内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第一 9:1‐44

9  すべてイスラエルは,系図記録+。彼らまさしく,イスラエルの“王たち書”に記さいる。そして,ユダは,その忠実ゆえに捕らえられバビロン*流刑処さ+  ところで,彼所有地,彼ら都市最初住民イスラエル*+,祭司たち+,レビ+およびネティニム*+あった。  そして,エルサレム+ユダ+一部者,ベニヤミン+一部者,エフライムマナセ一部住んだ。  すなわち,ウタイ。彼アミフド子,[順次さかのぼって]オムリ子,イムリ子,バニ子,[バニは]ユダ+ペレツ+*  また,シロ*+うちは,長子アサヤそのら。  それに,ゼラハ+うちは,エウエルと,彼ら六百九十兄弟たち。  そして,ベニヤミンうちは,ハセヌアホダウヤメシュラムサル,  エロハムイブネヤ,ミクリウジエラ,およびイブニアレウエルシェファトヤメシュラム。  そして,彼子孫よるその兄弟たち九百五十六あった。これら皆,その父祖たちごとたちだっある。 10  そして,祭うちは,エダヤ,エホヤリブ,ヤキン+ 11  およびアザリヤ+。彼ヒルキヤ子,[順次さかのぼって]メシュラム子,ザドク子,メラヨト子,[まことの]指揮*アヒトブ子。 12  またアダヤ。彼マルキヤパシュフルエロハム子。それマアサイ。彼アディエル子,[順次さかのぼって]ヤフゼラ子,メシュラム子,メシレミト+子,イメル子。 13  そして兄弟たち,その父祖たちたち,千七百六十人。彼らは[まことの]奉仕仕事する力量備え+あるたちあった。 14  そしてレビうちは,メラリハシャブヤ+アズリカムハシュブシェマヤ。 15  それバクバカル,ヘレシュガラル,およびマタヌヤ+,彼アサフ+ジクリ+ミカ+子。 16  そしてオバデヤ。彼エドトン+ガラルシェマヤ+子。それベレクヤ。彼ネトファ+集落住んエルカナアサ子。 17  そして,門+シャルム+,アクブ,タルモン,アヒマンで,彼ら兄弟シャルムあり, 18  そのときまである+た。これらレビ宿営門衛あっ+ 19  そして,コラ++エブヤサフ+コレシャルムおよびその兄弟たち,すなわちコラ+は,その奉仕仕事つかさどる者,天幕入口守る+で,エホバ宿営つかさどる彼らたちは,入り道守る者。 20  そして,かつてつかさどる指揮*だっエレアザル+ピネハス+あった。エホバおら+ 21  メシェレムヤゼカリヤ+会見天幕入口門衛あった。 22  敷ところいる門衛選ばこれら全部二百十二あった。彼らその系図+記録よっ彼ら集落+た。これらダビデ+予見+サムエルその責任ある職務任じ*ある+ 23  こうそのは,守衛奉仕ため,エホバ家,すなわち天幕つかさどっ+ 24  門は,四方*,すなわち東方+,西方+,北方+,および南方+た。 25  そして,彼各々集落いるその兄弟たち時々+,これら一緒なけれならなかった。 26  責ある職務門衛あるたちある。彼らレビあり,[まことの]食堂+宝物+預かった。 27  そして,[まことの]周り彼ら過ごすあった。守衛+奉仕彼ら課せられからある。彼らかぎ預かっおり,朝ごと+[開けた]*ある。 28  そして,彼ある奉仕器具+預かった。彼ら合わせそれ運び入れ,数合わせそれ運び出すからあった。 29  また,彼ある器具,およびすべてなる+器具と,上等麦粉+,ぶどう+,油+,乳香+,バルサム+つかさどるよう任じられたちあった。 30  また,祭あるバルサム塗り油+調合作るあった。 31  そして,コラシャルム+長子ある,レビマタテヤは,平なべ+焼いものつかさどる責任ある職務就いた。 32  また,コハトある者,彼ら兄弟たちは,重ねパン+預かって,安息ごとそれ用意+ 33  そして,これら歌うたい+で,レビたち食堂+おり,責務+免除たちあった。昼その仕事携わる彼ら責任あっからある+ 34  これらその子孫ごとレビたち頭,頭たるたちあった。これらエルサレム住んたちある+ 35  そして,ギベオン+ギベオンエイエル住んだ。そしてマアカいった。 36  そしてその,長子アブドン,それツル,キシュ,バアル,ネル,ナダブ, 37  ゲドル,アフヨ,ゼカリヤ+,ミクロト。 38  ミクロトは,シムアムなった。そして実際,彼らその兄弟たち一緒エルサレムその兄弟たち住んあった。 39  ネル+は,キシュ+なり,代わっキシュサウル+なり,代わっサウルヨナタン+,マルキシュア+,アビナダブ+,エシュバアル+なった。 40  そして,ヨナタンメリブバアル+あった。メリブバアルは,ミカ+なった。 41  そして,ミカピトン,メレク,タフレア[,アハズ*+]であった。 42  アハズは,ヤラなり,代わっヤラアレメト,アズマベト,ジムリなった。代わって,ジムリモツァなった。 43  モツァは,ビヌアなった。そのレファヤ+,そのエルアサ,そのアツェル。 44  そしてアツェルおり,これらそのあった。すなわち,アズリカム,ボケル,イシュマエル,シェアルヤ,オバデヤ,ハナン。これらアツェル+あった。

脚注

「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「バベル」。
または,「イスラエル」。
「およびネティニム神殿奴隷)」。字義,「および与えられたち」。ヘ語,ウェハンネティーニーム民 3:9脚注比較。
「バニ子,[バニは]……ペレツ者」,七十訳4写,ウル訳。
「シロ人」。シロ住民なく,ユダ3子,シェラ子孫。創 46:12参照。
「の指揮者」。ヘ語,ネギード; ラ語,ポンティフェクス,「大祭司」。
「指揮者」。ヘ語,ナーギード; ラ語,ドゥクス。
「任じた」。字義,「立てた」。
字義,「四つ風」。
「開けた」,意味はっきりさせるため挿入; 七十訳は,「神殿開けた」と読んいる。
「タフレア,アハズ」,七十訳,ウル訳; マソ本,「タフレア」。