内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 20:1‐37

20  そして,その後,モアブ+アンモン+ら,および彼らアモニム+一部*エホシャファト戦お攻めある+  そこで人々て,エホシャファト告げ言った,「海*地方から,エドム+から*大群あなた攻めました。ご覧なさい,彼らハザゾンタマル,すなわち,エンゲディ+ます」。  するとエホシャファト恐れ+,その向けエホバ求め+。そこで,彼ユダ全国対し断食+ふれ告げた。  ついにユダ人々集まっエホバ伺っ+。すなわち,ユダすべて都市から人々て,エホバ助言求め+  そこで,エホシャファトエホバ+新しい中庭+で,ユダエルサレム会衆*立ち,  次いこう言っ+ 「私たち父祖たちエホバ+よ,あなたおられるあられ+,またあなた国々すべて王国支配おられるありませ+。あなたみ手力強さあって,だれあなた対抗持ちこたえるないありませ+  私たち+,あなたこの住民あなたイスラエルから追い立て+,これ定めないまでも,あなた愛する*+アブラハム賜わっありませ+  そして,彼らそこ住むようなり,次いあなたため,あなたみ名ために,そこなる建て+言いました,  『もしも災い+が,剣,不利裁き,あるいは疫病+飢きん+私たち臨むようことあれば,私たちこの+前,またあなたみ前立ちましょう。(あなたみ名+このあるからです。)それ私たち苦難から,あなた助け呼び求めるためです。あなた聞いお救いくださいますよう+』と。 10  ところ今,ご覧ください,アンモン+モアブ+,およびセイル+山地です。これらは,[イスラエル]がエジプトからとき,イスラエルそのもと侵入するあなたお許しならなかったちで,[イスラエル]は彼らもとから立ち去り,これ根絶やしませでし+ 11  しかも,ご覧ください,彼らは,あなた私たち所有くださっ+あなた所有から私たち追い出そ入って,私たち報いようます+ 12  私たちよ,あなた彼ら裁き執行くださらないです+。私たち攻めいるこの大群で,私たちうちないからです+。私たちは,どうたらよい分かりませ+。ただ,私たちあなた向かうのみです+」。 13  そのずっユダ人々皆,エホバみ前立っ+。彼ら小さいたち+,妻たち,子ある。 14  さて,アサフ+レビマタヌヤエイエルベナヤゼカリヤヤハジエルついいえば,エホバ+会衆ただ中臨んだ。 15  それゆえ言った,「ユダすべて人々,エルサレム住民およびエホシャファトよ,注意払いなさい。エホバあなた方このよう言わました。『あなた方この大群ゆえに恐れたり+,おびえたりならない。この戦いあなた方ものなく,ものからある+ 16  明日,彼らところ攻め下れ。見よ,彼らツィツ通っ上っ来る。あなた方必ずエルエル荒野奔流外れ彼ら見つけるあろう。 17  あなた方この場合,戦うおよばない+。しっかり立ち+,立ち止まって,あなた方ためエホバ救い+見よ。ユダエルサレムよ,恐れたり,おびえたりならない+。明日,彼ら向かっ*行きなさい。そうすれば,エホバあなた方いるあろ+』」。 18  直ちに,エホシャファト伏せ低くかがめ+,ユダすべて人々エルサレム住民も,エホバひれ伏しエホバ拝し+ 19  すると,コハト+レビ+コラ+の[レビ人]が立ち上がって,異例大声イスラエルエホバ賛美+ 20  こう彼ら朝早く起きて,テコア+荒野+行った。そして彼ら行くとき,エホシャファト立ち上がり,彼ら言った,「ユダおよびエルサレム住民よ,わたし[の言うこと]を聞きなさい+。あなた方エホバ信じなさい+。あなた方長く存続するものなるためある。その預言信じ+,成功収めなさい」。 21  さらに,彼相談+,エホバ向かっ歌うたち+,およびなる飾り物着け+賛美ささげるたち+配置が,彼ら武装たち+行っとき,「エホバ賛美ささげ+。そのある親切*定めないまで及ぶからある+」と言った。 22  そして,彼ら喜び叫び声賛美上げ始め時,エホバユダ入っアンモン,モアブおよびセイル山地対し待ち伏せする設け+,彼ら互い打ち合うようなっ+ 23  そして,アンモンモアブセイル山地+住民対し立ち上がっ彼ら滅びためささげ,滅ぼし尽くした。彼らセイル住民処置終えるや,互い助け自分仲間滅び陥れ+ 24  ところで,ユダは,荒野+物見ところた。彼らその群衆向けると,何と,彼ら倒れ死がい+で,逃れひとりなかった。 25  そこで,エホシャファトその分捕り強奪行き+,彼ら財貨,衣服*,好ましい品物おびしく見つけた。そこで彼ら自分たちためそれはぎ取り,ついにもはや運びきれなくなっ+。そして,彼らその分捕り強奪するかかった。それおびただしかっからある。 26  そして,四に,彼らベラカ低地平原集合た。その彼らエホバほめたたえある+。そのようで,彼らその場所+を“ベラカ*低地平原”と呼んだ ― 今日そうある。 27  それから,ユダエルサレム人々皆,エホシャファト先頭帰り,歓び抱いエルサレム帰った。エホバ彼らそのこと喜ばせられからある+ 28  それ彼ら弦楽器+と,たて+およびラッパ+携えエルサレムに,エホバ+た。 29  そして,地すべて王国が,エホバイスラエル戦わいうこと聞いとき,怖れ+彼ら臨ん+ 30  こうて,エホシャファト王土騒動なく,彼引き続き周り至る所休まられ+ 31  そしてエホシャファト+ユダさらに治めた。彼治めはじめき,三十五で,エルサレム二十五治めた。そしてアズバ+いって,シルヒあった。 32  そして,彼そのアサ+歩み続け,エホバ正しいこと行なって,その[道]からそれなかっ+ 33  ただし,高き所+は,なくならなかった。民は,なおも彼ら父祖たちその定めなかっある+ 34  エホシャファトその他事績は,最初もの最後ものも,まさしく,イスラエルの“王たち+”に載せられハナニ+エヒウ+言葉記さいる。 35  そして,この後,ユダエホシャファトは,邪悪こと行なっイスラエルアハジヤ+提携+ 36  そこで,彼タルシシュ+行くため造るこの[王]を自分提携し,彼らエツヨンゲベル+造った。 37  ところが,マレシャドダワフエリエゼルエホシャファト向かっ預言語っこう言った。「あなたアハジヤ提携+,エホバ必ずあなた造っもの打ち壊されるでしょ+」。こう難破+,タルシシュ行く保てなかっ+

脚注

字義,「アモニムから」。ヘ語,メーハーアンモーニーム; マソ本字母入れ替えることより,「メウニム; メウニ人」; 七十訳,「ミナイア人」; ウル訳,「アンモン人」。
すなわち,死海。
エドムから」,一つヘブライ写本; ヘ語,メーアラーム,「シリアから」; ギ語,シュリアス; ラ語,シュリアー; シリ訳,「紅海」。
「の会衆に」。ヘ語,ビクハル; ギ語,エックレーシアーイ
「愛する者」。または,「(の)友」。ラ語,アミーキー。
または,「彼らに」。創 10:9,「敵対する」の脚注参照。
または,「その忠節愛」。
「衣服」,ウル訳および七つヘブライ写本; マソ本,「死がい」。
「祝福」の意。