アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第二 13:1-22

13  ヤラベアムの第十八年のこと,アビヤはユダを治めはじめた+  彼はエルサレムで三年治めた。彼の母の名はミカヤ*+といって,ギベア+のウリエルの娘であった。ときに,アビヤとヤラベアムとの間に戦争が起きた+  そこで,アビヤは四十万の力ある戦人+,選ばれた者たちの軍勢を率いて戦いを交えた。そして,ヤラベアムも,八十万の選ばれた者たち,勇敢で力のある者たちを率いて戦闘隊形を整えた+  さて,アビヤはエフライムの山地+にあるツェマライム山の上に立ち上がって,言った,「ヤラベアムおよび全イスラエルよ,わたし[の言うこと]を聞け。  イスラエルのエホバが,イスラエルの王国を定めのない時までも+ダビデ+に,すなわち塩の契約+によって彼とその子らとに与えられた+ことを,あなた方は知っているべきではないか。  ところが,ダビデの子ソロモンの僕+である,ネバトの子ヤラベアム+が立ち上がって,その主*+に背いた+  そして,そのそばには,怠け者+,どうしようもない者たち+が集合し続けた。ついに彼らはソロモンの子レハベアムより優勢になったが+,レハベアムは若くて,気弱だったので+,彼らに対抗して持ちこたえられなかった。  「そこで今,あなた方はダビデの子らの手にあるエホバの王国+に対抗して持ちこたえられると考えており,それにあなた方は大群+であり,ヤラベアムがあなた方のために神々として*造った金の子牛もあなた方と共にある+  あなた方はアロンの子らであるエホバの祭司たちとレビ人を追い出したではないか+。地のもろもろの民と同様,自分たちのために祭司を任じているではないか+。だれでも来て,若い雄牛*一頭と雄羊七頭によってその手に権能を満たした*者は,神ではないものの*祭司となったのである+ 10  わたしたちについていえば,エホバがわたしたちのであり+,わたしたちはこの方を捨てなかった。それに祭司たちはエホバに奉仕しており,アロンの子らであって,レビ人もまた仕事に就いている+ 11  そして,彼らは朝ごとに,また夕ごとに+焼燔の捧げ物をエホバにささげて煙を立ち上らせており,また薫香+[をささげている]。そして,重ね供えたパンは純[金]の食卓の上にあり+,金の燭台+とそのともしび皿があって,夕ごとに照らしているのである+。これは,わたしたちがわたしたちのエホバの務め+を守っているからであるが,あなた方はこの方を捨てたのである+ 12  それで,見よ,[まことの]はその祭司たち+と,あなた方に対して戦いの警報を吹き鳴らすための合図のラッパ+とを伴って,わたしたちと共に先頭におられるのである+。イスラエルの子らよ,あなた方の父祖たちのエホバと戦ってはならない+。あなた方が成功を収めることはないからである+」。 13  それでも,ヤラベアムは,急きょ伏兵を回してこの人々の後ろに行かせたので,彼らはユダの前におり,伏兵は彼らの後ろに[いた+]。 14  ユダの者たちが振り向くと,何と,戦いは前後から迫っていた+。それで彼らはエホバに叫び求めはじめ+,一方では祭司たちがラッパを高らかに吹き鳴らしていた。 15  そして,ユダの人々はどっとときの声を上げた+。こうして,ユダの人々がときの声を上げたとき,[まことの]がヤラベアムと全イスラエルをアビヤ+とユダの前で撃ち破られたのである+ 16  そして,イスラエルの子らはユダの前から逃げ去り,はそれらの人々を彼らの手に渡された+ 17  そこで,アビヤとその民は彼らを討ち倒しておびただしく殺した。そして,イスラエルの打ち殺された者たちは次々に倒れた。五十万の選ばれた者たちであった。 18  こうして,イスラエルの子らはこの時,低くされたが,ユダの子らは勝ちを得た。彼らはその父祖たちのエホバに頼った+からである。 19  そして,アビヤはヤラベアムの跡を追ってゆき,ベテル+とそれに依存する町々,エシャナとそれに依存する町々,エフライン*とそれに依存する町々+など,幾つかの都市を彼から奪い取った。 20  こうして,ヤラベアムはアビヤ*の時代にはもはや力を保たなかった+。それに,エホバが彼を打たれたので+,彼は死んだ。 21  そして,アビヤは引き続き自らを強くした+。やがて彼は自分のために十四人の妻を得+,二十二人の息子+と十六人の娘の父となった。 22  また,アビヤのその他の事績,すなわち彼の行ないと言葉は,預言者イド+の注釈*に記されている。

脚注

「ミカヤ」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,11:20‐22および王一 15:2,「マアカ」。
「その」。ヘ語,アドーナーウ。アードーンの複数形で,卓越を表わす。
神々として」。または,「として」。ヘ語,レーローヒーム(leʼ·lo·him′)。エローアハの複数形。王一 12:28,「神」の脚注参照。
「若い雄牛」。字義,「雄牛,群れの子」。
または,「によって自らを職に任じた」。
神々ではないものの」。ヘ語,レロー エローヒーム
「エフライン」,マソ本欄外; マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳,「エフロン」。
「アビヤ」。ヘ語,アヴィーヤーフー。
または,「注解; ミドラシュ」。マソ本で「ミドラシュ」が出て来る2か所のうちの最初の例。24:27とその脚注参照。