アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第二 21:1-20

21  ついにエホシャファトはその父祖たちと共に横たわり+,“ダビデの都市”にその父祖たちと共に葬られた+。その子エホラム+が彼に代わって治めはじめた。  そして,彼には兄弟たち,エホシャファトの子らがおり,アザリヤ*,エヒエル,ゼカリヤ,アザリヤ*,ミカエル,シェファトヤで,これらはみなイスラエル*の王エホシャファトの子らであった。  そこで,その父は彼らに銀,金,えり抜きの品々などの多くの贈り物+,それと共にユダにある防備の施された都市を与えたが+,王国はエホラム+に与えた。彼は長子だったからである+  エホラムはその父の王国に立つと,その地位を強固にし,その兄弟たちをことごとく剣で殺し+,またイスラエルの君たちの何人かの者をも[殺した]。  エホラムは治めはじめたとき,三十二歳で,エルサレムで八年間治めた+  そして,彼はアハブの家の者たちがしたように,イスラエルの王たちの道に歩んで行った+。アハブの娘が,彼の妻となったからである+。彼は引き続きエホバの目に悪いことを行なった+  それでもエホバは,ダビデと結ばれた契約のため+,ダビデの家を滅びに陥れることは望まれなかった+。彼とその子らにいつまでもともしびを与える+と言われた通りであった+  [エホラム]の時代に,エドム+はユダの手の下から反抗し+,王を立てて自分たちを治めさせた+  そこで,エホラムは彼の長たちと一緒に,またすべての兵車も彼と共に渡って行った。そして,彼は夜のうちに立ち上がり,彼を取り囲んでいたエドム人と,兵車隊の長たちをも討ち倒したのである。 10  しかし,エドムはユダの手の下から反抗し続けて,今日に至っている。ときに,リブナ+もその同じころ,彼の手の下から反抗しはじめたのである。彼はその父祖たちのエホバを捨てたからである+ 11  彼もまた,ユダの山々に高き所を造った+。それはエルサレムの住民に不倫な交わりを持たせるため+,またユダを追いやるためであった+ 12  ついに,預言者エリヤ+のもとから*彼のところに,次のように述べる書き物が届いた+。「あなたの父祖ダビデのエホバはこのように言われた。『あなたはあなたの父エホシャファト+の道にも,ユダの王アサ+の道にも歩まず, 13  イスラエルの王たちの道に歩み+,またアハブの家が不倫な交わりを持たせた+のと同様にユダとエルサレムの住民に不倫な交わりを持たせ+,それにあなたに勝っているあなたの父の家の者,あなたの兄弟たちをさえ殺したので+ 14  見よ,エホバはあなたの民+,あなたの子ら+,あなたの妻たち,あなたの全財産に大いなる一撃+を加えようとしておられる。 15  そして,あなたは多くの病気+を,腸の疾病を患い,ついに日々その病気のためにあなたの腸は出て来るようになる+』」。 16  それゆえ,エホバはエチオピア人*+のそばにいた*フィリスティア人+とアラブ+の霊をエホラムに対して奮い起こさせられた+ 17  そこで彼らはユダに上って攻め入り,これを力ずくで破り,王の家の中で見いだされたすべての財産と,彼の子らや妻たち+をも捕らえて行き+,彼にはその一番年下の子エホアハズ+のほか,男の子はひとりも残らなかった。 18  それに,このすべてのことの後,エホバは彼に,その腸に,いやし得ない病気をもって災厄を下された+ 19  そして,日がたち,それも満二年の期間が終わると,彼の腸+はその病気の間に外に出て来て,やがて彼はその悪い疾病で死んだ。彼の民はその父祖たちのためにしたように彼のために[香を]たいたり+はしなかった。 20  彼は治めはじめたとき,三十二歳で,エルサレムで八年間治めた。ついに彼は好まれることもなく去って行った+。それで人々は彼を“ダビデの都市”に葬ったが+,王たちの埋葬所には[葬ら]なかった+

脚注

「アザリヤ」。ヘ語,アザルヤー。
アザリヤ」。ヘ語,ワアザルヤーフー
「イスラエル」,マソ本(ヘ語,イスラーエール),ウル訳; 七十訳,シリ訳,ウル訳,および約40のヘブライ語写本,「ユダ」。
エリヤのもとから」。ヘ語,メーエーリーヤーフー; 歴代誌でエリヤについて言及されている唯一の箇所。王一 17:1,「エリヤ」の脚注参照。
「エチオピア人」,七十訳,ウル訳; ヘ語,クーシーム,「クシュ人」。
または,「の支配下にあった」。