内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

歴代第二 20:1‐37

20  そして,その​後,モアブ​+の​子​ら​と​アンモン​+の​子​ら,および​彼ら​と​共​に​アモニム​+の​一部​の​者​*が​エホシャファト​と​戦お​う​と​し​て​攻め​て​来​た​の​で​ある+  そこで​人々​は​来​て,エホシャファト​に​告げ​て​言っ​た,「海​*の​地方​から,エドム​+から​*大群​が​あなた​に​攻め​て​来​まし​た。ご覧​なさい,彼ら​は​ハザゾン​・​タマル,すなわち,エン​・​ゲディ​+に​い​ます」。  すると​エホシャファト​は​恐れ​て+,その​顔​を​向け​て​エホバ​を​求め​た+。そこで,彼​は​ユダ​全国​に​対し​て​断食​+を​ふれ告げ​た。  ついに​ユダ​の​人々​は​集まっ​て​エホバ​に​伺っ​た+。すなわち,ユダ​の​すべて​の​都市​から​人々​が​来​て,エホバ​の​助言​を​求め​た+  そこで,エホシャファト​は​エホバ​の​家+の​新しい​中庭​+の​前​で,ユダ​と​エルサレム​の​会衆​の​中​に​*立ち,  次い​で​こう​言っ​た+ 「私たち​の​父祖​たち​の​​エホバ​+よ,あなた​は​天​に​おら​れる​​で​あられ+,また​あなた​は​国々​の​民​の​すべて​の​王国​を​支配​し​て​おら​れる​の​で​は​あり​ませ​ん​か+。あなた​の​み手​に​は​力​と​力強さ​が​あっ​て,だれ​も​あなた​に​対抗​し​て​持ちこたえる​者​は​ない​の​で​は​あり​ませ​ん​か+  私たち​の​​よ+,あなた​が​この​地​の​住民​を​あなた​の​民​イスラエル​の​前​から​追い立て+,これ​を​定め​の​ない​時​まで​も,あなた​を​愛する​者​*+アブラハム​の​胤​に​賜わっ​た​の​で​は​あり​ませ​ん​か+  そして,彼ら​は​そこ​に​住む​よう​に​なり,次い​で​あなた​の​ため,あなた​の​み名​の​ため​に,そこ​に​聖​なる​所​を​建て​て​+言い​まし​た,  『もしも​災い​+が,剣,不利​な​裁き,あるいは​疫病​+や​飢きん​+が​私たち​に​臨む​よう​な​こと​が​あれ​ば,私たち​は​この​家​+の​前,また​あなた​の​み前​に​立ち​ましょ​う。(あなた​の​み名​+は​この​家​に​ある​から​です。)それ​は​私たち​の​苦難​の​中​から,あなた​に​助け​を​呼び求める​ため​です。あなた​は​聞い​て​お救い​ください​ます​よう​に+』と。 10  ところ​が​今,ご覧​ください,アンモン​+と​モアブ+,および​セイル​+の​山地​の​子​ら​です。これら​の​者​は,[イスラエル]が​エジプト​の​地​から​出​て​来​た​とき,イスラエル​が​その​もと​に​侵入​する​の​を​あなた​が​お許し​に​なら​なかっ​た​者​たち​で,[イスラエル]は​彼ら​の​もと​から​立ち去り,これ​を​根絶やし​に​は​し​ませ​ん​でし​た+ 11  しかも,ご覧​ください,彼ら​は,あなた​が​私たち​に​所有​さ​せ​て​くださっ​た​+あなた​の​所有​地​から​私たち​を​追い出そ​う​と​し​て​入っ​て​来​て,私たち​に​報い​よう​と​し​て​い​ます+ 12  私たち​の​​よ,あなた​は​彼ら​に​裁き​を​執行​し​て​くださら​ない​の​です​か+。私たち​に​攻め​て​来​て​いる​この​大群​の​前​で,私たち​の​うち​に​は​力​が​ない​から​です+。私たち​は,どう​し​たら​よい​か​分かり​ませ​ん+。ただ,私たち​の​目​は​あなた​に​向かう​のみ​です+」。 13  その​間​ずっ​と​ユダ​の​人々​は​皆,エホバ​の​み前​に​立っ​て​い​た+。彼ら​の​小さい​者​たち+,妻​たち,子​ら​も​で​ある。 14  さて,アサフ​+の​子​ら​の​出​の​レビ​人​マタヌヤ​の​子​エイエル​の​子​ベナヤ​の​子​ゼカリヤ​の​子​ヤハジエル​に​つい​て​いえ​ば,エホバ​の​霊​+が​会衆​の​ただ中​で​彼​に​臨ん​だ。 15  それゆえ​彼​は​言っ​た,「ユダ​の​すべて​の​人々,エルサレム​の​住民​および​エホシャファト​​よ,注意​を​払い​なさい。エホバ​は​あなた方​に​この​よう​に​言わ​れ​まし​た。『あなた方​は​この​大群​の​ゆえに​恐れ​たり+,おびえ​たり​し​て​は​なら​ない。この​戦い​は​あなた方​の​もの​で​は​なく,​の​もの​だ​から​で​ある+ 16  明日,彼ら​の​ところ​に​攻め下れ。見よ,彼ら​は​ツィツ​の​峠​を​通っ​て​上っ​て​来る。あなた方​は​必ず​エルエル​の​荒野​の​前​の​奔流​の​谷​の​外れ​で​彼ら​を​見つける​で​あろ​う。 17  あなた方​は​この​場合,戦う​に​は​およば​ない+。しっかり​立ち+,立ち止まっ​て,あなた方​の​ため​の​エホバ​の​救い​+を​見よ。ユダ​と​エルサレム​よ,恐れ​たり,おびえ​たり​し​て​は​なら​ない+。明日,彼ら​に​向かっ​て​*出​て​行き​なさい。そうすれば,エホバ​は​あなた方​と​共​に​いる​で​あろ​う+』」。 18  直ちに,エホシャファト​は​地​に​顔​を​伏せ​て​身​を​低く​かがめ+,ユダ​の​すべて​の​人々​と​エルサレム​の​住民​も,エホバ​の​前​に​ひれ伏し​て​エホバ​を​拝し​た+ 19  すると,コハト​人​の​子​ら​+の​出​の​レビ​人​+と​コラ​人​の​子​ら​+の​出​の[レビ​人]が​立ち上がっ​て,異例​の​大声​で​イスラエル​の​​エホバ​を​賛美​し​た+ 20  こう​し​て​彼ら​は​朝早く​起き​て,テコア​+の​荒野​+に​出​て​行っ​た。そして​彼ら​が​出​て​行く​とき,エホシャファト​は​立ち上がり,彼ら​に​言っ​た,「ユダ​および​エルサレム​の​住民​よ,わたし[の​言う​こと]を​聞き​なさい+。あなた方​の​​エホバ​を​信じ​なさい+。あなた方​が​長く​存続​する​もの​と​なる​ため​で​ある。その​預言​者​を​信じ​て+,成功​を​収め​なさい」。 21  さらに,彼​は​民​と​相談​し+,エホバ​に​向かっ​て​歌う​者​たち+,および​聖​なる​飾り物​を​着け​て​+賛美​を​ささげる​者​たち​+を​配置​し​た​が,彼ら​は​武装​し​た​者​たち​+の​前​に​出​て​行っ​た​とき,「エホバ​に​賛美​を​ささげ​よ+。その​愛​ある​親切​*は​定め​の​ない​時​まで​も​及ぶ​から​で​ある+」と​言っ​た。 22  そして,彼ら​が​喜び​の​叫び声​と​賛美​の​声​を​上げ​始め​た​時,エホバ​は​ユダ​に​入っ​て​来​た​アンモン,モアブ​および​セイル​の​山地​の​子​ら​に​対し​て​待ち伏せ​する​者​を​設け​た​の​で+,彼ら​は​互い​に​打ち合う​よう​に​なっ​た+ 23  そして,アンモン​と​モアブ​の​子​ら​は​セイル​の​山地​+の​住民​に​対し​て​立ち上がっ​て​彼ら​を​滅び​の​ため​に​ささげ,滅ぼし尽くし​た。彼ら​は​セイル​の​住民​を​処置​し​終える​や,互い​に​助け​て​自分​の​仲間​を​滅び​に​陥れ​た+ 24  ところで,ユダ​は,荒野​+の​物見​の​塔​の​ところ​に​来​た。彼ら​が​その​群衆​の​方​に​顔​を​向ける​と,何と,彼ら​は​地​に​倒れ​た​死がい​+で,逃れ​た​者​は​ひとり​も​い​なかっ​た。 25  そこで,エホシャファト​と​その​民​は​分捕り​物​を​強奪​し​に​行き+,彼ら​の​間​に​財貨,衣服*,好ましい​品物​を​おび​た​だ​しく​見つけ​た。そこで​彼ら​は​自分​たち​の​ため​に​それ​を​はぎ取り,ついに​もはや​運びきれ​なく​なっ​た+。そして,彼ら​が​その​分捕り​物​を​強奪​する​の​に​三​日​かかっ​た。それ​は​おびただしかっ​た​から​で​ある。 26  そして,四​日​目​に,彼ら​は​ベラカ​の​低地​平原​に​集合​し​た。その​所​で​彼ら​は​エホバ​を​ほめたたえ​た​の​で​ある+。その​よう​な​訳​で,彼ら​は​その​場所​の​名​+を“ベラカ​*の​低地​平原”と​呼ん​だ ― 今日​で​も​そう​で​ある。 27  それ​から,ユダ​と​エルサレム​の​人々​は​皆,エホシャファト​を​先頭​に​し​て​帰り,歓び​を​抱い​て​エルサレム​に​帰っ​た。エホバ​が​彼ら​を​その​敵​の​こと​で​喜ばせ​られ​た​から​で​ある+ 28  それ​で​彼ら​は​弦楽器​+と,たて​琴​+および​ラッパ​+を​携え​て​エルサレム​に,エホバ​の​家​+に​来​た。 29  そして,地​の​すべて​の​王国​が,エホバ​は​イスラエル​の​敵​と​戦わ​れ​た​と​いう​こと​を​聞い​た​とき,​の​怖れ​+が​彼ら​の​上​に​臨ん​だ+ 30  こう​し​て,エホシャファト​の​王土​に​は​騒動​は​なく,彼​の​​は​引き続き​周り​の​至る所​で​彼​を​休ま​せ​られ​た+ 31  そして​エホシャファト​+は​ユダ​を​さらに​治め​た。彼​は​治め​はじめ​た​と​き,三十五​歳​で,エルサレム​で​二十五​年​間​治め​た。そして​彼​の​母​の​名​は​アズバ​+と​いっ​て,シルヒ​の​娘​で​あっ​た。 32  そして,彼​は​その​父​アサ​+の​道​に​歩み続け,エホバ​の​目​に​正しい​こと​を​行なっ​て,その[道]から​それ​なかっ​た+ 33  ただし,高き所​+は,なくなら​なかっ​た。民​は,なおも​彼ら​の​父祖​たち​の​​に​その​心​を​定め​て​は​い​なかっ​た​の​で​ある+ 34  エホシャファト​の​その他​の​事績​は,最初​の​もの​も​最後​の​もの​も,まさしく,イスラエル​の“王​たち​の​書+”に​載せ​られ​た​ハナニ​+の​子​エヒウ​+の​言葉​の​中​に​記さ​れ​て​いる。 35  そして,この​後,ユダ​の​王​エホシャファト​は,邪悪​な​こと​を​行なっ​た​イスラエル​の​王​アハジヤ​+と​提携​し​た+ 36  そこで,彼​は​タルシシュ​+に​行く​ため​の​船​を​造る​の​に​この[王]を​自分​の​提携​者​に​し,彼ら​は​エツヨン​・​ゲベル​+で​船​を​造っ​た。 37  ところが,マレシャ​の​出​の​ドダワフ​の​子​エリエゼル​が​エホシャファト​に​向かっ​て​預言​的​に​語っ​て​こう​言っ​た。「あなた​が​アハジヤ​と​提携​し​た​の​で+,エホバ​は​必ず​あなた​の​造っ​た​もの​を​打ち壊さ​れる​でしょ​う+」。こう​し​て​船​は​難破​し+,タルシシュ​へ​行く​力​を​保て​なかっ​た+

脚注

字義,「アモニム​から」。ヘ語,メーハーアンモーニーム; マソ本​の​字母​を​入れ替える​こと​に​より,「メウニム; メウニ​人」; 七十訳,「ミナイア​人」; ウル訳​,「アンモン​人」。
すなわち,死海。
エドム​から」,一つ​の​ヘブライ​語​写本; ヘ語,メーアラーム,「シリア​から」; ギ語,シュリアス; ラ語,シュリアー; シリ訳,「紅海」。
「の​会衆​の​中​に」。ヘ語,ビクハル; ギ語,エックレーシアーイ
「愛する​者」。または,「(の)友」。ラ語,アミーキー。
または,「彼ら​の​前​に」。創 10:9,「敵対​する」の​脚注​参照。
または,「その​忠節​な​愛」。
「衣服」,ウル訳​および​七つ​の​ヘブライ​語​写本; マソ本,「死がい」。
「祝福」の​意。