内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

歴代第一 7:1-40

7  さて,イッサカルの子らはトラ+とプア+,ヤシュブとシムロン+の四人であった。  そしてトラの子らはウジ,レファヤ,エリエル,ヤフマイ,イブサム,シェムエルで,彼らの父祖たちの家の頭であった。トラの者には,彼らの子孫ごとに,勇敢で力のある者たちがいた。その数はダビデの時代には+二万二千六百人であった。  そして,ウジの子らはイズラフヤであった。イズラフヤの子らはミカエル,オバデヤ,ヨエル,イシヤ,      の五人*で,彼らはみな頭であった。  そして,彼らと共に,その父祖たちの家にしたがい,その子孫によって,戦いに備えた軍隊,三万六千人がいた。彼らには多くの妻や子がいた*からである+  そして,イッサカルの全氏族の彼らの兄弟たちは,勇敢で力のある者たち+で,そのすべての系図上の記載者数によれば八万七千人であった+  ベニヤミン+[の子ら]はベラ+,ベケル+,エディアエル+の三人であった。  そして,ベラ+の子らはエツボン,ウジ,ウジエル,エリモト,イリの五人で,彼らの父祖たちの家の頭であり,勇敢で力のある者たちであった。その系図上の記載者数+は二万二千三十四人であった。  そしてベケルの子らはゼミラ,ヨアシュ,エリエゼル,エルヨエナイ,オムリ,エレモト,アビヤ,アナトテ,アレメトで,これらは皆ベケルの子らであった。  そして,その父祖たちの家の頭たちで,勇敢で力のある者たちに関するその子孫ごとの彼らの系図上の記載者数+は二万二百人であった。 10  また,エディアエル+の子らはビルハンであった。ビルハンの子らはエウシュ,ベニヤミン,エフド,ケナアナ,ゼタン,タルシシュ,アヒシャハルであった。 11  これらは皆,その父祖たちの頭ごとに挙げた,エディアエルの子らで,勇敢で力のある者たち+,戦いのために従軍する者一万七千二百人であった。 12  そして,シュピム+とフピム+はイル+の子らであり,フシムはアヘルの子らであった。 13  ナフタリ+の子らはヤハツィエル+,グニ+,イエツェル,シャルム*+で,ビルハ+の子らであった。 14  マナセ+の子らは,彼のシリア人のそばめが産んだアスリエルであった。(彼女はギレアデの父マキル+を産んだ。 15  そしてマキルは,フピムとシュピムのために妻をめとった。彼の姉妹の名はマアカといった。)そして二番目[の子]の名はツェロフハド+といったが,ツェロフハドには娘たちがあった+ 16  やがてマキルの妻マアカは男の子を産み,その名をペレシュと呼んだ。その兄弟の名はシェレシュといい,その子らはウラムとレケムであった。 17  そして,ウラムの子らはベダンであった。これらはマナセの子マキルの子ギレアデの子らであった。 18  また,彼の姉妹はハモレケトであった。彼女はイシュホド,アビ・エゼル+,マフラを産んだ。 19  それから,シェミダの子らはアヒヤン,シェケム,リクヒ,アニアムであった。 20  そして,エフライム+の子らはシュテラハ+,その子はベレド,その子はタファト,その子はエルアダ,その子はタハト, 21  その子はザバド,その子はシュテラハ,それにエゼル,エルアドであった。ところで,この地で生まれたガト+の人々が彼らを殺した。これはそれらの者が彼らの畜類を奪おうとして下って来たからである。 22  それで,彼らの父エフライムは何日もの間,嘆き悲しんだので+,その兄弟たちがやって来ては彼を慰めた。 23  後に,彼はその妻と関係を持ったので,彼女は身ごもって+,男の子を産んだ。しかし彼はその子の名をベリアと呼んだ*。これは彼女が彼の家に,災い+と共にいたからである。 24  また,彼の娘はシェエラであり,彼女はやがて下+および上+ベト・ホロン+,それにウゼン・シェエラを建てた。 25  また,彼の子はレファハ,レシェフ,その子はテラハ,その子はタハン, 26  その子はラダン,その子はアミフド,その子はエリシャマ, 27  その子はヌン*+,その子はエホシュア*+ 28  そして,彼らの所有地と居住地はベテル+とそれに依存する町々,東はナアラン+,西はゲゼル+とそれに依存する町々,シェケム+とそれに依存する町々で,ガザ*とそれに依存する町々に至る。 29  マナセの子らの側ではベト・シェアン+とそれに依存する町々,タアナク+とそれに依存する町々,メギド+とそれに依存する町々,ドル+とそれに依存する町々であった。これらの所に,イスラエルの子ヨセフ+の子らは住んだ。 30  アシェル+の子らはイムナ+,イシュワ,イシュビ+,ベリア+であり,セラハは彼らの姉妹であった。 31  また,ベリアの子らはヘベルとマルキエルで,この[マルキエル]はビルザイトの父であった。 32  ヘベルは,ヤフレト,ショメル,ホタム,および彼らの姉妹シュアの父となった。 33  また,ヤフレトの子らはパサク,ビムハル,アシュワトであった。これらはヤフレトの子らであった。 34  そして,シェメル*の子らはアヒとロフガ,エフバとアラムであった。 35  そして,彼の兄弟ヘレムの子らはゾパ,イムナ,シェレシュ,アマルであった。 36  ゾパの子らはスアハ,ハルネフェル,シュアル,ベリ,イムラ, 37  ベツェル,ホド,シャマ,シルシャ,イトラン,ベエラであった。 38  また,エテルの子らはエフネ,ピスパ,アラであった。 39  そして,ウラの子らはアラ,ハニエル,リツヤであった。 40  これらは皆,アシェルの子ら,父祖たちの家の頭+,えり抜きの,勇敢で+力のある者たち,長たちの頭であった。彼らの系図上の記載者+は戦いのとき軍務に就く者であった。その数は二万六千人であった+

脚注

「五人」,マソ本,七十訳,ウル訳; シリ訳,「四人」。
または,「彼ら殖やした」。
「シャルム」,マソ本,七十訳; 七十訳,七つヘブライ写本,創 46:24および民 26:49,「シレム」。
「彼そのを……と呼んだ」。または,「そのは……と呼ばた」。タル,シリ訳,および四つヘブライ写本,「彼女そのを……と呼んだ」。
「ヌン」,ウル訳; マソ本,「ノン」。
または,「ヨシュア」。
「ガザ」,タルおよび多くヘブライ写本。ユダ割り当てられフィリスティアガザない。
「シェメル」,マソ本,七十訳バチ写; 七十訳アレ写,ウル訳,「ショメル」。