内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 2:1‐18

2  さて,ソロモンエホバ+ため自分王権ため+建てる命令下し*+  そこでソロモン荷物運搬人,八万で[石を]切る+,また彼ら監督三千六百数え出し+  さらに,ソロモンティルスヒラム*+もとやっ言わせた,「あなたわたしダビデ+行ない,住む自分建てるよう,杉材送り続けくださっように,―  今や,わたしわたしエホバ+ため建て+,これ神聖ものささげ+,み前薫香たき+,常供重ねパン+焼燔捧げ物+,安息+,新月+,わたしたちエホバ祭り時期+供えようます。定めないまで+,これイスラエル課されるです。  そして,わたしよういる大いなるものなるでしょ+。わたしたち*は[ほかの]すべて神々*より大いなるからです+  それで,だれこの建てる保つことできましょ+。天も,天この入れることできないですから+。この建てるいうこのわたし何者でしょ+。ただそのみ前犠牲立ち上らせるためだけです+  それ,わたしもとに,金,銀,銅,鉄,赤紫染め羊毛青糸仕事する熟練+,彫り物彫り方知っいる送って,わたしダビデ用意た,わたしユダエルサレムいる熟練たち+一緒に[働かて]ください。  それから,わたしもとに,杉+,ねず+,およびアルグム*+材木レバノン+から送っください。あなたたちレバノン切り倒す熟達いる*ことを,わたしよく知っいるからです+。(ご覧ください,わたしたちも,あなたたち一緒に[働き]ます。)  確に,わたしため材木大量用意せるためです。わたし建てよういるは,それくすしいまで大いなるものなるからです。 10  それで,ご覧なさい,薪集めるたち,木切るたちに,わたしまさしくあなたたちため小麦食物*て,二万コル+,大麦二万コル,ぶどう+二万バト,油二万バト与えます」。 11  そこで,ティルス+ヒラム文書こう述べて,[それを]ソロモン送った。「エホバご自分愛さ+,あなた彼らされまし+」。 12  次ヒラム*こう言った。「天造ら+,イスラエルエホバほめたたえられますよう+。それは,王ダビデに,思慮分別理解+経験ある,賢い授けられからです。そのエホバためと,自分王権ため建てるです+ 13  それ,わたし理解経験ある,ヒラムアビ*属する,熟練まさしく送ります+ 14  ダンある息子ですが,そのティルスで,金,銀,銅+,鉄,石+,材木,赤紫染め羊毛+,青糸+,上等+織物,紅+など仕事たり,あらゆる彫り物彫ったり+,あなたご自身熟練と,あなた父,わたしダビデ熟練に,任されるあらゆる考案+設計たりする熟達ます。 15  それ,わたし約束小麦大麦,油ぶどうそのたち送らますよう+ 16  わたしたちあなたご入だけ+レバノンから切り倒し+,それいかだ海路+ヨッパ+に,あなたもとお届けますで,あなたそれエルサレム運び上ることなります」。 17  そこでソロモンは,そのダビデ行なっ人口調査+,イスラエルいる外人居留だっ*人々全員数え+,十五万三千六百あった。 18  それそのから七万荷物運搬+,八万で[石を]切る+,三千六百奉仕従事せるため監督+

脚注

マソ本七十訳ここ1終わっいる。
「ヒラム」,七十訳,シリ訳,ウル訳,幾つヘブライ写本,および一 14:1; マソ本,「フラム」。
「わたしたち」。ヘ語,エローヘーヌー。エローアハ複数で,威光表わす。
「[ほかの]……神々」。ヘ語,ハーエローヒーム; ギ語,テウース; ラ語,デオース
「およびアルグム」。ヘ語,ウェアルグーンミーム。
字義,「切り倒すこと知っいる」。
「食物」,マソ本わずか訂正て,タル,シリ訳,ウル訳,および一 5:11一致せることよる。
3脚注参照。
または,「わたしヒラムに」。字義,「わたしフラムに」。ヘ語,レフーラーム アーヴィー。4:16脚注比較。
外人居留だった」。または,「一時居留ある」。ヘ語,ハッゲーリーム; 七十訳,ウル訳,「改宗者」。