内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第二 13:1‐22

13  ヤラベアム十八こと,アビヤユダ治めはじめ+  彼エルサレム治めた。彼ミカヤ*+いって,ギベア+ウリエルあった。ときに,アビヤヤラベアム戦争起き+  そこで,アビヤ四十万ある戦人+,選ばたち軍勢率い戦い交えた。そして,ヤラベアムも,八十万選ばたち,勇敢あるたち率い戦闘隊形整え+  さて,アビヤエフライム山地+あるツェマライム立ち上がって,言った,「ヤラベアムおよびイスラエルよ,わたし[の言うこと]を聞け。  イスラエルエホバが,イスラエル王国定めないまで+ダビデ+に,すなわち契約+よっその与えられ+ことを,あなた方知っいるべきないか。  ところが,ダビデソロモン+ある,ネバトヤラベアム+立ち上がって,その*+背い+  そして,そのそばは,怠け者+,どうようないたち+集合続けた。ついに彼らソロモンレハベアムより優勢なっ+,レハベアム若くて,気弱だっ+,彼ら対抗持ちこたえられなかった。  「そこで今,あなた方ダビデあるエホバ王国+対抗持ちこたえられる考えおり,それあなた方大群+あり,ヤラベアムあなた方ため神々*造っ子牛あなた方ある+  あなた方アロンあるエホバ祭司たちレビ追い出しない+。地もろもろ同様,自分たちため祭司任じいるない+。だれて,若い雄牛*雄羊よっその権能満たし*は,神ないもの*祭司なっある+ 10  わたしたちついいえば,エホバわたしたちあり+,わたしたちこの捨てなかった。それ祭司たちエホバ奉仕おり,アロンあって,レビまた仕事就いいる+ 11  そして,彼らごとに,またごと+焼燔捧げ物エホバささげ立ち上らおり,また薫香+[をささげいる]。そして,重ね供えパン純[金]の食卓あり+,金燭台+そのともしびあって,夕ごと照らしいるある+。これは,わたしたちわたしたちエホバ務め+守っいるからあるが,あなた方この捨てある+ 12  それで,見よ,[まことの]その祭司たち+と,あなた方対し戦い警報吹き鳴らすため合図ラッパ+伴って,わたしたち先頭おられるある+。イスラエルよ,あなた方父祖たちエホバ戦っならない+。あなた方成功収めることないからある+」。 13  それでも,ヤラベアムは,急きょ伏兵回しこの人々後ろ行かで,彼らユダおり,伏兵彼ら後ろに[い+]。 14  ユダたち振り向くと,何と,戦い前後から迫っ+。それ彼らエホバ叫び求めはじめ+,一方祭司たちラッパ高らか吹き鳴らした。 15  そして,ユダ人々どっとき上げ+。こうて,ユダ人々とき上げとき,[まことの]ヤラベアムイスラエルアビヤ+ユダ撃ち破らある+ 16  そして,イスラエルユダから逃げ去り,それら人々彼ら渡さ+ 17  そこで,アビヤその彼ら討ち倒しおびしく殺した。そして,イスラエル打ち殺さたち次々倒れた。五十万選ばたちあった。 18  こうて,イスラエルこの時,低くされが,ユダ勝ちた。彼らその父祖たちエホバ頼っ+からある。 19  そして,アビヤヤラベアム追っゆき,ベテル+それ依存する町々,エシャナそれ依存する町々,エフライン*それ依存する町々+など,幾つ都市から奪い取った。 20  こうて,ヤラベアムアビヤ*時代もはや保たなかっ+。それに,エホバ打た+,彼死んだ。 21  そして,アビヤ引き続き自ら強く+。やがて自分ため十四+,二十二息子+十六なった。 22  また,アビヤその他事績,すなわち行ない言葉は,預言イド+注釈*記さいる。

脚注

「ミカヤ」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,11:20‐22および一 15:2,「マアカ」。
「その」。ヘ語,アドーナーウ。アードーン複数で,卓越表わす。
神々て」。または,「て」。ヘ語,レーローヒーム(leʼ·lo·him')。エローアハ複数形。一 12:28,「神」の脚注参照。
「若い雄牛」。字義,「雄牛,群れ子」。
または,「によっ自ら任じた」。
神々ないものの」。ヘ語,レロー エローヒーム
「エフライン」,マソ本欄外; マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳,「エフロン」。
「アビヤ」。ヘ語,アヴィーヤーフー。
または,「注解; ミドラシュ」。マソ本で「ミドラシュ」が来る2か所うち最初例。24:27その脚注参照。