハジヤの母アタリヤ+であるが,彼女は自分の子が死んだのを見た。そこで彼女は立ち上がり,ユダの家の王族の子孫をことごとく滅ぼした+ 11  ところが,王の娘エホシャブアト+はアハジヤの子エホアシュ*+を取り,殺されようとしていた王の子らの中からその子を盗み出して,その子とその乳母を寝いすのための奥の部屋に入れた。こうして,エホラム+の娘で,祭司エホヤダ+の妻であるエホシャブアトは,(彼女がアハジヤの姉妹であったので,)アタリヤのゆえにその子を隠しておいた。それで彼女はその子を殺さなかった+ 12  こうして,彼はこの人々と共に[まことの]の家に六年間隠れていた+。その間,アタリヤが女王+となってこの地を支配していた+

脚注

「アハジヤ」。ヘ語,アハズヤーフー。21:17の「エホアハズ」と同一人物。この名も「エホバはとらえてくださった」の意。ここでは,ヤーフーと略記されている神のみ名が,「アハズ」に前に付く代わりに,後に続いている。
「二十二」,七十訳,シリ訳,および王二 8:26; マソ本,ウル訳,「四十二」; 七十訳,「二十」。
「孫娘」。字義,「娘」。
字義,「ヨラム」。
アザリヤは」。ヘ語,ワアザルヤーフー; 22章1,2,7‐11節では「アハジヤ」。
字義,「子」。
字義,「ヨアシュ」。王二 11:21の脚注参照。