アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

歴代第一 6:1-81

6  レビ+の子らはゲルション+,コハト+,それにメラリ+であった。  そして,コハトの子らはアムラム+,イツハル+,それにヘブロン+およびウジエル+であった。  そして,アムラム+の子らはアロン+とモーセ+で,ミリアム+もいた。また,アロンの子らはナダブ+とアビフ+,エレアザル+とイタマル+であった。  エレアザル+は,ピネハス+の父となった。ピネハスは,アビシュア+の父となった。  代わって,アビシュアはブキの父となり,代わってブキはウジ+の父となった。  代わって,ウジはゼラフヤの父となり,代わってゼラフヤはメラヨト+の父となった。  メラヨトは,アマルヤの父となり,代わってアマルヤはアヒトブ+の父となった。  代わって,アヒトブはザドク+の父となり,代わってザドクはアヒマアツ+の父となった。  代わって,アヒマアツはアザリヤの父となった。代わって,アザリヤはヨハナンの父となった。 10  代わって,ヨハナンはアザリヤ+の父となった。この[アザリヤ]はソロモンがエルサレムに建てた家で祭司を務めた者である。 11  そして,アザリヤはアマルヤ+の父となった。代わって,アマルヤはアヒトブ+の父となった。 12  代わって,アヒトブはザドク+の父となった。代わって,ザドクはシャルムの父となった。 13  代わって,シャルムはヒルキヤの父となった。代わって,ヒルキヤ+はアザリヤの父となった。 14  代わって,アザリヤはセラヤ+の父となった。代わって,セラヤはエホツァダク+の父となった。 15  そして,エホバがネブカドネザルの手によってユダとエルサレムを捕らえて流刑に処されたときに去って行ったのは,エホツァダクであった* 16  レビ+の子らはゲルショム*,コハト,それにメラリであった。 17  そして,これらはゲルショムの子らの名である。すなわち,リブニ+とシムイ+ 18  そして,コハト+の子らはアムラム+,イツハル,ヘブロン,ウジエル+であった。 19  メラリの子らはマフリとムシ+であった。 そして,これらはレビ人のその父祖ごとの氏族であった+ 20  すなわち,ゲルショムの者は,その子はリブニ+,その子はヤハト,その子はジマ, 21  その子はヨアハ+,その子はイド,その子はゼラハ,その子はエアトライ。 22  コハトの子らはその子アミナダブ,その子はコラ+,その子はアシル, 23  その子エルカナ,その子エビアサフ+,その子はアシル, 24  その子はタハト,その子ウリエル,その子ウジヤ,それにその子シャウルであった。 25  また,エルカナ+の子らはアマサイとアヒモトであった。 26  エルカナについては,エルカナの子らはその子ツォファイ+とその子ナハト, 27  その子はエリアブ+,その子はエロハム,その子はエルカナ+であった。 28  そして,サムエル+の子らは長子[ヨエル]と二番目[の子]アビヤ*+であった。 29  メラリの子らはマフリ+,その子リブニ,その子シムイ,その子ウザ, 30  その子シムア,その子ハギヤ,その子アサヤであった。 31  そして,これらはが安置所+に着いた後,エホバの家で歌を指導させるためにダビデ+が地位を与えた者たちであった。 32  そして彼らは,ソロモンがエルサレムにエホバの家を建てるまで+,会見の天幕の幕屋の前で歌を歌って+奉仕する者*+となった。彼らは自分たちの任務にしたがってその奉仕を担当し続けた+ 33  そして,これらは仕えた者たち,またその子らであった。すなわち,コハト人の子らからは歌うたいヘマン+で,[順次さかのぼって,ヘマンは]ヨエル+の子,サムエル+の子, 34  エルカナ+の子,エロハムの子,エリエル+の子,トアハの子, 35  ツフ+の子,エルカナの子,マハトの子,アマサイの子, 36  エルカナの子,ヨエルの子,アザリヤの子,ゼパニヤの子, 37  タハトの子,アシルの子,エビアサフ+の子,コラ+の子, 38  イツハル+の子,コハトの子,レビの子,イスラエルの子。 39  [ヘマン]の右で仕えていた,その兄弟アサフ+については,アサフはベレクヤ+の子で,[順次さかのぼって,ベレクヤは]シムアの子, 40  ミカエルの子,バアセヤの子,マルキヤの子, 41  エトニの子,ゼラハの子,アダヤの子, 42  エタンの子,ジマの子,シムイの子, 43  ヤハト+の子,ゲルショム+の子,レビの子。 44  左側にいた彼らの兄弟であるメラリ+の子らに関しては,キシ+の子エタン+がいた。[順次さかのぼって,キシは]アブディの子,マルクの子, 45  ハシャブヤの子,アマジヤの子,ヒルキヤの子, 46  アムツィの子,バニの子,シェメルの子, 47  マフリの子,ムシ+の子,メラリ+の子,レビの子。 48  そして,彼らの兄弟であるレビ人たち+は[まことの]の家の幕屋のあらゆる奉仕のために+与えられた者たちであった。 49  そしてアロン+とその子らは,最も聖なるもののあらゆる仕事のため,またイスラエルのために+贖罪を行なうため+焼燔の捧げ物+の祭壇と香の祭壇+の上に犠牲の煙+を立ち上らせていた。すべて[まことの]の僕モーセが命じた通りである。 50  そして,これらはアロン+の子らであった。すなわち,その子エレアザル+,その子ピネハス+,その子アビシュア+ 51  その子ブキ,その子ウジ,その子ゼラフヤ+ 52  その子メラヨト+,その子アマルヤ,その子アヒトブ+ 53  その子ザドク+,その子アヒマアツ+ 54  そして,これらはコハト人+の氏族に属するアロンの子らのための,彼らの領地内の壁で囲まれた宿営ごとの彼らの居住地であった+。そのくじが彼らのものとなったからである。 55  そこで,人々はユダの地のヘブロン+を,その周囲の牧草地と共に彼らに与えた。 56  ただし,この都市の畑とその集落+はエフネ+の子カレブ+に与えた。 57  そして,アロンの子らには避難都市+,ヘブロン+,それにリブナ+と共にその牧草地,ヤティル+,エシュテモア+と共にその牧草地, 58  またヒレン+と共にその牧草地,デビル+と共にその牧草地, 59  またアシャン+と共にその牧草地,ベト・シェメシュ+と共にその牧草地, 60  それにベニヤミンの部族からはゲバ+と共にその牧草地,アレメト+と共にその牧草地,アナトテ+と共にその牧草地を与えた。彼らの都市は全部でその諸氏族の中で十三+の都市であった。 61  そして,残ったコハトの子らにはその部族の氏族からと,半部族,すなわちマナセの半分から,くじによって十+の都市[を与えた]。 62  また,ゲルショム+の子らにはその氏族ごとに,イッサカル+の部族,アシェル+の部族,ナフタリ+の部族,バシャンのマナセ+の部族から十三の都市[を与えた]。 63  メラリ+の子らにはその氏族ごとにルベン+の部族,ガド+の部族,ゼブルン+の部族から,くじによって十二の都市[を与えた]。 64  こうしてイスラエルの子らはレビ人+に都市と共にその牧草地+を与えた。 65  その上,彼らはユダ+の子らの部族,シメオン+の子らの部族,ベニヤミン+の子らの部族からこれらの都市をくじによって与えた。彼らはそれらの[都市]の名を挙げた。 66  そして,コハトの子らの氏族のあるものはエフライム+の部族からその領地の都市を持つようになった。 67  そこで,彼らには避難都市と,エフライムの山地にあるシェケム+と共にその牧草地,ゲゼル+と共にその牧草地, 68  またヨクメアム+と共にその牧草地,ベト・ホロン+と共にその牧草地, 69  それにアヤロン+と共にその牧草地,ガト・リモン+と共にその牧草地を与えた。 70  そして,マナセの部族の半分からは,アネル+と共にその牧草地とビルアム+と共にその牧草地を,残ったコハトの子らの氏族に[与えた+]。 71  そして,ゲルショム+の子らにはマナセの半部族の氏族からバシャンのゴラン+と共にその牧草地,アシュタロテ+と共にその牧草地, 72  またイッサカルの部族から,ケデシュ+と共にその牧草地,ダベラト+と共にその牧草地, 73  それにラモト+と共にその牧草地,アネム+と共にその牧草地, 74  またアシェルの部族から,マシャルと共にその牧草地,アブドン+と共にその牧草地, 75  それにフコク+と共にその牧草地,レホブ+と共にその牧草地, 76  そしてナフタリ+の部族から,ガリラヤ+のケデシュ+と共にその牧草地,ハモンと共にその牧草地,キルヤタイム+と共にその牧草地を[与えた]。 77  残ったメラリの子らにはゼブルン+の部族からリモノ+と共にその牧草地,タボルと共にその牧草地, 78  またエリコのヨルダンの地方,ヨルダンの東の方では,ルベン+の部族から,荒野にあるベツェル+と共にその牧草地,ヤハツ*+と共にその牧草地, 79  またケデモト+と共にその牧草地,メファアト+と共にその牧草地, 80  それにガド+の部族から,ギレアデのラモト+と共にその牧草地,マハナイム+と共にその牧草地, 81  およびヘシュボン+と共にその牧草地,ヤゼル+と共にその牧草地を[与えた]。

脚注

マソ本と七十訳はこの節が41節となっており,ここで5章が終わっている。
6章1節では「ゲルション」。
「長子ヨエルと二番目[の子]アビヤ」,七十訳,シリ訳,6章33節およびサム一 8:2; マソ本,「長子ワシニ,およびアビヤ」。
「奉仕する者」。字義,「奉仕している(仕えている)者」。ヘ語,メショルティーム; ラ語,ミニストラーバント,「奉仕していた」。
イザ 15:4およびエレ 48:34では「ヤハツ」; マソ本,「ヤハツァ」。