内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 15:1‐19

15  さて,オデド+アザリヤある*+臨んだ。  そこで,彼アサ行って,こう言った,「アサおよび,ユダベニヤミンすべて[の人々]よ,わたし[の言うこと]を聞きなさい! あなた方エホバいる限り,[]はあなた方おらます+。もしあなた方が[]を求めるなら+,[]はあなた方見いだされるようされますが,もしあなた方が[]を捨てるなら,[]もあなた方捨てられるでしょ+  けれども,イスラエル+まこと*なく,教える祭司+なく,律法なかっ数多くありました。  しかし,その苦難+彼らイスラエルエホバ立ち返り+,[]を捜し求めところ,[]は彼ら見いだされるようされまし+  そして,この時期行くも,入っ来る平安ありませでし+。各地すべて住民うち多く騒動あっからです+  そして彼らは,国民国民+,都市都市相逆らって,打ち砕かました。あらゆる苦難もっ彼ら混乱状態おらからです+  けれども,あなた方は,勇気出しなさい+。あなた方垂れさせなりませ+。あなた方働き報いあるからです+」。  そして,アサこれら言葉預言オデド+預言聞くや,勇気奮い起こして,ユダベニヤミン全地から,またエフライム山地+から奪い取っ都市から嫌悪べきもの+消えうせさせ,エホバ玄関あっエホバ祭壇+新しくた。  また,彼ユダベニヤミンすべて[の人々+],およびエフライム,マナセ,シメオンから彼ら外人居留*+集めはじめた。彼エホバおられるて,それら人々イスラエルから数多くもと下っからある+ 10  そこで彼らアサ治世十五エルサレム集まった。 11  それから,彼らその日,自分たち携え分捕りうちから,牛七百七千犠牲エホバささげた。 12  その上,彼らは,心つくし,魂つくその父祖たちエホバ求める+ 13  すなわち,だれイスラエルエホバ求めないは,小さい大きい+,男+殺される+いう契約入っ+ 14  それ彼ら大声上げ,歓声上げ,ラッパ角笛鳴らし*,エホバ誓っ+ 15  そして,ユダ[の人々]は皆,誓わこと歓ぶようなっ+。それ彼らつく誓い,喜び満たさて[]を捜し求めで,[]は彼ら見いだされるようされからある+。そして,エホバ引き続き周り至る所彼ら休まくださっ+ 16  [その]祖母*マアカ+ついいえば,王アサ+,彼女さえ婦人[の身分]から退け+。それ彼女聖木ため恐ろしい偶像造っからある+。そこで,アサ彼女恐ろしい偶像切り倒し+,それ粉砕て,キデロン奔流+焼い+ 17  それでも,高き所+は,イスラエルからなくならなかっ+。ただし,アサは,一生涯完全あっ+ 18  それからは,そのよっなるものされと,彼よっなるものされ+,すなわち銀,金,器具を[まことの]運び入れ+ 19  戦争は,アサ治世三十五至るまで起こらなかっ+

脚注

「さて……アザリヤあるが」。ヘ語,ワアザルヤーフー,「エホバ助けくださった」の意。
または,「真実(忠実)の」。ヘ語,エローヘー エメト。
または,「および……一時居留」。ヘ語,ウェハッガーリーム; ギ語,プロセーリュトゥース,「改宗者」。
「と角笛ショファル)を鳴らして」。ヘ語,ウーヴェショーファーロート。動物湾曲角。
字義,「母」。彼女皇太后あった。